トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

名古屋みなと祭りの花火大会2017情報!混雑状況や駐車場は?

投稿日:

 

毎年の海の日に開催されている「名古屋みなと祭り」ですが、

その目玉はやっぱりラストを飾る盛大な花火大会ですよね。

 

このラストの花火大会がとても人気で、

特に10号玉といった大玉花火が連発して打ち上げられたり、

創作花火でもあるスターマインといったものも

この花火大会の定番のものとなっています。

 

そしてフィナーレには音楽に合わせて打ち上げられる

メロディ花火というのも打ち上げられており、

名古屋の夜空を華やかに見せてくれています。

 

こういったイベントの最後に打ち上げられる花火というのは、

観光として訪れた人たちにとってもやっぱり楽しみなもので、

県外からも足を運ぶ方も多いようです。

 

やっぱり話題になっている花火大会となると、

県外からでも足を運びたくなるという気持ちはよくわかります。

 

「わざわざ遠くから来た甲斐があった!」

と思えたら本当に最高です。

 

そんな人気の名古屋みなと祭りですが、やっぱり気になってくるのが

「どのくらい混雑をするのか?」

「車で行きたいけど駐車場はあるの?」

といったことですよね。

 

そこで今回は名古屋みなと祭りについて、どのくらい混雑するのか?

駐車場は設けられているのかどうかについてご紹介いたします!

 

スポンサードリンク

名古屋みなと祭りの花火大会についての概要

 

では名古屋みなと祭り花火大会の概要について

ここでご紹介いたします。

 

こちらのお祭りは基本的に

7月の第3月曜日の海の日に行われるのが定番で、

2017年も例年通り海の日に開催されることが決定しました。

 

日程:2017年7月17日(月)

時間:19:30〜20:20

場所:名古屋港ガーデンふ頭

 

となっています。

 

雨天決行となっていますが、荒天の場合は中止となります。

 

そしてこちらは約1時間にわたって行われる花火大会ですが、

その間には10号の大玉花火が連発で打ち上げられたり、

創作花火でもあるスターマインや、

 

メッセージに乗せて打ち上げられるメモリアル花火、

そして音楽に合わせて打ち上げられるメロディ花火

いったものがあります。

 

どれも見応え抜群のものとなっているので、

この1時間は飽きずにずっと花火を楽しむことができます。

 

そしてこの花火の打ち上げ場所は、

この花火大会のために設置された船の上から

打ち上げられる予定となっています。

 

その花火の様子がこちら!

 

2016年名古屋みなと祭 花火大会ラストシーン

 

やっぱり迫力のある花火ですよね!

 

毎年グレードアップしてきているこの花火大会は、

今年はどうなっていくのか今から楽しみになってきます。

 

時間があったらぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

名古屋みなと祭りの花火大会の混雑状況は?

 

ではこの名古屋みなと祭りの混雑状況はどんな状況なのでしょうか?

 

基本的にこのお祭りでは1日中露店あたりが混雑していますが、

花火大会の時間が近づくにつれてどんどん人も増えてきます。

 

ピーク時では身動きが取りにくくなってしまうこともあるので、

訪れる際には動きやすい格好で行くことをオススメいたします。

 

また電車についてですが、花火大会の会場までの交通アクセスとして、

名港線の「名古屋港駅」を下車して徒歩すぐ、

名港線の「築地口駅」を下車して徒歩5分、

あおなみ線の「稲永駅」を下車して徒歩20分といったルートがありますが、

やはり会場に一番近い「名古屋港駅」ではかなり混雑します。

 

なので訪れる際には「名古屋港駅」よりも、

露店なども見て行ける「築地口駅」で下車して、

お祭りの雰囲気を楽しみながら会場へ向かうと良いでしょう。

 

ただ、この築地口駅も多少の混雑があるのは覚悟しておきましょう。

 

そして花火が終わった後の帰り道についてですが、

最寄駅の「名古屋港駅」では駅の外にまで行列ができるほど

例年かなり混雑しています。

 

乗れるようになるまで30分〜1時間ほどかかるとも言われているので、

帰る時間が遅くなるということは把握しておきましょう。

 

でもやっぱり少しでも早く帰りたい!という方は、

花火が終わる前に電車に乗って帰る方法、

あおなみ線の「稲永駅」まで歩いて帰るといった方法があります。

 

花火が終わる前に帰るのはやっぱり嫌だなという方は、

徒歩20分の距離にある稲永駅で帰ることをオススメします。

 

長い行列に並んで乗る順番を待つよりかは、

早く帰れると思います。

 

やはり長い歴史のあるイベントでもあるため、

それなりにたくさんの人たちが集まります。

 

ぜひ時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

 

名古屋みなと祭りに駐車場はある?

 

では名古屋みなと祭りまで車で行こうとした場合、

気になる駐車場はあるのかどうかをご紹介します。

 

まず会場である名古屋港ですが、

残念ながら駐車場を設けていません。

 

さらに会場付近では交通規制も敷かれるため、

渋滞に巻き込まれる可能性も大きくあります。

 

さらに会場から少し離れた場所にあるアピタやイオンにも

広い駐車場があるのですが、

花火大会の当日は早めの時間に駐車場を閉鎖したり、

早めにお店を閉店したりと対策をとっているようで、

当日は駐車できない可能性もあります。

 

確かに買い物目当てでないのに駐車場を利用するというのは、

お店側からしてもちょっと困ってしまいますよね。

 

これは仕方ない対策だと思います。

 

こういったことを考えると車で会場まで行くというのは、

あまり現実的ではないのでオススメできません。

 

どうしてもという方にオススメなのが、

名鉄協商パーキング 築地口駐車場(30台/最大料金600円)

三井のリパーク 築地口駐車場(29台/最大料金900円)

といった場所がありますが、ご覧の通り駐車できる台数が少ないため、

確実に駐車できるという保証はありません。

 

なので、なるべく公共交通機関を利用した方が

確実に花火大会を楽しめると思います。

 

まとめ

 

このように名古屋みなと祭りの花火大会は昔から開催されており、

年々訪れる人たちも増加傾向にあります。

 

そのため、かなり混雑するものなので

大変な思いをするかもしれませんが、

それだけ見る価値の高い花火でもあります。

 

とても人気のある花火大会だからこそ、

混雑状況ををしっかり把握し、

少しでも混雑に巻き込まれないようにしておきたいものです。

 

ぜひとも人気沸騰中のこの名古屋みなと祭りの花火大会を

一度見に訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-花火大会
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仙台七夕祭り2017情報!花火が綺麗に見られる穴場スポットは?

  毎年8月6日〜8月8日に行われている「仙台七夕祭り」。   様々な見どころがあるお祭りなのですが、そのお祭りが始まる前日の 8月5日に開催される花火大会が見どころです。 &nb …

琵琶湖花火大会が2017年も開催!!花火は何発?日程や時間、見どころは?

  みなさん、今年も琵琶湖花火大会の開催が 近付いてきましたね!!   滋賀県にある、 あの有名な琵琶湖で行われる花火大会。   夜空に打ちあがる花火も素敵だけど、 湖面 …

東松山花火大会2017情報!穴場スポットは?有料席はある?

  埼玉県東松山市では、すっかり恒例の行事となっている 東松山花火大会!   市民はもちろん市街や県外からも協賛がたくさん集い、 毎年大規模な花火大会として開催されているようです。 …

平塚七夕祭りの歴史を紹介!!いつから始まったの?見どころはどこ?

出典: http://qanda7830.com/   神奈川県平塚市で行われている 大々的なお祭りとして有名なのが、 日本三大七夕祭りにも指定されている 「平塚七夕祭り」ですよね。 &nb …

山形花火大会2017の穴場スポットは?チケットで有料席も取れる!

  山形県内でも人気の高い花火大会だと言われている 山形大花火大会は、2017年で38回目を迎える 花火大会となっています。   毎年8月14日に開催されているこちらの花火大会では …