トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

乃木神社の夏祭り2017の見どころはどこ?交通アクセス方法は?

投稿日:

 

東京都港区赤坂にある乃木神社は、

非常に歴史の深い場所として有名な場所です。

 

その昔、乃木希典将軍と乃木静子夫人が、

明治天皇の大葬の日に自刃した場所の隣にある神社で、

今ではこの2人を祀っている場所となっています。

 

そんな歴史の深いこの乃木神社では、

毎年8月上旬に夏祭りが開催されています。

 

乃木神社での夏祭りに行った人たちからは、

大正や昭和の時代に戻ったような気分になれた!

というような声が多く寄せられていました。

 

近代化している日本の都心部の中に、

大正や昭和の時代を感じさせるような場所があるとなると、

やっぱり一度は立ち寄って楽しみたいですよね。

 

そこで今回は乃木神社の夏祭りについて、

見どころはどこなのかということについてと、

交通アクセス方法についてご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

乃木神社の夏祭りとはどのようなお祭り?

 

では乃木神社での夏祭りとは具体的に

どのようなお祭りなのでしょうか?

 

この夏祭りは大正から昭和の時代をモチーフにしており、

当時の夏祭りの様子を照明や衣装で演出しているのが特徴です。

 

この地に訪れるだけで、なんだか懐かしい気持ちに

なれそうですよね!

 

神社の境内の方まで足を運んでいくと

昔ながらの夏祭りの雰囲気が漂っており、

その中にはヨーヨーや輪投げや射的といった屋台が

立ち並んでいます。

 

さらにその境内で購入した手持ち花火を楽しめるような場所

用意されています。

 

最近では公園でも手持ち花火を禁止している所が増えているので、

なかなか手持ち花火が楽しめないという状況の中で、

こういった場所で楽しめるというのは嬉しいものですよね。

 

さらに昔ながらの紙芝居も披露されているので、

ぜひ一度は見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

乃木神社の夏祭りの詳細はこちら!

 

▼住所

東京都港区赤坂8-11-27

 

▼日程

2017年8月上旬

 

▼時間帯

15:00〜20:00

 

▼問い合わせ

03-3402-2181

スポンサードリンク

乃木神社の夏祭りの見どころはどこ?

 

ではそんな乃木神社の夏祭りの見どころはどこなのでしょうか?

 

まずは大蔵流の狂言師でもある大藏彌太郎さんと茂山良暢さんが行う、

奉納狂言「酢薑(すはじかみ)」です!

 

「狂言」となると、難しそうでよくわからないというイメージですが、

今で言うお笑いのようなものなので、

実はとても楽しめるものなんです。

 

なかなか間近で見られる機会もないので、

これは必見ですよ!

 

こちらの開催時間は15:30〜15:50の会と、

18:00〜18:20の会があり、

それぞれ100人まで見ることができます!

 

13時からそれぞれの会の整理券を配布しているので、

見に行きたい方は整理券をゲットしておきましょう。

 

また他にも例年人気の「ARATAMA食堂」も必見!

 

こちらでは昔ながらのフードを食べることができます!

 

スパゲッティや揚げパン、オムレツやハンバーグなどなど、

昭和のレトロなフードをここで楽しむことができます。

 

ARATAMA食堂の詳細がこちら!

 

▼開催時間

第一部→15:30〜17:30

第二部→18:00〜20:00

 

▼料金

大人→3,500円

子供(3〜10歳)→1,500円

それぞれ「洋食フーズ」「和食フーズ」「デザートフーズ」があります。

 

▼予約

2016年では6月15日の10:00から予約受付開始!

2017年も6月中旬頃から予約が開始されると思われます。

 

▼電話番号

03-3402-2181

 

たくさんのメニューが用意されているようなので、

これはぜひとも一度は食べに行きたいものですね。

 

また他にも浴衣着付け教室が開催されており、

ここで浴衣を購入することもできます。

 

こちらも予約制となっているので、

事前に電話をしておきましょう。

 

浴衣着付け教室の詳細はこちら!

 

▼時間

15:00〜16:00

16:30〜17:30

18:00〜19:00

 

▼料金

1人1,000円

 

▼電話番号

03-3402-2181

 

このように乃木神社の夏祭りでは、昔ながらの屋台だけではなく、

他にも見どころとなるものがたくさんあります。

 

これだけのラインナップがあるなら、

ずっと夏祭りを楽しめそうですよね!

 

乃木神社の夏祭りへの交通アクセス方法は?

 

では最後に乃木神社への交通アクセス方法をご紹介します。

 

▼電車でいく場合

千代田線「乃木坂駅」を下車→1番出口から15m

日比谷線・大江戸線「六本木駅」を下車→徒歩5分

半蔵門線・銀座線。大江戸線「青山一丁目駅」を下車→徒歩9分

 

▼車でいく場合

乃木神社には駐車場が設けられていないため、

近くにある乃木會館もしくはコインパーキングを

利用することになります。

 

車で行く場合、やはり混雑してしまうこともあり、

さらに駐車場が必ず空いているというわけでもありません。

 

もし車で行く場合は最寄駅から

少し離れた駅の近くのコインパーキングに駐車して、

そこから電車で最寄駅まで向かう方法をオススメいたします。

 

【こちらの関連記事もぜひ!!】

神楽坂まつりはデートにおススメ!日程や時間などご紹介

浅草ほおずき市に行こう!日程や時間は?見どころも!!

熊谷うちわ祭り開催♪日程や時間はいつ?見どころは?

 

まとめ

 

乃木神社の夏祭りは昔ながらの雰囲気を重視したお祭りで、

大人もまた昔を思い出しながらお祭りを楽しむことができます。

 

例年家族連れの方達も増えてきており、

ますます盛り上がりを見せているようです。

 

さらに見どころも満載なので、

1日中楽しめそうな夏祭りとなっているようですね!

 

なかなか夏祭りなんて行かない!という方達も、

この夏祭りは家族同士はもちろんのこと

友達や恋人同士でも楽しめるものとなっているので、

ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

くらやみ祭りは2017年も開催!日程や時間や見どころをご紹介!

東京都の府中市にある大國魂神社で開催される 「くらやみ祭り」。   神社のお祭りというと日中に行われるイメージがあるかも しれませんが、こちらのお祭りは「くらやみ」という名前が 付いている通 …

川越祭りin2017♪山車のルートや混雑具合はどうなっているの?

  埼玉県の川越はもともと観光客で賑わっていますが、 その中でも一番盛り上がる時期といえば、 川越祭りですよね。   毎年100万人ほどの人が集まる大きなお祭りなんです♪ &nbs …

神田祭の日程は?2017年も神田明神に出かけよう!

日本三大祭りの一つでもある神田祭。   2年に1度しか開催されないこの神田祭の ファンはとても多いですよね。   2017年の日程が発表になりました。   今年は5月11 …

京都五山送り火2017は必見!綺麗に見える穴場スポットはどこ?

  京都の夏の風物詩とも言われている京都五山送り火。   皆さんがご存知なのは、やはり「大文字」ではないでしょうか?   これはお盆の時期でもある8月16日に開催されるも …

ほおずき市の由来や意味って知ってる?気になるほおずきの値段は?

夏の風物詩の一つとして、 「ほおずき市」が頭に浮かぶ人も多いと思います。   私もその中の一人で、ほおずき市の時期になると 「あ、今年も夏がはじまるな~」と感じています♪   みな …