トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お盆

お盆の由来とは?元々はどんな意味があったのかをご紹介

投稿日:

皆様はお盆に対してどのような印象を持っていますか?

 

お盆は主に旧暦の7月15日前後に行われ、

今では8月13日〜16日までがお盆の時期だと言われています。

 

正直私が学生の頃は忙しかったこともあり、

「学校がお休みで部活もお休みになる〜!」

というような印象が強かったような記憶があります。

 

皆さんの中でもお盆の時期になったら実家に帰ったり、

祖父母の家に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか?

 

ところで皆さんはお盆の由来や意味について、

どのくらいご存知でしょうか?

 

ついつい大型連休ということに意識が向いてしまいますが、

よくよく考えるとお盆の意味をしっかり

考えたことがなかったなと私もふと振り返って思いました。

 

でも大人にもなってお盆の意味や由来がわからないのは

恥ずかしくてなかなか聞けない!

という方もいると思います。

 

そこで今回は今更聞けないお盆の由来や意味について

しっかりとお答えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

お盆の由来や歴史とはどのようなものなのか?

ではまず、お盆の由来や歴史についてです。

 

元々お盆という言葉の語源としては、

仏教の「盂蘭盆会」を省略したもので、

これは古代インドの「ウランバナ」という意味でもあります。

 

このウランバナというのは「逆さ吊り」という

意味なのですが、これを聞くと「え!ご先祖様が逆さ吊り?」

と思うかもしれません。

 

実はお盆が始まったのは、お釈迦様の弟子が

お母さんを助けるために行った行事の1つとされてきました。

 

その歴史を繙いていくと、始まりは紀元前400年の頃です。

 

お釈迦様の弟子である目連という人物の母親が、

ある時、地獄の餓鬼道へ落ちてしまいました。

 

そして目連の目の前で逆さ吊りになって苦しんでいたため、

これを何とか助けてあげたい!と思った目連が、

お釈迦様に相談をし、どうすれば良いのかを

教えてもらったそうです。

 

しかし目連のお母さんは生前の罪が重かったそうで、

目連1人の力ではどうすることもできないということを

伝えられ、7月15日に安居の修行をした僧に

ご馳走をして心から供養しなさいと言いました。

 

そしてお釈迦様の教えの通りに供養をして、

母親を助けたというお話があります。

 

ここから7月15日に同じような気持ちで供養をすれば、

ご先祖様は苦しみから救われて、私たちも幸せになれる

と言われるようになり、

それが今のお盆に繋がるというわけです。

 

つまり「ウランバナ」という言葉が由来とはなっていますが、

これは「ご先祖様々が逆さ吊りされるような

苦しみを取り除くためのもの」という意味になっているのです。

 

つまり、このお盆というのは、

ご先祖様にとっても大事なもので、

私たちもとても大切にしなくてはならない行事

というわけですね。

 

ちなみに日本にお盆の風習が伝わってきたのは

606年の頃で、飛鳥時代の推古天皇の時代でした。

 

この頃に「推古天皇十四年七月十五日斎会」を開き、

これがお盆の始まりだと言われています。

 

そこから江戸時代前までは上流階級の者だけ行っていたもの

ですが、江戸時代になり、上流階級の風習が

庶民の間に広まっていき始めた頃に、

お盆も同時に庶民の間でも広まっていきました。

 

お盆というのはやはり長い歴史があったんですね。

 

その始まりが母親を救いたいという子の気持ちから

始まったというのも、とても感慨深いもので、

ご先祖様を大切にしなきゃなと改めて思いますね。

スポンサードリンク

お盆にまつわるものの意味をご紹介!

では次にお盆にまつわるものの意味についてご紹介いたします。

 

まずお盆の意味についてですが、先程の歴史を見ても

わかるように、ご先祖様の霊を供養して改めて心から

冥福を祈るためのものです。

 

そのために、お盆には用意するものや行事が行われています。

 

まず皆さんが一番に思い浮かぶのは茄子やキュウリを

お供えするというもの

 

これは精霊棚もしくは盆棚に位牌を安置し、

その近くに茄子やキュウリをお供えしているご家庭もある

と思いますが、これは茄子で牛を、キュウリで馬を表しており、

これによってご先祖様の霊が牛に荷物を引かせて、

馬に乗って行き来すると言われており、精霊馬とも

言われています。

 

お盆の期間中にこれを飾っておき、

終わった後の茄子やキュウリは、

食べずに川や海に流したり、埋めたりします。

 

ゴミとして出すならお清めの塩を振って白い紙に包んで出す

のが習わしです。

 

このお供え物はご先祖様が苦労なくこちらまで

行き来できるようにという意味があったんですね。

 

私が子供の頃、大人の目を盗んで

ペタペタ触ってしまっていたような気がしますが、

大丈夫だったのでしょうか…。

 

また近くにお寺があるというご家庭の場合、

見たことがあるのは迎え盆や送り盆ではないでしょうか?

 

大体は13日の夕方や夜に迎え盆として、

盆に灯りをつけたり、

火を灯したりするかもしれませんが、

これはご先祖様が迷わずにこちらへ帰ってこれるようにと

いう意味があります。

 

そして16日に再び盆に灯りをつけたり

火を灯しますが、これはお盆を共に過ごしたご先祖様を

送り出すためのものとされています。

 

これらはそれぞれ「精霊迎え」「精霊送り」

とも言われています。

 

他にも「盆踊り」を踊るというところもあります。

 

私の近所のお祭りでもよく盆踊りを踊っているのを

見かけたことがありますが、

実はこれもお盆に関係しているものです。

 

これは戻ってきたご先祖様を慰めて、

心穏やかに送り出せるようにするためのものだと

言われています。

 

また地域によっては戻ってきたご先祖様が

供養によって成仏できたという喜びを踊りで表現している

とも言われています。

 

この意味を知った上で盆踊りを踊れば、

ご先祖様に思いを馳せることができて有意義なものに

なりますね。

 

このようにお盆にまつわるものには様々な意味が

込められています。

 

何気なく飾ったり、行事に参加したりしていたかも

しれませんが、この意味を知っておけば、

より特別なものなんだなというのを実感できますね。

 

ぜひこれらの意味を知っておきましょう。

 

まとめ

普段何気なく過ごしていたお盆ですが、

実はこんなに深い歴史や意味があったんですね。

 

私も子供の頃は「ご先祖様を大切にしようね」

両親に言われて育っており、今でもお盆ではお墓参りは

欠かさずに行うようにしていますが、

こんなに深い意味があるなんて知りませんでした。

 

これからのお盆の取り組み方や気持ちも、

また少し変わったような気がします。

 

昔の日本から伝わってきた大切な風習ですので、

これからもこの風習をしっかり守っていきたいですね。

スポンサードリンク

-お盆
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

帰省ラッシュは避けたい!お盆2017年の混雑予想!高速道路の状況は?

  里帰りされる方が多いお盆。   時期になると必ずニュースで取り上げられますが 避けて通れないのが「帰省ラッシュ」ですよね。   同じように里帰りされる方で、道路が混雑 …

お盆の期間はいつからいつまで⁇2017年のお盆を徹底解説!!

お盆の時期は学校は夏休みだったり会社も休みになることが 多いのではないでしょうか?   しかし、私は毎年祝日でもないのでお盆っていつから いつまでなんだろう⁇と疑問に思っていました。 &nb …

お盆の期間はちがう!?東京、大阪、北海道それぞれのお盆をご紹介!!

今年のお盆、どう過ごすか予定は立てましたか?   お盆の日にちは毎年8月の13日から16日までの 4日間と決められています。   2016年から8月11日に山の日ができたので 8月 …

お盆のお供え物は何がいいの??その意味や理由などのマナーをご紹介!!

  お盆の時のお供え物は必需品だと思います。   お盆のタイミングで帰省する方はとても多いですが、 お供え物になりそうなものをお土産として 持って行く方もたくさんいるのではないでし …

帰省ラッシュのお盆2017年の混雑状況!新幹線の混雑状況は?

  帰省ラッシュに沸く「お盆」   ニュースで取り上げられるほど毎年話題になっています。   車で高速道路という交通経路の他に 新幹線も帰省ラッシュで混雑しますよね。 & …