トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

横浜スパークリングトワイライト花火2017!場所取りや交通規制は?

投稿日:

横浜の夜空を綺麗な花火が打ち上げられるイベント、

それが横浜スパークリングトワイライトです。

 

毎年開催されている花火大会ですが、

年々進化しており、新しい花火もたくさん登場してきています。

 

そんな注目されている横浜スパークリングトワイライトは、

2017年も開催することが決定しています!

 

やはり注目されている花火大会ともなっているので、

ぜひ一度は見に行きたいものです。

 

やっぱり花火となると本当に楽しい時間が過ごせて、

誰とでも楽しい気分になれる魅力があるんですよね。

 

でもせっかくの花火なら、

しっかりと場所取りをしておきたいですよね!

 

また車で来た場合の交通規制もやっぱり気になるところ。

 

そこで今回は

横浜スパークリングトワイライトにおける、

場所取りは必要なのか?

そして場所取りをするならどこが良いのか?

そして交通規制はどのように敷かれるのかといったこと

ここでご紹介していきたいと思います!

 

ぜひこの情報を把握しておいて、

スムーズに花火大会が楽しめるように準備をしておきましょう!

スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライト花火の概要

 

ではまず最初に横浜スパークリングトワイライト花火大会の

概要をご紹介します。

 

日程→2017年7月15日(土)・7月16日(日)

開催場所→山下公園とその周辺、公園前海上

時間帯→19:30〜20:00

打ち上げ数→3,000発

来場者数→2日間で41万人前後

となっています。

 

3,000発ということもあり、相当な数が打ち上げられますが、

やはりその迫力も抜群のようです。

 

ちなみにその様子はこちら!

2016横浜開港祭花火クライマックス船上より

 

こちらは船上からですが、

もちろん山下公園からでもこの迫力の花火が見られます!

 

こちらへの交通アクセスは電車で行く場合は、

みなとみらい線「元町・中華街駅」で下車して徒歩約3分、

もしくはJR根岸線「石川町駅」で下車して徒歩約15分、

もしくはJR根岸線「関内駅」で下車して徒歩約20分

といった方法で向かうことができます。

 

この花火大会の前にはジュエリーポートといって、

イルミネーションが飾られている船が海上をゆったりと進み、

それに合わせてライトアップされるので、

日中では見られない幻想的な光景が広がります。

 

ぜひ花火大会の前にはこちらのジュエリーポートも

チェックしておくと気分も盛り上がってくること

間違いなしです。

 

もちろん花火大会の前でも昼頃から様々なイベントが

行われているので、併せてそちらを楽しんでいくのも

オススメです!

 

海上保安部の海南レスキューの様子であったり、

シップパレードなども見応えありますよ。

スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライトの花火は場所取りが必要?

 

こちらの花火大会の主な会場は山下公園となりますが、

当日は場所取りの必要があるのでしょうか?

 

実はこちらの横浜スパークリングトワイライトは、

2017年で6回目の開催となり、

大規模な花火大会と比べると知名度はまだ低い方です。

 

そのため、今までは朝早くから場所取りをしなくても、

良い席から花火を見ることができたといった声が

たくさん寄せられていました。

 

6回目となる今年も、

まだまだ人は少ない方かもしれませんが、

最近ではよく話題になることも多くなってきているため、

年々訪れる人は増加傾向にあります。

 

ただ、山下公園自体がかなり広い公園となっているので、

花火を見る場所もある程度はばらけています。

 

なので、かなり混雑しているとは感じないかもしれませんが、

場合によっては良い席が全て取られてしまうという

可能性もあるので、

 

確実に良い席で花火をみたいという方は、

お昼過ぎぐらいからある程度様子を見ながら

場所取りをした方が良いでしょう。

 

とても豪華で綺麗な花火なので、

ぜひとも良い席で花火を見ていきましょう!

 

交通規制はどのように敷かれる?

 

この会場へは電車で行く方が多いと思いますが、

中には車で行く予定だという方もいらっしゃると思います。

 

しかしこの横浜は都会で、

非常に交通量も多いところとなっているため、

当日は交通規制が敷かれます。

 

交通規制される場所は山下公園通りとなっており、

車で行く場合はマリンタワーや県民ホールの方まで迂回して

通っていかなくてはなりません。

 

そこはそれほど広い道路でもないため、

当日は渋滞することが予想されます。

 

さらに会場では駐車場も設けられていないため、

近くのコインパーキングといった

有料駐車場を利用することになり、

料金も高めなので、あまりオススメいたしません。

 

なのでなるべく公共交通機関を利用して

会場まで行くようすると良いでしょう。

 

まとめ

 

横浜スパークリングトワイライトの花火大会では、

場所取りが必須というわけではなさそうですが、

絶対に良い席で見たい!

という方は早めの行動が必要です。

 

それでも朝早くからシートを敷いて

スタンバイする必要もないので、

イベントを十分に楽しむことができそうですね。

 

私は様々な花火大会に行ってきましたが、

やっぱり良い席で見たいので、早めに行っていたのですが、

その必要がないというだけでも嬉しい点です。

 

また当日は交通規制もしっかり敷かれているので、

車で行かない方が良いということもわかりました。

 

こういった情報を知っておくだけでも、

スムーズに花火大会が楽しめるので、

ぜひともチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真岡市夏祭り大花火大会2017の情報!穴場スポットや混雑状況は?

  栃木県真岡市で行われる定番のお祭りとして、 「真岡市夏祭り大花火大会」というものが行われています。   ここで打ち上げられる花火はなんと20,000発!   全国の中 …

広島みなと夢花火大会は2017年も必見!穴場スポットや駐車場は?

出典: http://sk-imedia.com/hiroshimaminatoyumehanabi-1643.html   広島県広島市で開催されている大規模な花火大会… それがこの「広島 …

長良川花火大会2017が楽しみ!穴場スポットは?日程や時間は?

  長良川の上を綺麗な花火が打ち上げられる、 岐阜県の中でも人気のある花火大会が 長良川花火大会です。   これは「全国選抜長良川中日花火大会」と 「全国花火大会」の2つの花火大会 …

伊丹花火大会2017はどんな花火大会?穴場スポットはどこ?

  兵庫県伊丹市にある猪名川を会場として行われているのが、 伊丹花火大会!   例年8月後半に行われている花火大会で、 夏休み最後の思い出として見に行く方達も多く、 友達や恋人から …

横浜開港祭の花火、2017年はいつ!?見どころや場所取りのコツとは!

横浜開港祭の花火大会、毎年楽しみにしてる方も多いの ではないでしょうか?   ゴムボートやクルーズに乗れたり親子で工作ができたり スイーツパラダイスや出店もあって大人も子供も楽しめる お祭り …