トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

隅田川花火大会の場所取りや時間2017!!気になる情報をご紹介!!

投稿日:2017年3月4日 更新日:

隅田川の花火大会といえば毎年楽しみにしている、

という方も多いのではないでしょうか?

 

東京の代表的な花火大会のひとつである

この隅田川花火大会ですが、

実は日本では最も古くから続いている

花火大会だと言われているのです!

 

毎年約95万人もの観光客が訪れることでも

有名です。

 

そんな隅田川の花火大会、2017年の日程

場所取りなど気になることは

たくさんあると思います。

 

あらかじめ予定を抑えておきたい!

今年こそは場所取りに失敗したくない!

という方は必見の隅田川花火大会について

詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

隅田川の花火大会とは!?内容を詳しくご紹介!!

隅田川の花火大会は毎年7月最後の土曜日に行われます。

 

なので2017年は7月29日に行われるようです。

 

時間は毎年、19時5分から花火が始まるみたいです♪

 

雨がひどい場合などは次の日に延期になる場合もある

ので天気も要チェックですね!

 

隅田川の花火大会といっても2つの会場

わかれて行われる花火大会で、

そのどちらも河川敷で花火が打ち上がります。

 

第一会場では19時5分から花火が始まり、

その後国内の花火会社による

コンクールがスタートします。

 

こちらのコンクールは、花火職人の方たちが

腕によりをかけた自慢の花火が打ち上がります。

 

花火のコンクールなんて

なかなか見られないと思うので

必見のイベントです!

 

20時半ころからは花火大会のフィナーレで

1000発以上の花火が一気に打ち上がります。

 

5分ほどの時間で一気にたくさんの花火が

打ち上がる様子はまさに圧巻です。

 

ぜひ一瞬も見逃さないで

見ていただきたいと思います!

 

第二会場では少し遅めの19時半から

花火がスタートします。

 

まずは第一会場に負けないくらいの

迫力ある花火を一気に打ち上げます。

 

コンクールなどはありませんが

第一会場より第二会場の方が

打ち上がる花火の数は1000発ほど多いのです!

 

第二会場では合計1万発以上もの

花火が打ち上がるのでボリュームは第二会場の方が

あるかもしれませんね。

 

フィナーレは第一会場と同じ時間に

同時に始まります。

 

そんな隅田川の花火大会、

第一会場と第二会場、

どちらで見るのが良いのでしょうか?

スポンサードリンク

隅田川花火、場所取りはどこ?時間は?穴場などもご紹介!

まず第一会場は隅田川の桜橋の近くで行われます。

 

最寄駅は浅草駅

徒歩15分ほどの位置にあるようです。

 

少し駅からは歩きますが浅草やスカイツリーなどの

観光地に近く、花火の打ち上がる時間が長いため

第一会場の方が毎年混み合うようです。

 

また、スカイツリーの展望デッキでも

花火を見ることができます。

 

こちらはインターネットや

ツアーなどで予約が必要です。

 

毎年売り切れてしまうようなので

早めの予約をオススメします!!

 

第二会場は駒形橋と厩橋の間くらい

位置しています。

 

浅草駅から徒歩5分蔵前駅から徒歩5分

駅からは近いのでこちらも大変混み合います。

 

また、花火大会当日の浅草駅周辺は

夕方ころに混雑のピークを迎えるようです。

 

場所取りは混雑する前に行いたいところですよね!

 

花火を見るのに良い場所は

前日の夜から徹夜で場所取りがされている

場合もあるようです。

 

さすがに徹夜は…という方は

当日の朝9時くらいでしたら

場所取りができるようです!

 

首都高高架下隅田公園などでも

花火は見ることができます。

 

しかしこちらも人気スポットなので

当日の朝には場所取りに

行った方が良いそうです。

 

しかし朝早くから場所取りをするのにも

限度がありますよね。

 

そんな方は汐入公園という

南千住駅から徒歩10分ほどの

公園に行ってみてください!

 

こちらはお昼くらいに行けば

場所取りはできるようで、

とてもゆっくりと行動することができます。

 

さらに汐入公園の土手では

スカイツリーと花火を同時に

見ることもできるので有名スポットに

なりつつあるそうです。

 

今年は少し早めに行ってみると

良いかもしれませんね♪

 

まとめ

毎年多くの人が訪れるだけあって

場所取りも激戦の隅田川花火大会ですが、

意外といろいろな場所で見ることができるようです。

 

先ほど紹介した汐入公園も場所取りをしなくても

公園内で見ることができますし、協賛することで

有料の席にも抽選ですが座ることができます。

 

また、見る場所によって花火の見え方も違うので

毎年違う場所で花火を見ることもオススメです!

 

あなたのお気に入りの花火スポット

探してみるのも楽しいかもしれませんね♪

 

河川敷などで見る方は蚊などにも気を付けて

楽しく花火を観賞してください!

スポンサードリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

横浜開港祭の花火大会2017!!日程や時間など!?見どころもご紹介!!

 横浜開港祭ってご存知ですか??   横浜市民以外にはあまり馴染みのないものかもしれませんが 実は本当に楽しいイベントなんです!   横浜開港祭は1859年に横浜が開港した記念を …

安倍川花火大会2017の穴場スポットはどこ?桟敷席はある?

  静岡県内でも屈指の人気花火大会でもある安倍川花火大会!   静岡県民はもちろんのこと、県外からも多くの見物客が訪れており、 2016年では60万人前後が集まったんだそうです。 &nbsp …

隅田川花火大会のオススメ場所♪場所取りのコツとは? 2017年編

  夏になると、お祭りや花火大会に 1度は行きたくなりますよね~♪ 私は、人が集まってワイワイしている雰囲気が 大好きなので、 お祭りや花火大会ももちろん大好きです!!   特に花 …

神奈川新聞花火大会2017の穴場スポットや有料席のチケットは?

  神奈川県横浜市で毎年夏に開催されており、 2016年で31回目を迎えたこちらの神奈川新聞花火大会は、 全国屈指の規模を持つ大規模な花火大会となっています。   横浜市といえば、 …

隅田川花火大会の歴史とは⁇いつから始まったのかなどを徹底紹介!!

 隅田川花火大会は毎年たくさんの人で賑わっていますね。   そんな隅田川の花火大会は毎年約2万発もの花火が 打ち上がり、約100万人もの人が 花火を見るために集まるのです。   そ …