トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

横浜開港祭の花火、2017年はいつ!?見どころや場所取りのコツとは!

投稿日:

横浜開港祭の花火大会、毎年楽しみにしてる方も多いの

ではないでしょうか?

 

ゴムボートやクルーズに乗れたり親子で工作ができたり

スイーツパラダイスや出店もあって大人も子供も楽しめる

お祭りです。

 

大変混雑するこのお祭りなので特に花火は平日であっても

見れないほどではありませんが混むことが予想されます。

 

しかしどうせなら

混んでいても良い場所で花火を見たいですよね!

 

花火の見どころを存分に感じられる場所や意外な穴場

などもご紹介します!!

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火はどこがすごい⁇見どころをご紹介!

 

横浜開港祭の花火大会、正式名称は

ビームスペクタクルinハーバーと言います。

 

なんだかすごそうな名前ですが

一体どんな花火が打ち上がるのでしょうか⁇

 

実は花火の前に10分ほど

音楽とレーザーのライティングショーが行われているのです!!

 

夜空にレーザーをうつしている様子も本当に綺麗ですが、

それに花火が加わるとまた違った良さがあります。

 

イメージがしずらいと思うので参考に動画もご覧ください♪

とても迫力がありますよね!!

 

これを生で見るなら…やっぱり良い所で見たいところです。

 

この音楽と花火とレーザーのコラボレーション、

2017年は6月3日の19:20から始まります。

 

ぜひ最初から見てください!

良い場所で見たい!!場所取りするなら?

横浜開港祭の花火を良い場所で見るために

花火が打ち上がる場所をご紹介したいと思います。

 

ます、花火の場所は臨港パークの海上です。

 

海の上で打ち上がるなんて幻想的ですよね!

 

この臨港パークは毎年横浜開港祭の会場になっており、

ステージや出店などが並んでいます。

 

お祭りで賑わっている臨港パークですが、花火の日はお昼

くらいから場所取りの人で混み合います。

 

臨港パークで場所取りをする場合は午前中に行うと良い場所

が取れるでしょう!

 

しかし午前中から夜の7時まで

ずっと待っているのも大変だと思います。

 

そんな時は思い切って有料の観覧席を購入してみるのも

ひとつの手ではないでしょうか?

 

毎年5000円くらいのお値段で発売されているようなので

横浜開港祭も楽しみたいし花火も良いところで見たい!

という方にはうってつけです。

スポンサードリンク

人気のないところで見たい!意外と知らない穴場とは?

 

毎年横浜開港祭には70万人が訪れます。

 

その70万人全員がおそらく花火を目的にしていると思います。

 

そんな時に臨港パーク以外で

花火が見れる穴場スポットをご紹介します。

 

まずひとつめはカップヌードルミュージアムです。

 

カップヌードルミュージアムの海側には

芝生があるのをご存知ですか?

 

海側の芝生なので障害物がなく花火を見ることができますし、

臨港パークより混雑もしていません。

 

カップヌードルミュージアムで見学してから花火を見るのも

良いかもしれませんね。

 

しかしこちらも早めの場所取りが必要ですので

注意してください!

 

横浜の有名な山下公園でも花火を見ることができます。

 

山下公園は海に面していて

たくさんのデートスポットがあります。

 

公園を散歩しながら花火までの時間を過ごしたり、

周辺にはカフェや観光できるところもたくさんあるので

休憩しながら花火を待つこともできます。

 

しかし山下公園には木も多く場所によっては花火が見え

づらい可能性もあるので場所取りの際は注意が必要です。

 

また、花火の日は夜になるにつれてカップルが増えてきます。

 

こちらも場所取りは早めに行いましょう!!

 

まとめ

 

横浜開港祭の花火がとても楽しみになりましたね♪

 

関東では最初に行われる花火大会なのでこの花火を見て

今年の夏をスタートしてもらいたいと思います!

 

2017年の横浜開港祭テーマは

「Thanks to the Port」です。

 

開港によって栄えた横浜の開港を祝うことが

目的のイベントなのです。

 

そんな横浜の歴史を感じながら

マナーを守って楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

-花火大会
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戸倉上山田温泉夏祭りと煙火大会2017の日程や時間や穴場はどこ?

  開湯して120年を超えている歴史の長い温泉が 戸倉上山田温泉!   これは泉質も素晴らしく「美白の湯」として評判の高い 長野県屈指の温泉だとも言われています。   そ …

天神祭は2017年も開催!花火の日程や時間は?交通規制はかかる?

出典: https://www.osaka-info.jp/jp/events/festivals_events/32.html   大阪府大阪市で毎年開催されている天神祭。   …

小江戸川越花火大会2017の穴場スポットはどこ?有料席はあるの?

  蔵作りの町として観光名所にもなっている埼玉県川越市。   観光スポットとして、時の鐘や菓子屋横丁といったものが挙げられますが、 実はこの川越では毎年「小江戸川越花火大会」という …

横浜開港祭の花火が見れる穴場をご紹介!~2017年度版

毎年6月2日前後に神奈川県横浜市にて開催されている 横浜開港祭。     2017年では6月2日と6月3日に行われる予定と なっています。     このお祭りの …

山形花火大会2017を見よう!日程や時間や交通規制はどうなる?

  山形県の夜空を綺麗に彩る山形大花火大会は、 山形県民だけではなく遠方からも見に訪れる方も多く、 東北地方で見てもかなり人気のある花火大会となっています。   私の母の実家も山形 …