トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

三社祭2017年の日程とは?見どころと交通規制について!

投稿日:

みなさん「三社祭」というお祭りをしっていますか?

毎年5月に浅草神社で行われる例大祭で

 

「江戸三大祭」の一つとされており

毎年たくさんの見物客が訪れる人気のお祭りです。

 

例年5月の第3週に開催されており

荒々しく担がれる神輿が名物です。

 

今回はそんな「三社祭」について

2017年の日程、見所そして交通規制について

ご紹介します。

 

スポンサードリンク

 三社祭とは?2017年の日程

毎年多くの見物客で賑わいを見せる「三社祭」ですが

そもそもなぜ「三社祭」というのでしょうか。

 

時は682年飛鳥時代

檜前浜也(ひのくまのはまなり)竹成(たけなり)兄弟が

漁をしていたときのこと

 

網には魚がかからず、人型の像がかかり

兄弟はその像を投げ捨てるのですが

何度もその像がかかるので不思議に思った兄弟は

 

その像を持ち帰り、土師中知(はじのなかとも)という

人物にいきさつを話し、像を見せると

 

その像が聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)

という観音様であることがわかりました。

 

そして土師中知聖観世音菩薩像を祀り

自宅を改装しました。

 

これが浅草寺の基となっており

のちに出家した土師中知の没後、嫡子が夢の中で

 

「自分を拾い上げ、祀った3人を神として祀るように」

 

このお告げに従い

檜前浜也、竹成、土師中知の3人を祀りました。

 

三社とはここからきているのです。

 

さて、2017年の日程ですが

例年5月の3週目に行われるます。

 

今年も例年通りに行われますので

2017年の開催日は5月18日(木)、19日(金)、

20日(土)、21日(日)です。

 

各日程ついては

・2017年5月18日(木)

19:00 本社神輿御神霊入れの儀 斎行

 

・2017年5月19日(金)

13:00 名物大行列執行(雨天中止)

浅草組合前‐柳通り‐馬道通り‐雷門通り

‐雷門‐仲見世‐浅草神社 (東廻り)

14:20 無形文化財 神事びんざさら舞 神社拝殿にて奉納

15:00 無形文化財 神事びんざさら舞 浅草神社神楽殿

にて奉納(神楽殿のみ雨天中止)

15:30 各町神輿 神霊入れの儀 (拝殿・幣殿)

 

・2017年5月20日(金)

10:00 例大祭式典斎行

12:00 町内神輿連合渡御 西部十五ヶ町

13:00 南部十六ヶ町

14:00 東部十二ヶ町

 

・2017年5月21日(金)

6:00 本社神輿 氏子宮出し

21:00(宮入り後) 本社神輿神霊返しの儀

 

となります。

 

予定がぎっしりで見所満載ですが

一番の見所はやはり御神輿だと思います!

 

神輿とはご神体が乗る輿のことです。

ちなみに、ご神体とは、神様が宿る物体のこと言い

 

神輿を担いで各地区を練り歩くのは

神様に各地区を見ていただくためなんだそうです。

 

その際、神輿を掛け声と共に揺さぶるのは

「魂振り(たまふり)」を行うことで神様の霊威を高め

豊作、豊漁、疫病退散の効果があるとされているからです。

 

賑やかな祭囃子とともに

神輿を担いで練り歩く姿は迫力満点ですよ!

スポンサードリンク

交通規制について!

「三社祭」3日目

例年はこの日に神社周辺で交通規制が敷かれ

雷門通り、馬車通り、並木通りが通行禁止となります。

 

元々、浅草周辺は観光客などで混雑していますが

期間中は特に混雑します。

 

公共の交通機関を利用していく場合

地下鉄で行くのがおススメです。

 

銀座線の浅草駅の1番出口を出るとすぐ雷門ですが

混雑しているので、貴重品の管理はしっかりしましょう!

 

私は「三社祭」の期間中ではないですが

浅草に行ったとき人多さにびっくりしました。

 

会場は混雑のため人とぶつかったりしますが

周りの気配りを忘れず気持ちよく見物しましょう。

 

祭り期間中はそれ以上ですから

相当な混雑でしょうね~

 

身動きがとりづらくなりますし

荷物が多いと大変なので、なるべく身軽な恰好で

行った方がいいでしょう!

 

まとめ

 

まとめると

・2017年の「三社祭」は

5月18日、19日、20日、21日

・見所は「御神輿」

となります!!

 

私のお祭りに対するイメージは

御神輿を荒々しく担いでる熱いイメージなのですが

 

この「三社祭」

その祭りのイメージそのままに熱く、激しいお祭りです。

 

混雑が予想されますが、間近で見ると迫力満点です。

行ってみる価値は充分にありますよ!

スポンサードリンク

-お祭り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葛飾菖蒲まつり2017!!水元公園の開花状況は!?  

毎年、梅雨の嫌な時期でも楽しい気持ちにさせてくれる 葛飾菖蒲まつりが今年もやってきますよ!! みなさん、花菖蒲の見頃時期や2会場について 予習しておきたくないですか?   ここで、少しおさら …

川越祭りin2017♪日程や時間はいつ?アクセスや交通規制はある?

  みなさんの住んでいる地域でも、お祭りはありますよね。   その地域を活かしたお祭りだったり、 遠方からも来られるような大きなお祭りだったり。   大勢が集まってワイワ …

七夕の意味と由来は?七夕の伝説を簡単に説明します!!

7月7日といえば「七夕」 みなさんも一度は短冊に願い事を書いて 笹に飾ったことがあるのでは? 私も幼少期に保育園でやった気がします。   また、七夕の時期になると日本各地で 「七夕まつり」が …

京都五山送り火2017は必見!綺麗に見える穴場スポットはどこ?

  京都の夏の風物詩とも言われている京都五山送り火。   皆さんがご存知なのは、やはり「大文字」ではないでしょうか?   これはお盆の時期でもある8月16日に開催されるも …

神田祭の歴史を考えてみよう!時代とともに変化する祭を堪能すべし!

  京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に 「日本の三大祭」の一つにも数えられている 東京の神田祭。   豪華絢爛な大名行列と、にぎやかな曳物行列、 そして能や舞など、 日本の伝統芸能も …