トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

横浜開港祭の花火が見れる穴場6選をご紹介!~2018年度版

投稿日:2017年2月19日 更新日:

 

毎年神奈川県横浜市にて開催されている横浜開港祭。

 

2018年では6月1日(金)6月2日(土)に行われる予定となっています。

 

このお祭りの趣旨としては、横浜の開港をお祝いして港に感謝するためのお祭りです。

 

開港から未来へ繋いで次世代との共鳴を広めるための市民祭としても開催されており、毎年大賑わいとなっているものです。

 

そんな横浜開港祭ですが、やはり一番の目玉というのが臨港パークの海上で打ち上げられる花火です。

 

19時過ぎから打ち上げられる花火なのですが、これを見るために足を運ぶという方達もとっても多いです。

 

そんな人気の花火を見たい!けれども人混みがちょっと気になる…。

という理由で花火を見るのを断念する方はいらっしゃいませんか?

 

そこで今回はこの花火を見られる穴場スポットをご紹介いたします!

 

横浜開港祭の花火を見たい方はぜひチェックしてみてください♪

スポンサードリンク

横浜開港祭の花火の基本情報と見どころ

横浜開港祭の花火ですが、臨港パークの海上で花火が打ち上げられます。

海の上での花火ですのであらゆる場所から眺める事ができます!

 

2018年の横浜開港祭については、6月1日(金)6月2日(土)ですが、横浜開港祭の花火は6月2日(土)の方なので注意してくださいね。

 

以下、横浜開港祭の基本情報となります!

■横浜開港祭花火の基本情報

・花火の日程 :2018年6月2日(土)

・花火開催時間:19時20分~19時50分

・花火開催場所:臨港パークの海上

 

横浜開港祭の花火大会、正式名称はビームスペクタクルinハーバーと言います。

なんだかすごそうな名前ですが一体どんな花火が打ち上がるのでしょうか⁇

実は花火の前に10分ほど音楽とレーザーのライティングショーが行われているのです!!

 

夜空にレーザーをうつしている様子も本当に綺麗ですが、それに花火が加わるとまた違った良さがあります。

 

昨年(2017年)の花火動画もありますので、ぜひ行かれる前にどのような雰囲気なのか確かめておいて下さい!

穴場スポット①港の見える丘公園

横浜の観光地としても有名な港の見える丘公園

 

ここから見える港やベイブリッジでの景色は格別で、とっても眺めの良い場所となっています。

 

私も横浜へ観光に行った時は天気がとても良かったので、こちらの公園を散歩しましたが、本当に自然が豊かで素敵な公園だなと思いました。

 

眺めもとっても良いのでデートスポットとしてもオススメです。

 

日中ではバラ園を中心に四季折々の花が咲いており、のんびり花を見ながら歩いている方もいらっしゃいます。

 

しかしそんな人気スポットでも、実は花火となると穴場スポットとなります。

 

その理由は打ち上げ場所からかなり離れているため、花火が遠くなってしまうからなんです。

 

それでもここから見る花火は綺麗であることは間違いありません。

 

それほど混雑しているわけでもないので、快適に花火を楽しむことができますよ。

さらに夜のベイブリッジが眺められるのもポイント!

 

■港の見える丘公園の場所とアクセス情報

(電車で行く場合)

みなとみらい線の「元町・中華街駅」を下車して徒歩5分。

JR「石川町駅」を下車して徒歩20分

 

(バスで行く場合)

「海の見える丘公園前」まで10分。

みなとみらい線の「元町・中華街駅」からバスで「海の見える丘公園前」まで2分ほど。

 

(駐車場について)

土日は30分300円で17台まで駐車できます。

 

花火のある日は満車になる可能性もあるので、電車で行った方がスムーズに到着することができます。

スポンサードリンク

穴場スポット②カップヌードルミュージアムパーク

http://neco999.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

 

カップヌードルミュージアムの近くにある公園でとても広い敷地であるのが特徴です。

 

私の従姉妹も一度ここで花火を見たことがあるんだそうです!

 

彼女は当日の朝に場所取りのために向かったそうなのですが、朝の段階ではまだまだ人がそんなに集まっていなかったようです。

 

昼頃になってチラホラ人が来るようになり、最前列が埋まったというような状態だったそうで、かなりの穴場スポットとなっていたようです。

 

場所を取った後はのんびり海を見ながら時間を潰していても良いですし、最前列にこだわりがないならカップヌードルミュージアムを見た後に場所取りに行っても良いと思います!

 

■カップヌードルミュージアムの場所とアクセス情報

 

(電車で行く場合)

みなとみらい線「みなとみらい駅」を下車して徒歩8分。

みなとみらい線「馬車道駅」を下車して徒歩8分。

JR「桜木町駅」を下車して徒歩12分。

 

※車でも行くことは可能ですが、駐車場がないためあまりオススメできません。

 

広い敷地でもあることから、それほど混雑していない穴場スポットで、花火もしっかり見えるので、ここは本当にオススメですよ。

 

穴場スポット③ぷかりさん橋

 

花火を間近で見られて尚且つ穴場スポットだと言われているのが、このぷかりさん橋です。

 

ここは横浜開港祭のイベントのテントが設置されており、スタッフの方達が行き来している場所です。

 

ですがこちらのテントは花火が打ち上げられる直前に撤去されるため、一気に広くなる場所でもあります。

 

テントが撤去されたと同時に場所取りをすれば、良い場所で花火を楽しめます。

大体撤去時間は打ち上げの30分前くらいなので、このくらいの時間を目処に向かえばOKです。

 

これなら場所取りにかなりの時間を使うこともなく、時間を有効的に使うことができますよね!

■ぷかりさん橋の場所とアクセス情報

 

(電車で行く場合)

JR根岸線もしくは地下鉄ブルーライン「桜木町駅」を下車して徒歩10分。

みなとみらい線「みなとみらい駅」を下車して徒歩5分。

 

(車で行く場合)

横羽線みなとみらいの出口から3分。

 

駐車場も横浜グランドインターコンチネンタルホテルの地下駐車場や、クイーンズスクエア駐車場があって30分270円で駐車できます。

 

横浜開港祭を楽しんだ後にこちらへ向かって、花火を楽しむというのが一番良い楽しみ方ですよ。

 

穴場スポット④山下埠頭

 

山下埠頭は普段は立ち入り禁止となっている場所ですが、横浜開港祭での花火の時には開放されることがあるスポットです。

 

ただこちらはその年によって開放されるかどうかわからないため、ここから花火を見ようと考えている方は事前に確認しておきましょう。

 

やや打ち上げ場所から遠くなってしまうため、花火が小さく見えますが、花火をゆっくりと見ていきたいという方にはオススメのスポットです。

 

ここの魅力はなんといっても、花火だけではなく周りの景色と併せて楽しめるというもの!

 

花火が打ち上げられている下には観覧車ランドマークタワー赤レンガといった景色が見えるので、絶好の眺めとなっています。

 

■山下埠頭の場所とアクセス情報

 

(電車で行く場合)

「元町・中華街駅」を下車してすぐ。

 

(バスで行く場合)

「山手駅」からバスに乗って終点を下車してすぐ。

 

やや人がいるようですが、混雑しているというほどでもないので、オススメの場所です!

 

穴場スポット⑤山下公園

横浜の有名な山下公園でも花火を見ることができます。

沢山の家族やカップルが休日に足を運ぶ場所でも有名ですよね!

 

また山下公園は海に面していて、たくさんのデートスポットがあります。

 

公園を散歩しながら花火までの時間を過ごしたり、周辺にはカフェや観光できるところもたくさんあるので休憩しながら花火を待つこともできます。

 

しかし山下公園には木も多く場所によっては花火が見えづらい可能性もあるので場所取りの際は注意が必要です。

また、花火の日は夜になるにつれてカップルが増えてきます。

 

こちらも場所取りは早めに行いましょう!!

 

■山下公園の場所とアクセス情報

(電車で行く場合)

みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩3分。

JR京浜東北・根岸線「関内駅」より徒歩20分

 

穴場スポット⑥元町百段公園

https://yakei-navi.com/hyakudan/

 

こちらは、先ほど2つの場所よりは距離があるかもしれませんが、まさに穴場と言えるでしょう。

元町百段公園という公園なんですが、名前の通り階段を何段も登って所にあります!

とは言っても、百段なんでだいたい2分ぐらいで登れると思います。

 

花火の場所から多少距離があるかもしれませんが、見晴らしはとても良いので、とてもオススメの場所だと思います!!

 

■元町百段公園の場所とアクセス情報

(電車で行く場合)

みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩11分。

 

(バスで行く場合)

神奈川中央交通「代官坂上」バス停より徒歩3分。

確実に見たい方へ

穴場スポットとなると、花火がちょっと遠くになってしまったり、なんとなく雰囲気が感じられなくて嫌だなという方にオススメなのが、有料で観れる有料観覧席で花火を見るのがオススメです。

 

こちらでは「チケットぴあ」で4月頃から発売されるので、もし人混みを気にせず間近で花火を見たい!というのであればぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

金額は2017年のものを参考にすると、以下のようになっています。

■花火チケット料金

・メイン会場ペア席(2名分)が9,000円

・国立大ホール前会場ペア席(2名分)が9000円

・国立大ホール前会場の2〜5人席が15,000円

 

有料観覧席というだけあって、ここから見る花火は本当に格別です。

 

絶対花火だけは欠かせないという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

こちらも申し込みが遅れるとすぐに完売してしまうので、決めたらとにかく早く購入することが大事です!

 

まとめ

横浜開港祭は全体的に盛り上がる横浜の一大イベントです。

 

毎年たくさんの人たちが足を運ぶほど注目されており、老若男女楽しめるというのが魅力的です。

夜に打ち上げられている花火は目玉イベントでもあるので、よりたくさんの観光客が訪れます。

 

それでもやはり穴場スポットというのはいくつかあるようで、それほど混雑していない所でも花火を楽しむことができます!

 

私も今まで様々な花火大会へ行ったことがありますが、やはり混雑していると人に気を取られてしまって、なかなか花火を楽しむことができなかったことがあるので、こういった穴場スポットがあるなら積極的に利用した方が良いですよ!

 

ぜひ上記の穴場スポットを参考にしていただいて、今年の横浜開港祭の花火をじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

横浜開港祭の花火大会!日程や時間など!?見どころもご紹介!!

横浜スパークリングトワイライトの情報!穴場や混雑具合は?

横浜スパークリングトワイライト花火!場所取りや交通規制は?

これらの関連記事もぜひチェックしてみて下さい♪

 

スポンサードリンク

-花火大会
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

広島みなと夢花火大会の日程や時間は?見どころもご紹介します!

出典: http://hikarinojoukei.blog.jp/archives/51948984.html   毎年広島県の空を綺麗に彩ってくれる「広島みなと夢花火大会」   …

芦屋サマーカーニバル2018の花火は必見!穴場スポットや観覧席は?

  兵庫県芦屋市の夏祭りとして開催されているのが、 「芦屋サマーカーニバル」です。   こちらでは芦屋市民達にとっても欠かせない大切な夏祭りで、 市街からでもたくさんの人達が集まる …

濃尾大花火大会2018に行こう!日程や時間や場所や駐車場は?

  毎年8月中旬頃になると愛知県一宮市と岐阜県羽鳥市が共同で、 木曽川の上流で開催されるのが濃尾大花火大会です。   この花火大会が始まったのは1892年に愛知県民中島郡起村が、 …

花火シンフォニア2018は八景島シーパラで開催!穴場スポットは?

  デートスポットとしても非常に人気のある 横浜・八景島シーパラダイス。   そんなシーパラダイスで毎年恒例行事となっているのが、 花火シンフォニアという花火大会です。   こちら …

東松山花火大会2018情報!穴場スポットは?有料席はある?

  埼玉県東松山市では、すっかり恒例の行事となっている 東松山花火大会!   市民はもちろん市街や県外からも協賛がたくさん集い、 毎年大規模な花火大会として開催されているようです。 …