トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

横浜スパークリングトワイライトの2017年情報!穴場や混雑具合は?

投稿日:


出典: http://x1trend.com/3380.html

 

神奈川県横浜市にある夏の一大イベント、

それが「横浜スパークリングトワイライト」です。

 

2日間かけて行われるこの大規模なイベントには、

様々なイベントが開催されています。

 

特に盛り上がるのが2日間の夜に打ち上げられる花火です。

 

横浜は夜になると夜景が本当に綺麗なので、

それと合わせて見ると本当に見応えのある花火になるなぁ!

って私は思いました。

 

そんな期待大のこのイベントに

一度は参加して楽しみたい!って思いませんか?

 

そこで今回は、この横浜スパークリングの情報と、

花火の穴場スポットやイベントの混雑状況などを

紹介いたします。

 

スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライトとはどんなイベント?


出典: https://furari.tomereta.jp/purpose/appreciation/1879/

 

横浜スパークリングトワイライトは2017年で6回目の開催

となり、年々その規模もグレードアップしてきています。

 

このイベントの主な目的としては、

横浜の海と港にある魅力を身近に感じてもらうため、

そして「みなとまち横浜」として発信と交流するための場の提供

となっており、2日間にわたって様々なイベントが

開催されています。

 

2017年の横浜スパークリングトワイライトは、

7月15日(土)と7月16日(日)に行われることが決定しており、

どんなプログラムがあるのかも徐々に明らかにされてきました。

 

2017年では、もはや名物となっているスパークリング花火を

はじめ、日本と世界の友好を表すための華やかなパレードや、

横浜港だからこそできる船のパレードのシップパレード

 

さらに音楽隊や合唱団が疲労回復やするステージライブなど

大人から子供まで楽しめるプログラムがたくさん

盛り込まれています。

 

さらにシーサイドレストラン&バーもあるので、

お食事も楽しめるというのも魅力的です。

 

横浜スパークリングトワイライトの見どころは

花火大会と言われていますが、

このように他にも注目したいイベントが

たくさん開催されています。

 

特に私がオススメしたいのがシップパレードです。

 

私は海のない県に住んでいるので、

こういった船のパレードというのは本当に新鮮です。

 

大きな船に子供も大喜びするとされているので、

家族連れの方にも本当にオススメです。

スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライトの花火が見れる穴場は?

 

ではイベントの目玉となっている花火大会について

簡単にご紹介します。

 

こちらのイベントは2日間行われるものとなっており、

19:30〜20:00の30分間にわたって行われています。

 

その総数は3,000発を超える大規模なものとなっており、

夜空と海と夜景が綺麗にマッチして美しい光景を作り出します。

 

ちなみに去年の花火はこのような様子でした。

 

2016横浜スパークリング トワイライト花火

 

そんな美しい花火をぜひ穴場スポットで見たいという方に、

穴場スポットをいくつかご紹介いたします。

 

意外な穴場スポットもあるので、花火を落ち着いて見たい方は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

まずは赤レンガ倉庫付近です。

横浜のショッピングエリアとしても有名な赤レンガ倉庫!

 

ここではたくさんのお店があるのでショッピングも楽しめて、

カフェやレストランでお食事も楽しめる場所です。

 

この赤レンガ倉庫の1号館と2号館の間にある広場から、

花火を楽しむことができます。

 

打ち上げ場所からやや離れていますが、

会場付近の混雑はあまりなく、

ゆったり花火を楽しむことができます。

 

赤レンガ倉庫の夜景も綺麗なのでデートにもピッタリですよ。

 

こちらへの交通アクセスについてですが、電車で行く場合は

JR・市営地下鉄「桜木町駅」もしくは「関内駅」を

下車した後に徒歩15分、もしくは、みなとみらい線「馬車道駅」

もしくは「日本大通り駅」で下車して、徒歩6分、

もしくは、「みなとみらい駅」で下車して

徒歩12分で行くことができます。

 

また、「桜木町駅」の前から出発している市営バスに乗って、

「赤レンガ倉庫」を下車してすぐです。

 

次にみなとの見える丘公園です。


出典: https://deece.jp/amusement/41994246

 

横浜港が一望できる絶景ポイントでもある、

みなとの見える丘公園。

 

横浜ベイブリッジを中心に、

広がる海や夜景が本当に綺麗に見れるので、

日中でも観光地としてかなり人気のある場所となっています。

 

これほど絶景な景色から眺められるのですが、

こちらも会場ほど混雑はしていません。

 

しかし最近では観光地としても注目されるように

なってきているので、年々おとずれている人は

増えてきているかな?という印象です。

 

それでも花火が本当に綺麗に見られるので、

オススメの穴場スポットですよ!

 

こちらへの交通アクセスは電車で行く場合は、

JR京浜急行・根岸線「石川町駅」を下車して徒歩20分、

もしくはみなとみらい線「元町・中華街駅」を

下車して徒歩5分で到着します。

 

バスで行く場合は、

桜木町駅から出発する11系統のバスに乗って、

10分後の「港の見える丘公園前」で下車してすぐです。

 

次に大さん橋です。


出典: https://matcha-jp.com/jp/340

 

ここは国際客船のターミナルとなっている場所です。

 

実は大さん橋から花火を見ることができますが、

その場所は海しか見えないので花火を妨げるものは

何もないのです。

 

つまり花火がくっきり綺麗に見えるのはもちろんですし、

横浜ベイブリッジと一緒に花火が見られるという

絶好の花火スポットです。

 

こちらへの交通アクセスは電車で行く場合は、

みなとみらい線「日本大通り駅」を下車して徒歩7分、

もしくは横浜市営地下鉄・JR「関内駅」を下車して

徒歩15分となっています。

 

バスで行く場合は市営バスで「日本大通り駅県庁前」を

下車して徒歩5分、もしくは市営バスで「大さん橋」

を下車して徒歩3分、もしくは横浜市営地下鉄観光スポット

周遊バスあかいくつの「大さん橋国際客船ターミナル」を

下車してすぐという行き方があります。

 

このように、花火大会が楽しめる穴場スポットは

何ヶ所かあることがわかりました。

 

会場近くほど混雑はしていないようですが、

最近話題になってきて年々人が増えてきているようなので、

少し早めに場所へ向かうことをオススメいたします。

 

横浜スパークリングトワイライトはどのくらい混雑する?


出典: http://isogotmc.net/ne/hanabi_kaikosai2016/

 

ではこの横浜スパークリングトワイライトは、

どのくらい混雑しているのでしょうか?

 

実は最初の方にも少し記載いたしましたが、

こちらのイベントは2017年で6回目を迎えるもので、

そんなに昔から行われているイベントではありません。

 

なので、ある程度の知名度はあるのですが、

長年行われているイベントと比べると、

まだまだそれほど認知度はないとも考えられています。

 

2015年では来場者数は2日間で41万人だとされており、

1日あたり20万人ほどと考えられます。

 

そして1日中行われていて、

広い場所で行われているイベントなので、

人も分散しやすくなっていることから、

それほど混雑での窮屈さは感じられないかなと思われます。

 

花火大会の時間になると、

人もそれなりに集まってきますが、

先ほど記載した穴場スポットと合わせて考えると、

こちらも人が分散するので、

窮屈さは感じられないでしょう。

 

しかし最近ではよく話題されることも

多くなってきたので、

少しずつ来場者は増えてきているようです。

 

いずれにせよ、

時間に余裕をもった行動をすることをオススメいたします。

 

まとめ


出典: https://findy.jp/9711

 

横浜全体が盛り上がるこの横浜スパークリングトワイライト。

 

花火大会が目玉だとされていますが、

他にも見どころがたくさんあるということがわかりましたね。

 

また、花火が見られる穴場スポットも何ヶ所かあるようで、

どこも綺麗な花火が見られる絶景スポットとなっています。

 

横浜の綺麗な夜景の中で打ち上げられる花火は

絶対に綺麗なこと間違い無いので、

一度は見ておきたい花火大会だと私は思います。

 

ぜひ機会がありましたら、

このイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足立花火大会2017!日程や時間は!?気になる穴場スポットもご紹介!!

毎年やってくる夏の初めにある足立花火大会。   毎年7月に行われていてここから夏休みが始まる という方も多いのではないでしょうか?   実は100年もの歴史ある花火大会のようで、 …

山形花火大会2017を見よう!日程や時間や交通規制はどうなる?

  山形県の夜空を綺麗に彩る山形大花火大会は、 山形県民だけではなく遠方からも見に訪れる方も多く、 東北地方で見てもかなり人気のある花火大会となっています。   私の母の実家も山形 …

濃尾大花火大会2017に行こう!日程や時間や場所や駐車場は?

  毎年8月中旬頃になると愛知県一宮市と岐阜県羽鳥市が共同で、 木曽川の上流で開催されるのが濃尾大花火大会です。   この花火大会が始まったのは1892年に愛知県民中島郡起村が、 …

常総きぬ川花火大会2017の穴場スポットはどこ?有料席はある?

  毎年茨城県常総市で開催されている常総きぬ川花火大会!   この花火大会が開催される日になると、 毎年10万人以上の見物客が開催場所である鬼怒川に集まって、 豪華で華やかな花火を …

男鹿日本海花火2017は必見!穴場スポットは?プロポーズもOK!

  本来は「男鹿市に活力と夢を与えたい!」という願いから始められた、 この男鹿日本海花火は、回数を重ねていく毎に注目されるようになり、 今では秋田県の中でも有名な花火大会として 多くの人達に …