トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

健康情報(色々)

梅雨の時期のだるい、眠いには理由があった!?その原因を徹底紹介!!

投稿日:2017年2月24日 更新日:

梅雨の時期ってどうしても憂うつな気分になりがちですよね。

 

そんな梅雨の時期にだるさや眠気を感じる人は

たくさんいるようです。

 

梅雨の時期は雨が降り続いたり曇りの日が多いので

日照時間はとても少なくなります。

 

また、季節が変わっていく時期でもあり夏に向けて気温も

上昇していきます。

 

そんな季節の変わり目とも言える梅雨の時期に体調不良を

訴える方は実は全体の8割ほどもいるみたいなのです!

 

そんなにたくさんの人が梅雨の時期には

悩みを抱えているんですね。

 

今回はそんな梅雨の時期のだるさ、眠気について

原因や対策まで考えていきたいと思います!!

 

スポンサードリンク

 梅雨のだるさや眠気はなぜ⁇症状や原因を徹底解明!

梅雨の時期は低気圧になりがちです。

 

低気圧といえば片頭痛などを思い浮かべる方も

多いとは思いますが、実は人間の自律神経にも

大きく関わってくるのです。

 

自律神経とは人間の意志などには関係なく、

内臓を動かしたりする人間が生きていくのに

とても大切な神経です。

 

主に起きている時に働く交感神経と寝ている時に

体を支える副交感神経とがあります。

 

よく自律神経が乱れると聞きますが、

この2つの神経のバランスが崩れてしまうことなのです。

 

過度なストレスを感じたり生活が不規則になったりすることで

簡単に自律神経のバランスは崩れてしまいます。

 

そして低気圧にはその副交感神経の働きを

活発化させる作用があります。

 

副交感神経は主に眠っている時に働くので

体をリラックスさせるものなのです。

 

しかし起きている状態でこの副交感神経が優位

なってしまうことで体がだるく感じたり少し動いただけでも

すぐ疲れるようになってしまうのです!

 

また、うつ病などはこの副交感神経が主に働いている時に

症状がでるようです。

 

また、副交感神経が起きてるうちに活発に働くと

体が休みたがってしまうので眠気も襲ってきます。

 

梅雨の時期にだるさや眠気があるのは

副交感神経の影響だったんですね。

 

また、人間の体は太陽の光を浴びることで

朝が来たという認識をします。

 

なので曇ってばかりで太陽が少ない梅雨の時期は

体が朝を感じにくいため眠気がとれず1日中眠い

という状態になってしまいます。

 

眠気がとれないと仕事中もうとうとしてしまったり

集中力が続かないのですこし厄介ですよね。

 

そんな梅雨の時期のだるさや眠気に対する

対処法を見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

梅雨のだるさ、眠気に効くのは!?対処法をご紹介!

先述したとおり梅雨のだるさや眠気には

自律神経が大きく関わってきます。

 

交感神経を活発にさせることでだるさや眠気は

ある程度解消すると思われます。

 

ではどうやって交感神経働かせるのでしょうか?

 

まずは運動です。

 

運動をすることによって心拍数が上がったり汗をかきます。

 

心拍数を上げたり汗を出したりするのは

交感神経の働きによるものです。

 

これにより交感神経が活発に働いてくるので

体が起きていることを認識し始めます。

 

また、血の流れを良くすることも効果的だと

言われています。

 

眠気がとれない時は首や頭をマッサージしたり

ストレッチをして全身をほぐすことも

効果があるでしょう。

 

梅雨の時は朝に軽くランニングやマッサージ、

ストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

 

また、内臓をしっかり働かせることも重要です。

 

まずトマトキュウリには水分がたくさん含まれており

利尿作用もあるため体の中の老廃物を流してくれます。

 

内臓を動かしたり消化をしたりするのは

交感神経の役割です。

 

なので、ここでも交感神経を働かせ内臓をしっかり動かして

もらいましょう!

 

またお酢も効果があると言われています。

 

お酢に含まれているクエン酸疲労回復を促す効果があり、

体を動かすエネルギーに変える作用もあるのです。

 

お酢といえばすっぱい酸味もあるのでお酢のジュースや

酢の物なんかも食べるとスッキリすると思います。

 

お酢は体にも良く、りんご酢や黒酢など

たくさん種類があるので自分に合ったものも

選びやすいですね♪

 

まとめ

梅雨の時期のだるさや眠気は自律神経のバランス

影響していました。

 

自律神経は大きく乱れることで様々な病気になって

しまうこともあります。

 

梅雨の時期だけではなく疲れが取れなかったり

夜眠れなかったりする人は自律神経が乱れているかも

しれません。

 

規則正しい生活を心がけたり食生活を見直して

ストレスの解消を意識してみてくださいね。

 

普段からしっかりとした体を作っておくこと

梅雨の時期の体調不良にも繋がりにくいのです!

 

梅雨を乗り越えれば次は暑い夏が待っています。

 

だるさや眠気に負けずこれからの季節に向けて

少しずつ意識を変えていきましょうね♪

スポンサードリンク

-健康情報(色々)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏バテの時の食事はどうする?どんな対策をすれば良いの?

暑い夏になると私たちの体には様々な症状が表れてきます。   特に辛いなと感じるのは「夏バテ」ではないでしょうか?   私も毎年夏を迎えるたびに体調不良になってしまって、 何をする気 …

ブルーライトの影響は子どもの目にまで?どんな対策法があるの?

最近、子どもたちがお母さんやお父さんのスマホをいじっている姿、 よく見かけると思いませんか?   私の以前勤めていた職場でも、そのような子どもがいました。   動画サイトを見たり、 …

きゅうりのレシピはこれに決まり!人気で簡単、おいしくヘルシーに!

夏の暑い時期にどうしても食べたくなる夏野菜の代表、 きゅうり。   青くてみずみずしいきゅうりをよ~く冷やして、 パリッと食べる瞬間が、何ともいえず幸せですよね。   でも、きゅう …

梅雨の時期は体調不良になりがち!?その原因と対策を厳選紹介!!

今年も梅雨の時期が近づいてきましたね。   梅雨はなんとなく気分が上がらなかったり雨で頭が痛くなったり 体調に影響を及ぼすことがあります。   梅雨は日照時間が少なくなってしまいま …

ブルーライトの影響の根拠は何?肌や睡眠へ影響はある?対策法は?

仕事や家事、学校が終わってあとは寝るだけ…。   でも、ネットで欲しい物を注文したかったり、 SNSで今日の出来事を書いたり、友達の投稿を見たりと 携帯やパソコンを見る時間も息抜きになるから …