トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

熱中症対策

熱中症(夏バテ)による頭痛、めまい、吐き気の対処法にせまる!

投稿日:

暑い夏!せっかくだから、

みんなと外で思い切り体を動かして遊ぼう!

 

と楽しみにしていたのに・・・なんか、調子が悪い

 

頭が痛い、目がチカチカする、

気持ちが悪くなってきた・・・

 

せっかく楽しく遊ぼうと思っていても、

調子が悪いのでは、もったいない!

 

今日は、誰にでも経験のある夏バテについて

しっかり勉強して、夏を乗り切る知恵をつけましょう!

スポンサードリンク

夏バテと熱中症の違い

 

夏バテに見られる症状と、熱中症の初期に見られる症状は

とても良く似ています

 

熱中症は病気の類ですので、そのまま放置しておくと、

重症化して命の危険もありますので、注意が必要です。

 

しかし、夏バテは病気ではありません。

 

夏バテは屋内と屋外の温度差、食欲不振、

脱水症状などが原因で起こる体調不良です。

 

夏は、暑い屋外からエアコンの効いた

涼しい屋内へ移動したりするので、

体温調節がうまくいかなくなることがあります。

 

そんな時に、体がだるくなったり、

食欲不振が起きますよね。

 

熱中症は、体内の水分や塩分のバランスが

崩れて起こります。

 

汗をたくさんかいたのに、塩分も水分も取らずに

そのまま放置しておくと、体が水分不足になり、

暑いのに汗が出なくなって急に体温が上がって

脳の働きに支障が出るのです。

 

どちらも、初期症状はめまい 吐き気 頭痛、

下痢などがあります。

 

ただ、夏バテの場合は

発熱することはあまりありません。

 

熱はないけれど、何となく調子悪いな・・・

と思ったら、夏バテかもしれません。

スポンサードリンク

夏バテ=さぼってる?!

 

なんとなく、「夏バテ」というと体力ないのね~、

とか暑いからってさぼっちゃって、

というイメージがあるようです。

 

いやいや、それは違います。

 

夏バテにはちゃんと理由があるんです。

 

夏バテは「自律神経」が乱れて起きる症状です。

 

原因の一つは「室内を冷やしすぎていること」

にあります。

 

外が暑いとついつい、エアコンの温度を

20度に設定したりしていませんか?

 

すると、外が30度の場合、

室内とは10度の差があることになります。

 

10度ってよくよく考えてみるとすごい気温差です。

 

0度は水が凍ります。10度は桜が咲きます。

 

つまり、30度の中、外出した後に

20度の室内に入った場合、春先から真冬へ、

いきなり季節が逆戻りしたのと

同じことを体感しているようなものなのです。

 

自律神経は、暑いと思った時に

「汗をかけ」と命令し、寒いと思った時に

「毛穴を閉じろ」と命令する大事な神経です。

 

暑い屋外と寒い室内を何度も出入りすると、

自律神経は混乱して働かなくなってしまいます

 

これが原因で、体温をうまく調節できずに

夏バテになってしまうのです。

 

ですから、夏バテはさぼっているのではなく、

「自律神経がちゃんと働いてない」

調子の悪い状態なのです。

 

頭痛や吐き気の原因は?

 

自律神経がちゃんと働いていないと、

さまざまな症状を引き起こします。

 

たとえば、めまい。

 

屋外と室内の気温差が激しくて

うまく体温調節ができず、めまいが起きます。

 

また、室内の冷房が効きすぎていると、

体が冷え切ってしまい、

血液めぐりが悪くなります。

 

そのため、体の隅々まで

栄養がいきわたらなくなり、疲れやすくなり、

頭痛も起きることになります。

 

このようにして、自律神経の乱れによって

立派な「疲れやすくて頭痛もする、夏バテ」

が完成してしまうのです・・・。

 

食欲不振の原因は?

 

暑いからと水分ばかり取るのも実は良くありません。

 

夏は水分だけではなく、塩分も取りましょう、

と言われますよね。

 

それにはスポーツドリンクが確かに適しています

 

ですから、汗をかいたから、とスポーツドリンクを

大量摂取することがあると思いますが、これが

食欲不振を招くことも。

 

実は、スポーツドリンクの中には

糖分もたくさん含まれています。

 

1リットルのスポーツドリンクの中には

角砂糖30個分の糖分が含まれているって

ご存知でしたか?

 

甘いので飲みやすい、飲んでいると

体内の糖分、塩分が濃くなり更にのどが渇く、

またスポーツドリンクを飲む、のどが渇く・・・

 

の繰り返しで気づいたら、

スポーツドリンクを大量に飲んでいた、

ということ、ありませんでしょうか?

 

すると、水分、糖分、塩分のとりすぎになり、

お腹もなんだかいっぱいで食欲もなくなる・・・

 

という悪循環が起きます。

 

なにごとも適量にというのが一番なんですね。

 

症状が現れてしまったら・・・

 

めまい、頭痛、吐き気などの症状が現れたら、

まずは、ベルトを緩めたり、靴を脱がせたり、

体の締め付けをゆるめてリラックスさせましょう。

 

自力で水分が取れるようであれば、

水分補給を行います

 

頭痛や吐き気の場合は、

キンキンに冷えた飲み物は禁物。

 

あまり冷えていない、

薄めたスポーツドリンクをおススメします。

 

冷たすぎると胃や頭に刺激を与えて、

さらに吐き気や頭痛が

強くなってしまうことがあります。

 

また、頭痛の場合は体が冷えている証拠なので、

体を温めるためにも暖かい飲み物が効果的。

 

スポーツドリンクは、

水よりも体に吸収されやすいので、

具合の悪い時には水分補給という意味でも

ぜひ摂取してください。

 

2倍ほどに薄めておくと飲みやすく、

体にも吸収されやすい濃度になります。

 

まとめ

 

夏バテは夏の暑さに対応できない、という

体調不良のサイン

 

決して無理をしてはいけません。そのまま、

熱中症にかかりやすくなる体になってしまいます。

 

しっかり食事を取り、

たっぷり睡眠時間を取りましょう

 

部屋の冷やしすぎは体への負担もかかります。

 

暖かいお風呂にもしっかり入って

冷房を適度に効かせた部屋で

快適な夏を過ごしたいですね!!

スポンサードリンク

-熱中症対策
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

熱中症を予防する飲み物は?子供にはこれがおススメ!

暑い夏。   子供は外で遊ばせたいけれど、熱中症が心配で・・・ というお父さん、お母さん。   でも、1日中、屋内にいて外に1歩も出ないわけにも いきませんよね。   ぜ …

夏バテ対策におススメの運動!夏こそ運動しよう!

うだるような暑さが続く夏 毎年多くの方が「夏バテ」になるのではないでしょうか。   食欲不振に陥り、だるさと疲労感を感じ悪化すると 睡眠不足にも陥ってしまうなど中々厄介ですよね。 &nbsp …

熱中症の予防と対策は?食べ物でしっかり元気な体づくりを!

  暑い夏。 いっぱい外で体を動かして健康的な毎日を!   ・・・と言われたから外で運動していたら 熱中症になっちゃった・・・   ではシャレになりません!   …