トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

春イベント

ラブレターの日って知ってる?その由来や意味をご紹介!

投稿日:

若かりし青春時代、ラブレターをもらったり、

送ったりした経験はありますか?

 

ノートの切れ端に書いてみたり、必死に便箋を選んでみたり、

何度も何度も書き直したり・・・

 

いろんな思い出があることでしょう。

 

私も学生時代に書いてことがありますが、

夜にずっと書いていたので朝見たら内容がひどく

渡す前にゴミ箱へ捨てました(笑)

 

私はともかく甘酸っぱい思い出がある方も、

たくさんいらっしゃいると思います!

 

そんな、甘酸っぱい思い出を1日中かみしめられるのが

「ラブレターの日」

 

・・・そんな日、あるの?!

 

という方のために、

今日は「ラブレターの日」についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

ラブレターの日って一体?

 

そもそも、本当に「ラブレターの日」なんてあるの?

という方へ。

 

調べて見ると、あるんです。

 

5月23日。

 

ラブレターの日があるなんて、

とってもロマンチックな日ですよね。

 

この日を制定したのは、映画会社の松竹。

松竹っていう映画会社なら知っている方も多いと思います!

 

5月23日

523

「こいぶみ」とゴロ合わせで読めますよね。

 

また、浅田次郎原作の映画「ラブ・レター」

の公開初日でもありました。

 

このため、5月23日が恋文の日、ならぬ「ラブレターの日」

となったのです。

スポンサードリンク

 

どうやって過ごそう?

ラブレターの日と分かったら、

さて、どうやって過ごしましょう?

 

年に1度のラブレターの日。

 

せっかく覚えたのも何かのご縁、たまには気分を変えて、

 

彼氏や奥さまにラブレターを書いてみるのは

いかがですか?

 

 

急にそんなことしたらかえって怪しまれる・・・

という方もいらっしゃるかもしれないですね。

 

でも、ラブレターという名前で

身構えてしまっているだけかも。

 

大好きなアイドルに送るファンレターも

ラブレターの一種。

 

「いつもありがとう」という何気ない感謝の気持ちを

彼女やだんなさまに伝えるだけでも

立派なラブレターだと思います。

 

もらってうれしくないもの、ではないですよね。

 

今は何でもLINEなどネット上のコミュニケーションで

すべてが済んでしまう時代。

 

だからこそ、手書きの、心のこもった字で「ありがとう」

「大好き」って書いてあったら印象に残るし、

気持ちはストレートに伝わるでしょうね。

 

これもラブレター

 

参考までに、日本語文章能力検定協会が

2009年から実施していた

「心に響く三行ラブレター」

というコンテストからいくつか、

心に残ったラブレターをご紹介しましょう。

 

 

“『まだ彼氏と続いているのか?』と探る父。

『まだ続いているのか・・・』と落ち込む父。

お父さん、そろそろ心の準備をしてください。”

(24歳女性)

 

ちょっと切なくなってしまう、

大好きなお父さんへのラブレターですよね。

 

 

“朝おきて、誰もいない台所に

ポツンと置いてある、まだ温かいお弁当。

もう少し早く起きたら、ありがとうと言えたのに。”

(17歳男性)

 

朝早くからお仕事をされているお母さんへの

感謝の気持ちが本当によく伝わってきます。

 

 

“突然この世を去った君

寂しくて会いたくてすぐ行きたいけど

もう少し仕事をさせてくれ

昔みたいに遠距離恋愛の始まりだな”

(70代男性)

 

しみじみと考えさせられる、「これぞラブレター」

と思わせるものですよね。

 

このように、先ほどもお話しましたが、

ラブレターって単に「愛の告白」

だけではないと思いますよ。

 

まとめ

いつもメールやLINEなどで手軽に気持ちを伝えられる時代。

 

こんな時代だからこそ、手書きのラブレターに

挑戦してみませんか。

 

何度も書いたり消したり、便箋も封筒もそろえて、

丁寧な字で、しっかりと。

 

それでも恥ずかしい場合は少しぐらい、

くだけた文章で書いてみたらいいと思います!

 

気持ちが伝わりますように。

スポンサードリンク

-春イベント
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さくらんぼ狩りが楽しめる関東のおすすめスポットはどこ!?

美味しいさくらんぼをたくさん食べたい! そんな方達にぜひオススメしたいのが、さくらんぼ狩りです。   たくさんあるさくらんぼを摘むのも楽しいですし、食べるのも楽しいので、 さくらんぼの時期に …

八十八夜 2017年はいつ?意味と由来はなんだろう?

「夏も近づく八十八夜」 聞いたことありませんか?   「茶摘み」という文部省唱歌の歌いだしですが 一度は聞いたことあるかと思います。   学校で音楽の授業で聞くことが多く有名ですが …

五月晴れの意味とは!?使い方と俳句もご紹介!!

五月晴れの意味ってご存知ですか⁇   五月晴れは有名な俳人も使う立派な季語で、遥か昔から 日本人に親しまれていた日本語の一つです。   そんな五月晴れ、「ごがつばれ」と「さつきばれ …

プラレール博がまた東京に!2017年の見どころと混雑情報を教えます!

子供も大人も大好きなプラレール。   自分の好きなようにレールをつなげ、 気に入った電車を走らせる・・・   大人になっても、子供と一緒になって遊べる、 本当に楽しい夢のあるおもち …