トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

長良川花火大会2017が楽しみ!穴場スポットは?日程や時間は?

投稿日:

 

長良川の上を綺麗な花火が打ち上げられる、

岐阜県の中でも人気のある花火大会が

長良川花火大会です。

 

これは「全国選抜長良川中日花火大会」と

「全国花火大会」の2つの花火大会が合わさったもので、

2週に分けて開催されるものとなっています。

 

2週ともとても人気のある花火大会となっており、

訪れた人たちはそれぞれ35万人〜40万人ほどなんだそうです!

 

岐阜県民はもちろんのこと、県外からも見物客が訪れているそうで、

年々注目度もアップしてきているようです。

 

見どころも満載のこちらの花火大会ですが、

ぜひとも一度は見に行ってみたいものですよね。

 

ですがやっぱりこれほど人気のある花火大会となると、

知っておきたいのが穴場スポットです。

 

やっぱり私もこれだけ人気がある花火大会となると、

穴場スポットから快適に花火を見たいなと思うものです。

 

そこで今回は長良川花火大会の日程や時間帯はいつなのか

ということと、そして綺麗に見られるオススメの穴場スポットを

ご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

長良川花火大会の日程や時間帯は?

 

では長良川花火大会の日程や時間帯はいつ頃なのでしょうか。

 

まず最初にも少し記載いたしましたが、

長良川花火大会は2回に分けて開催されています。

 

まず「全国選抜長良川中日花火大会」ですが、

毎年7月の最終土曜日に行われているようです。

 

なので2017年は恐らく7月29日(土)に

開催されるのではないかと思われます。

 

一方で「全国花火大会」ですが、

毎年8月の第1土曜日に行われているようです。

 

なので2017年は恐らく8月5日(土)に

開催されるのではないかと思われます。

 

時間帯についてはまだ不明ですが例年通りの内容でいくと、

9:00から朝の部と昼の部ということで、

号砲や彩煙を打ち上げて花火大会の前から盛り上げていきます。

 

そして18:00頃から色玉やスターマインの花火が打ち上げられていき、

花火大会の準備が少しずつ進んでいき、

そして19:00もしくは19:15頃から夜の部として

花火大会がスタートします。

 

色鮮やかな花火がどんどんと打ち上げられていき、

20:45に花火大会が終了するという流れとなっています。

 

こちらの花火大会の特徴としては

昼の時間帯に号砲や彩煙が打ち上げられるので、

1日中長良川を楽しむことができるような

ラインナップとなっています。

 

1日中楽しめるものでもあるため、

日中もたくさんの人たちが長良川を訪れています。

 

だからこそ早い時間帯からたくさんの人たちがいるため、

なかなか良い場所で花火が見られない!という方も多いです。

 

私も早めに行動しているつもりだったのに、

他の人たちはもっと早く行動していて、

結局良い場所で花火が見られなかった…、

なんていう経験を何度もしたことがあります。

 

だからこそ知っておきたいのが穴場スポットですよね!

スポンサードリンク

長良川花火大会が見られるオススメの穴場スポットは?

 

では長良川花火大会の花火が綺麗に見られる穴場スポットを

ここでご紹介いたしましょう!

 

まずは「長良川鵜飼いミュージアム周辺」です。

 

川の近くにあって花火も比較的近くで見られるスポットです。

 

また駐車場やトイレも近くにあるので、

お子さんを連れて見に行っても安心して利用できます!

 

最近では注目されてきている穴場スポットとなっているようですが、

会場付近ほどは混雑をしていないので、

かなり混雑しているのはちょっと嫌だなという方達にオススメです。

 

こちらへの交通アクセスは、

JR「岐阜駅」もしくは名鉄「岐阜駅」を下車して

バスに乗って15分後の「鵜飼屋」のバス停を下車して

徒歩6分ほどの場所にあります。

 

車で行く場合は東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」から約20分、

もしくは「関IC」から30分ほどで到着します。

 

次に「岐阜メモリアルセンター」です。

 

こちらではとにかく広い芝生がある場所となっているので、

ゆっくり座りながら花火を見ることができる

オススメスポットです。

 

特に地元の人たちからもオススメされている場所なので、

花火が綺麗に見られることは間違いないでしょう!

 

ちなみにこちらでは朝からの場所取りもすることができるので、

朝早くから行かないと場所が思うように取れない可能性がありますので、

その点は気をつけてくださいね。

 

こちらへの交通アクセスは、電車で行く場合は

JR「岐阜駅」もしくは名鉄「岐阜駅」からバスに乗って

20分後の「メモリアル正門前」「メモリアルセンター北」

「メモリアルセンター前」のバス停で降りてすぐです。

 

車で行く場合は東海北陸自動車道「一宮IC」から50分、

「各務原IC」から40分、「岐阜羽鳥IC」から40分ほどで

到着します。

 

次に「金華山頂上の岐阜城」です。

 

こちらは山頂となっていますが、山登りをする必要はなく、

ロープウェイでパッと山頂まで行けるので移動も楽々です。

 

岐阜城の天守閣から花火を見ることもできるので、

他の花火大会とは違った見え方がするのも

面白いポイントです。

 

ロープウェイは花火大会の時間が近づくとどんどん混雑してくるので、

早めに乗って移動してしまいましょう!

 

こちらへの交通アクセスは、電車で行く場合は

JR「岐阜駅」もしくは名鉄「岐阜駅」から長良橋方面行きのバスに乗って、

15分後の「岐阜公園・歴史博物館前」のバス停を下車して、

そこから岐阜公園内にあるロープウェイに乗って行くことができます。

 

車で行く場合は東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」から国道21号線、

国道156号線を通り、岩戸トンネルを左折して

鵜飼い大橋手前を左折して金華山トンネルを出た後にある

岐阜公園駐車場に駐車してから

ロープウェイで行く方法となります。

 

まとめ

 

岐阜県の中でも人気のある長良川花火大会は、

毎年本当にたくさんの人達で賑わっています。

 

さらに2週に分けて行われる大規模なもので、

歴史も長いものなので、昔からずっと見ているという方も

多いんだそうです。

 

それだけたくさんの人達に愛されている花火大会

ということがわかりますよね。

 

2017年もまた開催されることが決定されているようなので、

本当に楽しみになってきますよね。

 

また何ヶ所か穴場スポットもあるようなので、

こういった場所から花火を楽しむのも良いですよね。

 

長良川花火大会に興味を持たれたら、

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-花火大会
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

横浜スパークリングトワイライト花火2017!場所取りや交通規制は?

横浜の夜空を綺麗な花火が打ち上げられるイベント、 それが横浜スパークリングトワイライトです。   毎年開催されている花火大会ですが、 年々進化しており、新しい花火もたくさん登場してきています …

能代の花火がやってくる♪2017年の穴場はどこ?混雑状況は?

  みなさん、今年も夏がやってきますね~♪ 夏は楽しいイベントが沢山♪ 計画をたてるだけでもワクワクしてきますよね♪   全国各地で様々なイベントが開催されていますが、 やっぱり断 …

長良川花火大会2017は必見!場所取りはできる?駐車場はあるの?

  日本全国の中でもかなり大規模な花火大会として有名なのが、 岐阜県で行われている「長良川花火大会」です。   こちらの花火大会は「全国選抜長良川中日花火大会」と 「長良川全国花火 …

勝毎花火大会in2017穴場スポットはどこ?チケット席はある?

  楽しい夏休み♪   みなさんは、夏休みはどの様に過ごしますか??   お友達と遊んだり、家族で旅行に行ったり、 毎日部活があったり、夏休みなんてなく仕事があったり…。 …

神奈川新聞花火大会2017の穴場スポットや有料席のチケットは?

  神奈川県横浜市で毎年夏に開催されており、 2016年で31回目を迎えたこちらの神奈川新聞花火大会は、 全国屈指の規模を持つ大規模な花火大会となっています。   横浜市といえば、 …