トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

生活知識

静電気体質のせい?静電気が起きる原因と対策は!?

投稿日:

 

寒い冬の時期

触れた瞬間に「バチッ!」と痛い「静電気」

 

冬の時期になると避けては通れないもので

何を触るのも慎重になってしまい煩わしく思っている方が

大半だと思います。

 

しかし、静電気が起きる人とそうでもない人が居ますよね。

 

よく静電気が起きる人は「静電気体質」と言いますが

 

原因は本当に体質によるものなのでしょうか?

 

また、対策をして未然に防げたら

気が楽になると思いませんか?

 

 

そこで今回は静電気が発生する原因と仕組み

また、静電気対策についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

触れるとバチッ!静電気の原因と仕組み

 

冬の時期に発生する「静電気」

よく静電気が発生しやすい人を「静電気体質」と言いますが

「静電気体質」とは体内の電気を自然放電しにくい人の事を言い

それには「乾燥」「血液」が関係しています。

 

「乾燥」は静電気の発生の原因の一つであり

空気中、肌表面がある程度潤っていると

体内の電気が空気中に自然放電され

静電気が発生しにくくなるのですが

 

体質的に乾燥肌である人は自然放電がしにくく、

静電気が発生しやすいといえるので

乾燥肌は「静電気体質」となります。

 

「血液」は、電気には+(プラス)-(マイナス)があり

-の電気が+の電気に向かって一気に移動すると

「バチッ!」と痛みが伴うスパークが発生します。

 

血流が悪くドロドロである人は

-の電気が逃げ+の電気を多く帯電する状態になり

-の電気を引き寄せやすい状態であるため

静電気のスパークが発生しやすい「静電気体質」となります。

 

よって「静電気体質」

・乾燥肌である

・血流が悪くドロドロである

などの原因で自然放電しにくい人のことをさし、

静電気が発生する原因と言えるのです。

 

また、静電気が発生する原因には、その日着ている服も関係しており

よくセーターなどを脱ぐときに「バチバチ」と静電気が発生しますが

このように「静電気」は体と衣服、衣服同士の摩擦によって

発生するので身に着ける衣服にも原因があるのです。

 

そして静電気による「バチッ!」が発生する仕組みは

ドアノブに触れた場合を例にすると

人体は+の電気が帯電しやすく、ドアノブのような金属には

-の電気が帯電しやすいです。

 

人体に+の電気が多く帯電している状態で

-の電気を多く帯電しているドアノブに触れると

ドアノブに帯電している-の電気が

人体に帯電している+の電気に向かって一気に移動し

この時に痛みが伴うスパークが発生するというものなのです。

 

つまり、「静電気」「バチッ!」と痛いスパークを防ぐには

体に-の電気が一気に流れ込む状態を作らない事が重要です。

 

では、具体的な方法にはどんなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

これで安心!静電気対策

 

「静電気」の痛みは電気の移動によって起こるものですが

それを防ぐにはどのような方法があるのでしょう?

 

 

・肌、空気を保湿する

 

 

静電気が発生する原因の一つ「乾燥」

これを解消するために「保湿クリーム」などを使って肌の乾燥を防ぎ

室内では加湿器などで空気の乾燥を防ぎ

「静電気」の発生を防ぎましょう。

 

 

・食生活、生活習慣を改善する

 

 

血液がドロドロであると-の電気を引き込みやすい

状態になります。

 

それを防ぐために食生活の改善、生活習慣の改善に努めることで

サラサラ血液になり-の電気を逃がしにくく

静電気が発生しづらくなるのです。

 

血流を良くする食材には青魚・玉ねぎ・ナッツ類・

豆類・海藻・酢・きのこ類があります。

 

・衣服の組み合わせを考える

 

静電気は衣服同士の摩擦でも発生します。

 

衣服の素材によっては+の電気が帯電しやすい素材と

-の電気が帯電しやすい素材があるため

その二つが摩擦することによって静電気が発生します。

 

+の電気が帯電しやすい素材

木綿

シルク

レーヨン

ナイロン

ウール

 

-の電気が帯電しやすい素材

アセテート

ポリエステル

アクリル

塩化ビニール

 

つまり+と-の組み合わせを作らないことで

静電気の発生を防ぎます。

 

 

・ドアノブに触れる前に壁や地面を触る

 

ドアノブに触れる前に壁や地面を素手で触ることで

帯電している電気を放電することができます。

 

地面

アスファルト

レンガ

でも良いですが金属やプラスチックには効果がないので

注意です。

 

まとめ

 

まとめると静電気が発生する原因は

・「乾燥肌」や「血液」の状態による「静電気体質」

・体と衣服または衣服同士の摩擦

 

でありその対策は

 

・肌、空気を保湿する

・食生活、生活習慣を改善する

・衣服の組み合わせを考える

・ドアノブに触れる前に壁や地面を触る

 

となります。

 

冬の困りもの「静電気」

しっかりと対策をし、冬を快適に過ごせるようにしましょう!

スポンサードリンク

-生活知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蚊に刺されやすい人の体質や特徴ってなに?対策方法はあるの?

  夏は楽しいイベントが盛り沢山で、 楽しみにしている方も多いんではないでしょうか?   桜の季節も終わり、次はいよいよ夏がやってきますね♪   そんな楽しい夏、忘れては …

スタバ初心者におススメ!絶対に失敗しない注文!

カフェでコーヒーを飲みながら・・・ なんてカッコいいと思いませんか?   なんだかおしゃれで、映画のような日常みたいな 印象を受けますよね!   中でも定番のおしゃれカフェといえば …

ボーナス支給日の夏が待ち遠しい!2017年の支給日や動向は?

  お仕事を頑張っている人達にとって楽しみなのは、 やっぱりボーナスですよね。   私も社会人として働いていた頃に、 初めてボーナスをもらった時は 「給料日以外でこんなにお金がもら …

読書感想文の書き方のコツ!小学校高学年向け!

  夏休みといえば家族で旅行に行ったり 友達と遊びに行ったり楽しいことがたくさんですね!   しかし、避けて通れないのが大量の宿題。   中でも苦労する人が多いのが 「読 …

しゃっくりの止め方、教えてあげます♪気になる対策方法はあるの?

  みなさん、一度はしゃっくりが出たことってありますよね?   私ももちろんあります。   しゃっくりって、気が付けば出ているんですよね~。   家で一人でいる …