トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

東京都府中市のくらやみ祭りとは?歴史や由来をご紹介!

投稿日:


出典: http://tonbitoyosuke.at.webry.info/200902/article_8.html

 

東京都の府中市にある大國魂神社で行われているくらやみ祭り。

 

このお祭りは毎年4月30日〜5月6日まで行われており、

日夜、賑わっているお祭りで、

訪れる人達は70万人を超えるほどの大規模なものです。

 

70万人を超える規模のお祭りとなると、

相当な人数で盛り上がっていることが想像できますね!

 

私も一度はこういった賑やかなお祭りに

家族皆で参加したいものです。

 

この1週間は盛り上がるこの大規模なお祭りですが、

毎年お祭りを見に来ている方達の中でも、

 

このくらやみ祭りの歴史や由来ってどういうものなのか

知らない!という方も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで今回はくらやみ祭りとはどのようなお祭りなのか、

その歴史や由来とはどのようなものなのかということについて

ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

くらやみ祭りとはどんなお祭り?


出典: http://www.daisharin.co.jp/blog/030/?p=674

 

ではまず最初にくらやみ祭りとは

どのようなお祭りなのかをご紹介します。

 

くらやみ祭りは、

東京都府中市にある大國魂神社で行われる例大祭で、

この神社にとっても重要とされているお祭りです。

 

この神社は第12代天皇の景行天皇の頃に創祀されたもので、

その歴史は1000年以上にも遡っていきます。

 

この神社では源頼朝の妻である北条政子が

安産祈願のために訪れたり、

新撰組の近藤勇が天然理心流を襲名した場所である

とも言われておりと、由緒正しい神社となっています。

 

その神社に祀られている大國魂大神は、

武蔵国(現在の府中市付近)を守護していた神様で、

長い間武蔵野を見守ってきました。

 

そんな大國魂大神に感謝の気持ちと、

これからもよろしくお願いしますという意味を

込めて行われるのが、このくらやみ祭りというわけです。

 

このくらやみ祭りは室町時代から行われていたと言われており、

今では東京都の無形民族文化財に指定されているほど

歴史が深いお祭りです。

 

元々府中市の人口は25万人と言われていますが、

くらやみ祭りが開催されている時は70万人が集まる

ということで、府中市民でない人達からも注目されていることが

わかります。

 

私も府中市民ではありませんが、一度は行きたいお祭りなので、

それだけ格式高い、見応えのあるお祭りということなのでしょう。

スポンサードリンク

くらやみ祭りの歴史や由来とは?


出典: http://www.rokusya.net/oldday_02.html

 

ではそんな格式高いくらやみ祭りの歴史や由来とは

どのようなものなのでしょうか?

 

先ほどにも少し記載しましたが、このお祭りの起源は

今から1000年以上も前に遡っていきます。

 

この頃の地域一帯は武蔵国と呼ばれており、

府中市はその中心である国府とされていました。

 

そしてその国府のさらに中心とされた国衙が、

この大國魂神社の近くに設置されました。

 

そして年に1度、国府祭ということで大國魂神社に

武蔵国にある選ばれた6つの神社から

御祭神の御霊を神輿に乗せて、集まったこと

くらやみ祭りの始まりだと言われています。

 

大國魂神社は確かに近くに国衙があったとされていますが、

その神社の佇まいもとても壮大なもので、

6つの神社の神様が集まる場としてもふさわしい場所だなと

私は思いました。

 

ちなみに、何故「くらやみ祭り」という名称になったのかというと、

このお祭りのメインでもある「神輿渡御」が夜に行われることから

由来しており、

昔はなんと深夜0時からスタートしていました。

何故こんなに遅い時間に行われたのかというと、

神様という尊い存在は、

私達人間が目にすることは許されない

と言われ続けてきたからで、

毎年深夜に厳かに行われていた行事でした。

 

その時には街中の灯りを全て消し、

本当に真っ暗な状態で行われていたんだそうです。

 

ですが今では深夜でやることもなくなり、

夕方の18時くらいから行われるのが一般的となりました。

 

日が暮れた頃から行うというのは

昔から変わっていないようですね。

 

こういった長い歴史と由来があるお祭りということで、

やはり古来日本での伝統行事が

今まで受け継がれているということになり、

ますます歴史の重さというのを実感することができますね。

 

まとめ


出典:http://ganref.jp/m/achi-2569/portfolios/photo_detail/

 

くらやみ祭りというのは昔から日本で行われている

伝統的なお祭りだったんですね!

 

神社のお祭りとなると日中にやっているイメージがあったので、

夜がメインのお祭りなんて珍しいなって思います。

 

それでもやっぱり写真を見てもわかるように、

非常に活気溢れるお祭りお祭りとなっていますね!

 

私も機会があったら是非一度は見に行きたいなと思います。

 

ぜひ皆さんもゴールデンウィークの予定が決まっていないなら、

このくらやみ祭りに参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-お祭り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

川越祭りin2017♪山車のルートや混雑具合はどうなっているの?

  埼玉県の川越はもともと観光客で賑わっていますが、 その中でも一番盛り上がる時期といえば、 川越祭りですよね。   毎年100万人ほどの人が集まる大きなお祭りなんです♪ &nbs …

鳥越神社大祭とは!?日程や歴史、見どころも徹底紹介2017年版!

 鳥越神社大祭、皆さんどんなお祭りかご存知ですか⁇   毎年6月に行われるこちらのお祭り、 2015年は6月6日、7日、 2016年は6月11日、12日と 6月9日に近い土日が開催日のようで …

入谷朝顔祭り!!2017年の日程や時間は? 見どころはずばりココ!!

    みなさん、 朝顔って小学校の頃に授業の一環として 自分の鉢に朝顔の種を撒いて、 育てたことありませんか?   私は小学校の授業でありました。 自分で最初から最後ま …

仙台七夕祭りの由来や起源や歴史を知って祭りを楽しもう!

東北三大祭りの1つでもある「仙台七夕祭り」は、 毎年200万人以上の方が訪れるお祭りとなっているほど有名で、 七夕祭りといえば仙台七夕祭りだと言われるくらい 歴史の長いものとなっています。 &nbsp …

神田祭の神輿の数ってどのくらい?巡行ルートをご紹介!

神田祭ってご存知ですか?   神田祭は、東京の下町、千代田区神田にある、 商売の神様として有名な神田明神が中心となって行う、 2年に1度の大きなお祭りです。   2年に1度、と聞く …