トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

熱中症対策

熱中症の予防と対策は?食べ物でしっかり元気な体づくりを!

投稿日:

 

暑い夏。

いっぱい外で体を動かして健康的な毎日を!

 

・・・と言われたから外で運動していたら

熱中症になっちゃった・・・

 

ではシャレになりません!

 

今日は、熱中症にならないために、効果的な

食べ物、飲み物についてご紹介したいと思います

スポンサードリンク

熱中症とは?

 

まず、そもそも熱中症とは何か?

という点についてご説明しましょう。

 

熱中症とは気温や湿度の高さ、激しい運動などによって

体温調節がうまくいかず、体に熱がたまってしまう状態

のことを言います。

 

環境省によると、熱中症を引き起こす要因には

3つあります。

 

1つは「環境」の要因。

 

例えば・・・気温が高い、日差しが強い、

エアコンがない部屋、湿度が高い、など。

 

2つめは、「からだ」の要因。

 

例えば・・・高齢者や乳幼児

下痢やインフルエンザでの脱水症状

低栄養状態二日酔いや根具足などの体調不良、など。

 

3つめは、「行動」の要因。

 

例えば・・・激しい運動、長時間の屋外での作業、

水分補給をできない状況、など。

 

これらの要因によって、

汗などで体温調節がうまくできず、

体温が上昇してしまい、

体のバランスが破たんして

熱中症が引き起こされます。

 

ですから、その対策として、上に挙げた

3つの要因をつくらないよう、日陰に入る、

エアコンをつける、水分を取る、など、

しっかり対策をしよう、と言われているんですね。

 

これらの要因の中でも、

日頃から気を付けなければならないのが

「からだ」の要因。

 

例えば下痢やインフルエンザでの脱水症状、

というのは夏の暑さとは全く関係のないものです。

 

それでも熱中症の要因になる、というのは

実はあまり知られていないこと。

 

ですから、丈夫な体を作って、熱中症を予防する

というのは1年を通じて本当に大切なことなのです。

スポンサードリンク

スポーツドリンク

 

なんといっても、熱中症予防に効果的な飲み物として、

スポーツドリンクは外せません。

 

熱中症になりやすい状況の時にはたいてい、

汗をかいています。

 

汗には水分とナトリウム(塩分)が含まれています。

 

ということは、汗をかくということは、

どんどん、体内から水分とナトリウムが

なくなっていく、ということなんですね。

 

ですから、それを補う飲み物として

スポーツドリンクを、ということなのです。

 

スポーツドリンクには汗で失われる

水分とナトリウムが豊富に含まれています

 

ですから、大量に汗をかくときには

非常に効果的な飲み物なんです。

 

ただし、ここで注意!

 

市販のスポーツドリンクには

水分とナトリウムだけでなく

糖分が含まれているのです。

 

あるデータによると、

市販の1リットルのスポーツドリンクには

角砂糖が30個分含まれているのと同じ量の

砂糖が入っているのだとか。

 

水分、ナトリウムはとっても大切だけれど、

糖分の取りすぎは体に良くない!

 

しかも、糖分は体内に取りすぎると、

余計にのどが渇く、という悪循環も招きます。

 

これを防ぐために、

市販のスポーツドリンクの場合は、

2~3倍に薄めて飲みましょう。

 

スポーツドリンクをそのまま飲むよりも、

薄めた方が体内に吸収されやすい、

という効果もあるんです。

 

経済的にも薄めた方が量が少なくて済みますので、

お財布に優しいですよね。

 

そうは言っても。

運動部に所属しているお子さんなどは、

毎日毎日、スポーツドリンクを買うなんて

経済的にも厳しい!ということもあるでしょう。

 

そんなときには、自分でスポーツドリンクをつくる

ということもできます。

 

水1リットルに対し、塩を小さじ1、砂糖を大さじ4

混ぜて作ります。

 

飲みにくければレモンを少したらしても

美味しいですよ。

 

市販のものよりも経済的で体に良い、

自作のスポーツドリンクを

ぜひ試してみてくださいね。

 

スイカ・キュウリ

 

旬の食べ物というのは、その時期に必要な

エネルギーや栄養を蓄えているものが多いんです。

 

ですから、その時期に「旬」になると言われています。

 

夏野菜もそのとおりで、夏を乗り切るための

ミネラルや栄養分が豊富に含まれています。

 

特に、スイカやキュウリには熱中症予防に欠かせない

水分が豊富に含まれていますよね。

 

特にスイカはその90%以上が水分だそうです。

 

水分だけではなく、糖分、カリウム、

マグネシウムなどミネラルも豊富に含まれているので、

スポーツドリンクと同じような効果があります。

 

食べることにより、体温を冷やす

という働きもありますので、

夏にスイカやキュウリを食べる、

というは理にかなっているんですね。

 

冷や汁

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

冷たい味噌汁のことです。

 

味噌汁には豊富な栄養が含まれている、

というのは周知の事実。

 

大豆の豊富なミネラル分と発酵食品としての味噌

夏の体に必要な塩分、ミネラル、栄養素などを

豊富に含んでいるのです。

 

とはいっても、暑い夏、朝でも昼でも夜でも、

熱い味噌汁を飲みたい気分には

なかなかなりませんよね。

 

そこで、郷土料理としても定着しているのが

冷や汁」。

 

昔の人たちも味噌汁が体に良いことは

分かっているけれど、暑い夏、どうやって食生活に

取り入れようか、いろいろ工夫したことが

伝わってくる料理ですよね。

 

焼き魚のすり身と味噌を合わせ、だし汁でのばします。

その中にキュウリやみょうがなどの

夏野菜を入れて冷やし、ご飯と一緒に食べます。

 

ゴマを入れたり、味噌をあぶったり、

地域によって作り方は違いますが、

中に入れる野菜も自由なので栄養もたっぷり。

 

熱中症予防には大変効果的です。

 

まとめ

 

症状が重くなると死に至る危険性もある熱中症

 

食べ物に気をつける、ということは

熱中症対策だけではなく、体力をつける

という意味でもとても大切なことです。

 

夏野菜を中心に、水分だけではなく

ミネラルも同時に摂取するということが

熱中症予防になります。

 

普段から栄養のある食べ物をしっかり食べて、

暑い夏を乗り切っていきたいですね。

スポンサードリンク

-熱中症対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱中症を予防する飲み物は?子供にはこれがおススメ!

暑い夏。   子供は外で遊ばせたいけれど、熱中症が心配で・・・ というお父さん、お母さん。   でも、1日中、屋内にいて外に1歩も出ないわけにも いきませんよね。   ぜ …

夏バテ対策におススメの運動!夏こそ運動しよう!

うだるような暑さが続く夏 毎年多くの方が「夏バテ」になるのではないでしょうか。   食欲不振に陥り、だるさと疲労感を感じ悪化すると 睡眠不足にも陥ってしまうなど中々厄介ですよね。 &nbsp …

熱中症(夏バテ)による頭痛、めまい、吐き気の対処法にせまる!

暑い夏!せっかくだから、 みんなと外で思い切り体を動かして遊ぼう!   と楽しみにしていたのに・・・なんか、調子が悪い。   頭が痛い、目がチカチカする、 気持ちが悪くなってきた・ …