トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

秋イベント

中秋の名月は2017年はいつ?意味や食べ物についても知りたい!

投稿日:

 

暑い夏が過ぎて涼しくなってきた頃に訪れるのが

中秋の名月ですね。

 

涼しくなった夜に空を見ると、美しい月があり、

毎年風情を感じるなぁと思いながら見上げています。

 

日本人の中では既に当たり前のように言われている

中秋の名月ですが、そもそもの意味であったり、

どんな食べ物を食べているのかというのは、

知らないという方達も意外と多いようです。

 

ぜひ日本人として知っておきたいけれども、

今更人に聞けない!という方も多いことでしょう。

 

そこで今回は中秋の名月についてどのような意味があるのか、

そして2017年の中秋の名月はいつなのか、

中秋の名月に関する食べ物はどういったものがあるのか

ということについてご紹介いたします。

 

ぜひここで中秋の名月のことについて知って、

よりお月様を楽しんでいきましょう!

スポンサードリンク

中秋の名月の意味とは?

 

 

まずは中秋の名月の由来についてご紹介いたします。

 

中秋の名月といえばお月見ですが、

元々の始まりは909年に醍醐天皇が月見の宴を開いたことで、

あまり庶民に親しまれているものではありませんでした。

 

そして時代が進むにつれて、お月見は農家の方達が

夏に収穫するものを全て収穫し終えて、

秋の稲刈りをするまでの間に

稲の豊作を祈願するための宴として

庶民の間で広まっていきました。

 

また、中秋の名月は別名「芋名月」とも言われており、

芋などの収穫祭として行われていたこともありました。

 

さらにお月見は中国から伝わってきたとも言われています。

 

元々中国は昔から月を見るという習慣があり、

「望月」として広く親しまれていました。

 

その習慣が平安時代に伝わってきたことで、

日本に広まってきたという説もあるようです。

 

では中秋の名月の意味はどういうものなのでしょうか?

 

「中秋」という言葉の意味は、

旧暦の8月15日に出ると言われている満月のことを言います。

 

ですが満月というのは1年に12回ほど見られるというのに、

何故中秋の名月だけピックアップされているのでしょうか?

 

実は年間通して満月が美しく見える時期というのが

旧暦の8月だとされており、空気が澄み渡っていることで

月がより明るく見えると言われてきました。

 

そのため、平安時代に貴族の間でも「観月の宴」を開いており、

和歌を詠んだりしながらこの満月を楽しんでいたようです。

 

そして江戸時代でも先ほど記載したように、

「収穫祭」としてお月見が庶民の間でも広まっていき、

旧暦の8月15日を中秋の名月として親しまれるようになりました。

スポンサードリンク

2017年の中秋の名月はいつ?

 

では2017年の中秋の名月はいつなのでしょうか?

 

2017年は10月4日(水)となっています。

 

お月見というと9月のイメージがありますが、

2017年は10月が中秋の名月となるんですね。

 

ですが勘違いされやすいのですが、

中秋の名月が必ずしも満月であるというわけではありません。

 

やはり多少満月が欠けてしまっているのですが、

私達が見ている中秋の名月は綺麗な満月に見えるので、

気になるほどのものではありません。

 

中秋の名月を完全な満月で楽しめるのは、

2021年9月21日となっているようです。

 

完全な満月というのも本当に風情があって綺麗ですが、

毎年の中秋の名月として現れる月も本当に綺麗です!

 

ぜひ毎年楽しんでいきたいですね。

 

中秋の名月の時に関する食べ物にはどういうものがある?

 

皆さんは中秋の名月といえばどのような食べ物を連想しますか?

 

やはり一番最初に思い浮かべるのは、「月見団子」ですよね!

 

イメージとしてもお月見に月見団子をお供えするものとありますが、

これはお団子を満月として見立てているとされています。

 

このお団子を三方という台に乗せるか、

白い皿に白い紙を敷いて乗せてお供えをします。

 

この月見団子も地域によって形が異なっています。

 

関西地方ではお団子を里芋の形にしていたり、

静岡県ではお団子の中央をへこませて、傍にあんこを添えたり、

京都府では里芋の形のお団子にあんを巻いて雲のようにしていたりと

様々な形があるようです。

 

私は関東地方の出身ですが、祖母の家では

あんこを巻いていました。

 

祖母が昔、京都府に住んでいたそうで、

子供の頃はこうやってお団子を食べていたんだそうです。

 

地域によってお団子の形が違うんだなというのを

ここで知りました。

 

また関西地方では里芋の形にしているとされていますが、

実はお月見というのは里芋も関係しています。

 

日本人の主食がお米になる前は里芋が主食として食べられており、

豊作を願うためのお月見として里芋というのも

重要視されてきました。

 

他にも秋に収穫されるという柿やブドウなどの

野菜や果物をお供えすることもあります。

 

そしてお供え物として食べ物をお供えした時に気になるのは、

「お供えしたものを食べて良いのか?」ということですよね。

 

お供えした食べ物はぜひ食べてください!

 

食べることによって神様との繋がりが強くなると言われているので、

とても縁起が良いと言われています。

 

神様と食べ物を分け合って食べるという行動もまた、

神様が喜ぶものだと言われているので、

ぜひ残さずに食べておきましょう。

 

まとめ

 

中秋の名月は風情があって本当に見事なものです。

 

非常に過ごしやすい気候でもあることから、

中秋の名月を見ながらのんびりお月見をする方

多いことでしょう。

 

そんな中秋の名月には、こういった意味や由来があり、

食べ物にもちゃんとした意味があったんですね!

 

今まで中秋の名月を楽しんでいたという方達も、

この意味を知った上で中秋の名月を見ると、

より一層風情が感じられるようになりますね!

 

お子さんと一緒にお月見をするという方も、

ぜひお子さんに意味を教えてあげながら

楽しんで見るのも良いでしょう。

 

ただ最近では中秋の名月が見られる日は天候に恵まれず、

なかなか綺麗に見られない日も続いているようです。

 

2017年こそは綺麗に見られると良いですね。

スポンサードリンク

-秋イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋分の日・彼岸の日には、何故おはぎを食べるの?由来が知りたい!!

楽しい楽しい夏休みも終わったら、あっという間に9月。   まだまだ暑さは残りますが、9月と聞けば 「あぁ、秋だなぁ…」と感じること、ありませんか??   私は夏が嫌いなので、9月に …

立秋2017年の期間はいつからいつまで?立秋に関する情報も!!

  立つ秋と書いて「立秋」。   その文字から秋の訪れをイメージ想像しますが 実際はどのような意味なのでしょうか。   夏の時期に聞くことが多く、違和感を感じますが どの …

秋分の日とは一体どんな日?子どもに説明するにはどうしたら良い??

  9月という響き、 「秋がきたな~」と感じることありませんか??   まだまだ夏の暑さは残っていますが、 9月と聞けば、一気に秋がきたように感じます。   9月には秋分 …