トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

七夕の意味と由来は?七夕の伝説を簡単に説明します!!

投稿日:

7月7日といえば「七夕」

みなさんも一度は短冊に願い事を書いて

笹に飾ったことがあるのでは?

私も幼少期に保育園でやった気がします。

 

また、七夕の時期になると日本各地で

「七夕まつり」が開催されますね。

 

これは江戸時代にはすでにあったようで、その時は

太鼓などを叩き終日遊ぶというものでしたが

今では、神事というより

観光客誘致のイメージが強いですね。

 

そして「七夕」といえば「織姫」「彦星」

天の川をはさんで

向かいあう二人の姿が印象的ですね。

 

二人の存在は一般的ですが、

この二人のお話はご存知でしょうか。

いわゆる七夕の伝説です。

 

今回は七夕の意味と由来

そして七夕の伝説を

わかりやすくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

七夕の意味と由来、願いごとをするのはなぜ?

短冊に願い事を書き笹に飾るという

七夕に行うこの風習。

江戸時代から始まったもので、

日本以外では見られないようです。

 

しかし、なぜお願いごとをするのでしょうか?

 

「七夕」というのは、

端午の節句(5月5日)などと同じように

重要な五節句の一つで

「しちせき」とも読まれる古くからの行事です。

 

その昔日本では乙女が着物を織って棚にそなえ、

神様を迎え入れ秋の豊作を祈るとともに

人々の穢れを払うという神事がありました。

 

この行事がお盆を迎える行事として

「7月7日の夜」に行われるようになり

その乙女を「棚機女(たなばたつめ)」、

織り機を「棚機(たなばた)」と言い

 

ここから「たなばた」を当て字で

「七夕」としたのが七夕の意味と由来です。

 

そして、お願いごとをするのは

中国の乞巧奠(きこうでん)という風習が由来で

 

琴座のベガと呼ばれる星(織女星)は

縫製の仕事を司る星とされ、

これにあやかり縫製や機織りが上達するよう

祈る風習が、他の事も祈るようになり

やがて様々なことをお願いごととする

現在の形になったのです。

 

つまり、現在の七夕とは中国の風習などが混じったもの

になっているわけですね!

スポンサードリンク

七夕伝説 ~織姫と彦星~

七夕には欠かせない「織姫」「彦星」の伝説ですが

具体的にどのような内容なんでしょうか。

 

わかりやすく目次にすると

1織姫と彦星の出会い

2二人の日々と別れ

3神様の情け

 

とこんな感じになります。

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1織姫と彦星の出会い

天の川の近くには天帝の神様が住んでいました。

 

神様にはたいそう美しく、働き者の「織姫」という

娘がいました。

 

織姫は機織りがとても上手で、神様たちが

着る物を毎日のように一生懸命作っていたのです。

 

そんな織姫もいつしか年頃の娘となり

神様は、織姫に見合う夫を探して

天の川の川岸で牛飼いをし真面目に暮らす「彦星」

という青年を織姫と引き合わせることにしたのです。

 

二人は互いに惹かれあい恋に落ち、めでたく夫婦になり

神様も大満足したのでした。

 

2二人の日々と別れ

織姫と彦星

二人はとても仲が良い夫婦となりましたが

 

あまりに仲が良かったため

二人は前ほど仕事に真面目ではなくなり

遊ぶことが多くなりました。

 

神様はそのうち落ち着くだろうと

優しく見守りましたが

 

やがて織姫も彦星も毎日遊びほうけるばかりになり

織姫が着物を織らなくなることで神様たちの着る物が

しだいになくなっていき

彦星が牛をほったらかしにするので、

天牛は病気になってしまいました。

 

優しい神様もこれには大激怒

2人を天の川の端と端に引き離し、

二度と会えないようにしてしまったのです。

 

3神様の情け

離れ離れになった織姫と彦星

嘆き悲しみますが、

働きもせず遊んでいたのだから自業自得

いつの時代も働かないものには天罰が下るのです。

 

これでやっと働くかと思いきや

織姫は悲しさのあまり毎日泣いてばかりで一向に

仕事をする気配がありません。

 

一方の彦星も毎日落ち込んで、やる気がなく

天牛の病気も良くなるどころか悪くなる始末。

 

困ったのは神様です。

あれだけ大見得きって2人を引き離したのに

今さらもとに戻すわけにもいかず、

しかし現状は変わらず

何より自慢の娘が毎日泣いているのはとても辛い。

 

そこで、神様は2人にこう伝えました。

「一年に一度、7月7日のみ会うことを許す。」

 

これを聞いた2人は「7月7日に会える」

励みにし、心を入れ替えて以前にも増して

一生懸命に働いたのでした。

 

終わり。

 

まとめ

 

まとめると

七夕の意味は神様を迎え入れるために

着物を織る織り機「棚機(たなばた)」からきており、

由来は神様を迎え入れ豊作と穢れを払う神事が元

となります。

 

七夕の伝説については、

思ったよりロマンチックではなかったようですね。

 

今ではだいぶ「七夕」の内容が変わっており

願いごとを短冊に書き、笹に飾るという日本独自の

風習になっています。

 

しかし、願い事をする(豊作)というのは

変わっていませんよね!

 

ちなみに、なぜ笹に飾るかというと

笹は神聖なものとされているからだそうですよ!

スポンサードリンク

-お祭り
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

山形花笠祭りの日程や時間は?由来も知りたい!アクセス情報は?

  赤い花飾りをスゲ笠につけて、 花笠音頭を踊りながら練り歩いていくという、 山形県内でも有名な「山形花笠祭り」は、 東北四大祭の1つにも数えられているほど 伝統的なお祭りとなっています。 …

鳥越神社大祭とは!?日程や歴史、見どころも徹底紹介2017年版!

 鳥越神社大祭、皆さんどんなお祭りかご存知ですか⁇   毎年6月に行われるこちらのお祭り、 2015年は6月6日、7日、 2016年は6月11日、12日と 6月9日に近い土日が開催日のようで …

幼稚園の夏祭りがやってくる♪景品を手作りしてみんなを喜ばせよう!!

  いつもお世話になっている幼稚園や保育園。   子ども達も毎日楽しく過ごしている事でしょう♪   夏休みに入ると、大きな行事として 「夏祭り」や「夕涼み会」を行う園もあ …

川越祭りin2017♪日程や時間はいつ?アクセスや交通規制はある?

  みなさんの住んでいる地域でも、お祭りはありますよね。   その地域を活かしたお祭りだったり、 遠方からも来られるような大きなお祭りだったり。   大勢が集まってワイワ …

七夕祭りは東京で!2017年の情報をランキングでご紹介!

  キレイな天の川をはさんで、織姫と彦星が再開する、 とってもロマンチックな行事、七夕。   カササギが橋を作り、その上を渡ってお互いに会いに行く、 というお話です。   …