トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

天神祭は2017年も開催!花火の日程や時間は?交通規制はかかる?

投稿日:


出典: https://www.osaka-info.jp/jp/events/festivals_events/32.html

 

大阪府大阪市で毎年開催されている天神祭

 

これは日本三大祭にも指定されているほど大規模なお祭りで、

毎年たくさんの人が訪れており、

活気溢れるものとなっています。

 

私は活気のあるお祭りが本当に大好きなので、

こういったお祭りは常にチェックしていますし、

関西出身の友達からも「毎年行っている」と

絶賛しているほど見応えのあるお祭りとなっています。

 

特に目玉となっている花火では、

毎年盛り上がっているようで、

訪れた人を圧巻させているんだとか!

 

ですが、

日本三大祭にも指定されているお祭りでも

正直どんなお祭りなのか、花火の日程や時間、

交通規制がかかるのかなど、

意外とわからないこともたくさんありませんか?

 

そこで今回は大阪の天神祭について、

たっぷりとご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

そもそも天神祭とはどんなお祭り?

 

では、まずは天神祭というものが

どのようなお祭りなのかということについてご紹介いたします。

 

こちらのお祭りは大阪天満宮付近にて行われるもので、

ここでは学業の神様でもある菅原道真を祀っています。

 

この菅原道真公に対して、

「街がここまで繁栄しましたよ」というのを

見ていただくためのもので、

 

「今の街はこうなっていますよ」というのを

巡業をしながら見せていき、

その感謝の気持ちと改めて街の繁栄を祈願するために

行われています。

 

様々な巡業が行われている天神祭ですが、

見どころとして、まずは陸渡御があります。

 

これは大阪天満宮にいる氏子と崇敬している者達で構成された

3000人もの団体が陸で氏地を巡るものです。

 

先頭には立派な催太鼓が雄々しい雰囲気を作り出し、

神様がいらっしゃる御鳳輦が主体となって進んでいき、

鳳神輿や玉神輿が最後に続いています。

 

その光景は本当に豪華絢爛なもので、

神具を纏った方達の列は見応え抜群です。

 

そしてその後に行われるのが船渡御です。

 

これは951年に社頭の浜から神鉾を流していき、

神鉾が辿り着いた浜に御旅所を設けて禊を行い、

その際に神領民や崇敬している者達が船で奉迎した

という歴史があります。

 

つまり1000年以上の歴史がある行事となっているわけですね!

 

その際に使用される船の数は現在では100隻ほどあるんだとか。

 

相当大規模なものとなっており、

水の上を渡る船を見るために足を運ぶ方も多いそうです。

 

そして目玉となっているのが

神様に見ていただくための奉納花火です。

 

船渡御の途中で打ち上げられるので、

合わせて見ると本当に風情のある光景となります。

 

打ち上げられる花火の数は3000発を超えるんだとか!

 

花火と提灯の光が本当に幻想的なものとなり、

見ている人達を圧巻させていきます。

 

こういった巡業を経て天神祭は行われていきます。

 

こうして見ると本当に長い歴史がある

伝統的なお祭りなんだなということがわかりますね。

 

ちなみに、天神祭の一連の流れを映した動画もありますので、

こちらを見て雰囲気を見てみてください!

 

スポンサードリンク

天神祭の日程は?花火は何時から始まる?

ではこの天神祭の日程はいつなのでしょうか?

 

2017年の日程についてはまだ公開されていませんが、

例年では7月24日(月)に宵宮、

7月25日(火)に本宮が行われているようです。

 

恐らくは2017年もこの日に行われるでしょう。

 

また、天神祭奉納花火の日程は、

本宮が行われる7月25日で、

19時~21時の間に打ち上げられます。

 

ちなみに雨天決行ではありますが、

荒天中止で順延はありません。

 

せっかくの大規模な花火なので、

お天気になると良いですね!

 

この時は屋台で食べ物を買って

花火を見る方も増えてくるので、

それなりに混雑するようです。

 

花火を見る際には余裕を持った行動を

するようにしていきましょう。

 

交通アクセスや交通規制はどうなる?

 

では次に大阪天満宮までの交通アクセスについてです。

電車で行く場合は地下鉄谷町線や堺筋線「南森町駅」を

下車して50mほど、もしくはJR東西線の「大阪天満宮駅」

下車して50mほどで到着します。

 

ちなみに花火を見に行く場合はJR「桜ノ宮駅」もしくは

京阪鉄道や大阪市営地下鉄「天満橋駅」が

最寄り駅となります。

 

車で行く場合は「大阪市 北区 天神橋 1-18-19」

とカーナビに入力すると行けます。

 

しかし天神祭の時には交通規制がかかります。

特に気を付けたいのは、

花火が打ち上げられる桜ノ宮公園会場と

川崎公園会場付近です。

 

詳しい場所は以下の通りです。

出典: http://bizfx.seesaa.net/s/article/440375346.html

 

当日はこういった交通規制が敷かれる可能性があるので、

車で行くとかなりの混雑に巻き込まれてしまい、

花火が見れなかったりなかなか帰れなかったりします。

 

天神祭をじっくり楽しみたいのであれば、

公共機関のものを利用することをオススメいたします。

 

まとめ


出典: http://www.asakusaomatsuri.com/festival/天神祭/

 

天神祭というのは長い歴史がある伝統的なお祭りで、

年々訪れる人達も増加傾向にあるようです。

 

こういった内容なんだというのを知ると、

ますます行きたくなってきますよね!

 

関西出身の友達が毎年行くのもわかるような気がします。

 

実際にこういったお祭りは見ているだけでも

本当に元気になりますし、

すごく良い思い出として残るものだろうなと私は思います。

 

皆さんも機会がありましたら、

是非足を運んでみてはいかがでしょうか??

スポンサードリンク

-花火大会
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東松山花火大会2017情報!穴場スポットは?有料席はある?

  埼玉県東松山市では、すっかり恒例の行事となっている 東松山花火大会!   市民はもちろん市街や県外からも協賛がたくさん集い、 毎年大規模な花火大会として開催されているようです。 …

伊丹花火大会2017はどんな花火大会?穴場スポットはどこ?

  兵庫県伊丹市にある猪名川を会場として行われているのが、 伊丹花火大会!   例年8月後半に行われている花火大会で、 夏休み最後の思い出として見に行く方達も多く、 友達や恋人から …

濃尾大花火大会2017に行こう!日程や時間や場所や駐車場は?

  毎年8月中旬頃になると愛知県一宮市と岐阜県羽鳥市が共同で、 木曽川の上流で開催されるのが濃尾大花火大会です。   この花火大会が始まったのは1892年に愛知県民中島郡起村が、 …

八景島シーパラダイス花火シンフォニア2017の見どころをご紹介!

  横浜・八景島シーパラダイスは横浜の中でも 屈指の観光スポットです。   私も一度行ったことがあるのですが、 見に行く場所が多くて1日中居ても 飽きないくらいの魅力があります。 …

久里浜ペリー祭に行こう♪2017年の日程や時間は? 交通規制はある?

夏が近づいてくると、お祭りが各地で開催されて 盛り上がりますよね♪ 私もお祭りは大好きです♪   友達や家族とも行くし、 付き合っていた頃は彼氏と行った事もありました。   それぞ …