トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

夏イベント

夏越の祓って?水無月の祓いとも呼ばれる伝統行事、その意味は?

投稿日:

夏越の祓って聞いたことありますか?

 

・・・そもそも読めない・・・ですよね。

 

「夏越の祓」は「なごしのはらえ」と読みます。

 

地域によっては夏越の祓ではなく、水無月の祓い

と呼ぶところもあるようです。

 

今はあまり馴染みがありませんが、古来日本からある、

年中行事です。

 

今日は、この季節感あふれる日本の風物詩について、

学んでいきたいと思います。

 

雑学になってしまうかもしれませんが、

「日本人」として知っておくと良いいいかも!

 

スポンサードリンク

「夏越の祓」とは?

 

ズバリ、「夏越の祓」とは、体に染みついた

半年分の穢れ(けがれ)を払い落とす行事です。

 

「夏越」という字から「夏を越す」前後の

行事だということが分かりますね。

 

そうです、半年分の穢れなので6月30日に

行われるものです。

 

ところで「年越の祓」あるいは「大祓え」というのを

聞いたことがある方もいらっしゃるのでは?

 

年越の祓は、1年分の穢れをおとす年末行事で、

12月31日に行われます。

 

年越の際には、新年の行事と重なるので

何となくいろんなイベントに押され、

知らない間に穢れをおとして終わり。

 

あ、そんなこともあったかも・・・

というパターンになりがち。

 

夏越の祓はこの年越の祓と対になる行事

 

年越の半年前に行われ、一度、

半年分の穢れを落とすのです。

 

この時は、年越と違い他に特にイベントがないため、

落ち着いて穢れを落とせるので、

身を清める気分も高まりますよ!

 

ではどうやって厄払いをするのでしょう?

スポンサードリンク

茅の輪くぐり

 

6月下旬ごろに神社にお参りしたことのある方、

茅の輪」という藁で編んだ大きな輪が

鳥居の下にあるのをご覧になったことはありませんか?

 

年越の際にも茅の輪がある神社がありますよね。

 

茅の輪はチガヤ(茅萱)という植物を

編んでできた大きな輪のことです。

 

夏越の祓では、この茅の輪をくぐって

半年分の穢れを落とします。

 

くぐり方を説明しましょう!!

 

まず、茅の輪の正面に立ちます。

輪をくぐって、左へまわります。

その後、また正面へ戻り、

今度は輪をくぐったら右へまわります。

また正面へ戻り、今度はくぐって左へ。

 

つまり、8の字に輪をくぐるように

していくのです。これを3回、繰り返します。

 

その際に「水無月の 夏越の祓 する人は

千歳の命 延ぶというなり」と、唱えます。

 

これは、「拾遺集」の中の

詠み人知らずの和歌だそうですよ。

 

こうして茅の輪をくぐることにより、

半年間の罪や穢れを落とし、

病気や災いから免れることができるとされています。

 

人形(ひとがた)で厄落とし

 

茅の輪くぐりの他にも、人形(ひとがた)で

穢れを落とす地域もあります。

 

人の形に切った紙に自分の名前や年齢などを書き、

それで自分の体中をなでていきます。

 

なでた後は、地域によって扱いは異なりますが、

その紙を身代わりとして神社に収めたり、

川に流したり、かがり火をたいて燃やしたり、

などなど、水や火で清めて厄を落とします

 

京都の上賀茂神社では、茅の輪くぐりの後、

神社に収められた何千体もの人形を

神職が、一体づつ小川に流して

穢れを払う「人形流し」という行事があります。

 

テレビで放映されるほどの一大行事ですので

ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね!!

 

水無月で厄落とし

 

京都には、夏越の祓に合わせて食べられる

水無月」という和菓子があります。

 

三角形の形をした白い外郎(ういろう)の上に

あずきがのった和菓子です。

 

白い三角には暑気を払う氷の意味が、

あずきには邪気を払うという意味があります

 

まだ冷房も扇風機もなかった時代、

蒸し暑い夏には、体力も消耗し、

疫病と呼ばれるような流行り病も

多くありました。

 

和菓子で邪気を払い、

エネルギー補給をしようと

いたのかもしれませんね。

 

まとめ

 

日本の伝統行事についてまとめてみました。

 

季節を大事にし、自然を敬う、

日本の美しい伝統行事を少しでも

感じていただけることはできたでしょうか。

 

忘れ去られていく行事もたくさんあるように思う

今日この頃。

 

このような日本ならではの行事に、

日頃からもっと目を向けて、

後世に残していきたいですね!!

スポンサードリンク

-夏イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏至の食べ物や風習は!?関東と関西の違いなどを徹底紹介!!

夏至は多くの方が聞いたことのある言葉だと思います。   夏至は二十四節気という中国から伝わった季節の分け方の ひとつにあたります。   2017年は6月21日がちょうど日が1番長い …

6月6日はさくらんぼの日♪2017年のさくらんぼ狩りはここに行こう!!

  さくらんぼって、 名前だけでもかわいいし見た目もかわいいし、 最高のフルーツと思いませんか??   私はさくらんぼが大好きです!! さくらんぼを食べている女子は 女子力が上がる …

夏至の日2017年はいつ⁇意味や歴史などを徹底紹介!!

夏至ってなんとなく聞いたことはあるけど いつが夏至なのか、何をする日なのかなど 知らないことって意外と多いですよね。   夏至は1年で最も日が長い日、というのは有名ですが 1年で最も日が長い …

関東の梅雨入りはいつ??2017年の予想と平年の時期も徹底紹介!!

梅雨と聞くとあまり良いイメージを持つ方は 多くないと思います。   そもそも梅雨とは日本や東アジアでもみられる 特有な気象の現象のことです。   聞いたことのある方も多いと思います …

海開きを2017年も楽しみたい!関東内での人気海水浴場はどこ?

海開きの日になると、各地の海水浴場がオープンして、 たくさんの人達で海が賑やかになっていきます。   毎年この時期になるとニュースでも報じられるようになり、 子供たちや若者が海ではしゃぐ姿を …