トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

風邪

夏風邪はどうして長引くの?その理由と対処法について教えます!!

投稿日:

 

みなさん、今までで一度は風邪を引いたことがありますよね?

 

私ももちろんあります。

 

幼稚園生だった頃は、風邪なんか全く引かず、

1年間休まずに登園しているような元気な子どもでした。

 

ですが、年をとるにつれて体もだんだん弱ってきているのか、

気が付けば、「喉が痛い…」という症状などが出てくることが

増えてきました。

 

いつ風邪を引くかは人それぞれですが、

一番多いのは夏と冬だと思います。

 

冬だと、「ここ最近寒かったからなぁ…」なんて理由で

風邪を引いてしまう人も多いと思いますが、

では夏は暑いのにどうして風邪を引いてしまうんでしょうか??

 

そして、夏にかかった風邪はなかなか治らない!!治りが悪い!!

思っている方も多いと思います。

 

今回はどうして夏風邪は長引いてしまうのか、

気になるその理由と夏風邪の対処法について

お伝えしていきますね♪

 

スポンサードリンク

そもそも夏風邪ってなに??

 

冬の風邪と夏の風邪って、どう違うの?

と思っている人も多いと思います。

 

まずは、夏風邪についてお話をしていきますね。

 

夏風邪とは、夏の時期に流行するウイルス感染症があり、

これを一般的に夏風邪と呼んでいます

 

冬に流行するウイルスは、寒冷・乾燥を好むのに対して、

夏風邪のウイルスは高温・多湿を好むので、

梅雨時期から夏にかけて活動性が増していき、

この時期に流行するんです。

 

夏風邪の主な原因のウイルスは、

エンテロウイルス属のエコーウイルス、

コクサッキーウイルスやアデノウイルス等があり、

これらのウイルスが夏風邪の代表的な症候である

ヘルパンギーナや手足口病などを発症します。

 

これらの症候にハッキリと当てはまっていなくても、

高熱や喉の痛みなど夏風邪のウイルス症状や経過があると

夏風邪として見られることが多いようです。

スポンサードリンク

どうして夏風邪は長引いてしまうの??

 

風邪を引いてしまうのは仕方のないこと

 

でも、出来るだけ早く風邪を治したいですよね。

 

でも、治そう治そうと頑張っても、

なかなか治らないのが夏風邪

 

どうして夏風邪は長引いてしまうのか

気になりませんか?

 

その理由としては、

室内と室外の気温差・温度差があげられます

 

確かに、夏はクーラーをガンガンにかけて

部屋を涼しくしてしまいがちですが、

一歩外に出ると、その暑さに嫌気が

 

その気温差や温度差が大きければ大きいほど、

自律神経が乱れてしまい

免疫力の低下にもつながっていくようになります。

 

また、高温・多湿になる環境も、

ウイルスが活発化することを

手伝っているんですよ!!

 

これによって、治りかけていた頃に二次感染を引き起こしてしまい

この繰り返し繰り返しで症状がどんどん長引いて行ってしまうんです。

 

間違った対処をしてしまうことで、

症状を悪化させてしまう場合もありますので、

対処法には十分に気を付けたいですね。

 

夏風邪の対処法を知りたい!!

いくら風邪を引かないように予防していても、

引いてしまったら仕方ないですよね。

 

でも、出来るだけ早く治して元気になりたい!!

そう思っている方も多いんではないでしょうか。

 

早く治る薬があるなら薬を飲んで治したいところなんですが、

残念ながら夏風邪のウイルスを退治してくれる

有効な薬というものはありません。

 

風邪のウイルスを退治するには、

自分の持っている免疫力を高め、

ウイルスが体の中から出ていくのを待つしかないんです。

 

その為には、まずは安静を保ち、栄養と水分補給を細目に行って、

これ以上体調を崩さないように無理をしないことが大切になってきます。

 

夏風邪の時期は、お子様の夏休みとタイミングがかぶりやすい時期。

 

外出をされる機会も多いでしょうが、

体調の悪いときでも子どもたちは気にせず遊び、

体調が悪化してしまうパターンも多くあります。

 

下手すれば入院…なんてことだってありえるんですよ。

 

予定も大事ですが、お子様の体調を第一に考えて、

お出かけをするかしないかを

保護者の方が見極めていくことも大事ですね。

 

この一般療法を行った上で、

咳止めや整腸薬、解熱薬などを出してくれる

病院もあります

 

ですが、人によって薬の必要・不必要はありますので、

その判断はお医者さんにしてもらうのが1番。

 

多くの場合は、これらの療法で良くなっていくものが多いですが、

中には治るどころがどんどん悪化していく場合もあります。

 

ぐったりしていたり嘔吐や熱が長引く場合には、

お医者さんに診てもらってくださいね。

 

 

まとめ

 

夏風邪は、高温や多湿を好むウイルス。

 

夏になると、「暑い暑い!!」と言って

クーラーをガンガンにかけて室内の温度を下げがちですが、

外との温度差で体がいきなりしんどくなってしまうこと、

ありますもんね。

 

自分自身が意識をして生活をしていれば予防も出来ると思いますが、

やはり疲れていたり寝不足だったりすると、

体の免疫力も低くなって風邪を引きやすくなってしまいます。

 

風邪を引いてしまったら、

安静にして早く治るように体を休めてあげましょう!!

スポンサードリンク

-風邪
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

辛い夏風邪の症状って?高熱が出る?大人と子どもの対処法を教えます!

  暑い暑い夏。   クーラーをガンガンにかけて室内を快適な温度にして 過ごしていませんか??   実はその行動が、夏風邪を起こしやすい原因なんですよ!!   …

風邪の時鼻水が止まらない原因は?対策方法について!

  風邪をひいた時、鼻水が止まらない事ってありませんか?   鼻水が止まらないと何事も集中できないですし 鼻をかみすぎて痛くなったりしますよね。   風邪のひき始めから治 …

風邪で頭痛が治らない!その原因は何?対策方法はあるの?

  風邪を引いた時は体に様々な症状が出てきますが、 その中でもやっぱり辛いのが頭痛ですよね。   頭痛がするだけで体全体がだるくなってしまいますし、 とにかく痛みに耐えるというのが …

風邪の時のお風呂の入り方は?悪化することはあるのか?

  風邪を引いてしまうと仕事をするにしても、 学校で勉強するにしても、家事をするにしても 本当に億劫になってしまいますよね。   私も風邪を引いた時に育児と家事を両方しなくてはなら …