トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

横浜開港祭の花火大会2018!!日程や時間など!?見どころもご紹介!!

投稿日:

 横浜開港祭ってご存知ですか??

 

横浜市民以外にはあまり馴染みのないものかもしれませんが

実は本当に楽しいイベントなんです!

 

横浜開港祭は1859年に横浜が開港した記念

翌年に祝ったことから始まりました。

 

1981年に国際デープレ横浜どんたくという

イベントが開催され、これが1995年に横浜開港祭と

名前を変え現在に至ります。

 

横浜開港祭のメインイベントのひとつに

横浜市民1000名による大合唱

ドリーム・オブ・ハーモニーがあります。

 

この日のために横浜市の老若男女が練習を重ね

横浜開港祭で披露するのです。

 

1000名で行われる合唱は圧巻なので

ぜひ見ていただきたいと思います♪

 

そして、横浜開港祭のメインはなんといっても花火です!

 

公式サイトではわからない花火の見どころ

その他日程や時間など、見るオススメの場所も

ご紹介します!!

スポンサードリンク

2017年はいつ頃?横浜開港祭の花火はここがスゴイ‼

横浜開港祭で楽しみなイベントといえばやっぱり花火大会です!

 

ビームスペクタクルinハーバーという名前の花火大会は

毎年テレビやメディアで取り上げられるほどの演出

施されています。

 

6000発もの花火音楽やレーザー光線に合わせ

次々に打ち上がります。

 

見て楽しむだけではなく、音楽に合わせてライトも動くので

しっかり音も聴くのがオススメの楽しみ方です!!

 

また、関東圏では最初に行われる大きな花火大会なので

デートや家族で行くスポットとして

注目度は高いでしょう。

 

そんな横浜開港祭の花火大会、

いつ、どこで行われるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

横浜開港祭の日時、詳しい情報は⁇

 

横浜開港祭は毎年6月2日付近に行われています。

 

これは横浜の開港記念日

旧暦の6月2日とされているからです。

 

では2017年の横浜開港祭はいつなのかというと、

6月2日(金)と6月3日(土)に行われます。

 

今年はちょうど土曜日も重なっているので

予定も立てやすそうですね!

 

毎年、花火大会は2日目の夜に行われるそうなので、

今年は6月3日19:20からとなりそうです。

 

19:20から音楽とレーザーの演出が始まり、

大体19:30頃から花火も上がり始めます。

 

大体の方がその前から場所取りをするので、

早めに花火を見る場所は

決めておいたほうがいいでしょう。

 

花火が上がる場所は臨港パークの海上です。

 

なのでほとんどの方は臨港パーク内で

花火を楽しんでいます。

 

臨港パークにいれば花火も音楽もライティングも

もれなく体感することができそうです♪

 

特に初めての方は

臨港パークで見ることをオススメします!

 

横浜開港祭自体は2日間とも

朝9時から様々なイベントが行われています。

 

ぜひ花火以外も楽しんでくださいね。

 

臨港パークへのアクセスはみなとみらい駅から徒歩5分

新高島駅より徒歩10分です。

 

交通規制などはないので車でも行くことはできますが、

オススメはできません。

 

臨港パークには100台ほどの駐車場がありますが、

横浜開港祭の期間中は大変混雑します。

 

周辺にも有料駐車場はあるようですがその混雑から

駐車場から出るまで数十分はかかることを

覚えておきましょう。

 

こちらのホームページも参考にしてみてください!

 

【臨港パーク案内HP】

http://www.pacifico.co.jp/visitor/floorguide/outside/tabid/207/Default.aspx

 

【横浜開港祭オフィシャルサイト】

http://www.kaikosai.com

 

まとめ

横浜開港祭の花火大会、とても楽しみですよね!

 

花火大会や大合唱の他にも屋台やクルーズもあるので

子供から大人まで楽しめます。

 

また、花火は雨天決行です。

 

雨の予報が出ていたり、天気が悪そうであれば

レインコートを持っていくことをオススメします。

 

花火大会でなくても、このお祭りは混み合うので

人が大勢いる中、傘をさして歩くのはとても危険です。

 

周りの人への配慮も忘れず

この横浜開港祭を楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

多摩川花火大会2018の場所取りはどうする?穴場は?~世田谷編~

  世田谷区を流れる多摩川付近を会場にして、 毎年大規模な花火大会として人気があるのが 「世田谷区たまがわ花火大会」です!   開催日程は最近では8月の第三土曜日 もしくは第四土曜 …

桑名水郷花火大会2018の情報!穴場スポットのなばなの里はどう?

  桑名市にある揖斐川の中州にて行われている桑名水郷花火大会は、 東海地区でも最大規模のものとされており、 非常に人気のある花火大会となっています。   揖斐川は非常に川幅も広く、 …

久里浜ペリー祭に行こう♪2018年の日程や時間は? 交通規制はある?

夏が近づいてくると、お祭りが各地で開催されて 盛り上がりますよね♪ 私もお祭りは大好きです♪   友達や家族とも行くし、 付き合っていた頃は彼氏と行った事もありました。   それぞ …

名古屋みなと祭りの花火大会2018情報!混雑状況や駐車場は?

  毎年の海の日に開催されている「名古屋みなと祭り」ですが、 その目玉はやっぱりラストを飾る盛大な花火大会ですよね。   このラストの花火大会がとても人気で、 特に10号玉といった …

熱海海上花火大会2018を見たい!穴場スポットや打ち上げ場所は?

  温泉リゾート地としてとても人気のある熱海ですが、 実はここでは熱海海上花火大会という花火大会も また必見です。   海の上を色とりどりの花火が打ち上げられ、 とても幻想的な光景 …