トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

こどもの日

こどもの日の由来とは?子供向けにわかりやすく解説!

投稿日:2017年2月3日 更新日:

5月5日はこどもの日ですよね!

この日になると鯉のぼりがあちこちで見られるようになったり、

柏餅を食べたり、兜や鎧を飾ったり、

菖蒲湯に入ったりと様々なことをしますよね。

 

そんな中、ある日友達の子供から「こどもの日ってどういう日なの?」

と聞かれたことがあります。

 

正直私は祝日の1つだと思っており、

どういう日なのか説明することができませんでした。

 

もちろん私の友達もどういう日なのか知らなかったようで、

上手く説明することができなかったんだそうです。

 

皆さんも自分の子供や友達の子供から

「こどもの日ってどういう日?」と聞かれると焦ってしまいませんか?

 

そこで今回はこどもの日の由来について解説いたします!

 

また、何故鯉のぼりや鎧や兜を飾ったり、

柏餅を食べたり菖蒲湯に入るのかという意味も併せてご紹介します。

 

大人だけではなく子供にどう説明すれば良いのかもお伝えいたしますので、

もし聞かれたらしっかり答えられるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

こどもの日の由来とはどういうものなの?

こどもの日というのは別名「端午の節句」とも言われています。

 

これは元々日本にあった風習に

中国から伝えられた風習が組み合わさって

できたものだと言われています。

 

日本では元々、五月忌みと呼ばれる風習があり、

この時期になると男性は外に出ていき、女性は家の中にこもって

田植えの前の穢れを祓うための儀式を行うようにしてきました。

 

一方で中国から伝わったと言われている風習というのは、

厄を祓うための行事です。

 

中国では厄を祓うのに菖蒲やヨモギを軒に飾るという風習がありました。

 

この菖蒲やヨモギが邪気などの悪い気を祓ってくれるということで、

この時期はたくさんの菖蒲やヨモギが飾られていました。

 

この中国の風習が日本に伝わったことによって、

女性が籠る家の前に菖蒲の花を飾ったり、

菖蒲酒を飲んで身体を清めるという風習になったというわけです。

 

昔から言い伝えられている日本の風習は、

意外と中国から伝えられているものが多いんですね!

 

これが今でもしっかり伝えられているというのはすごいことだと思います。

 

このような風習がずっと続いて鎌倉時代になった頃に、

菖蒲が剣の形に似ていると言われるようになり、

端午の節句は男の子の成長を祝い、

今後の健康を祈るためのものに変わっていき、

今の世の中でも言い伝えられるようになりました。

 

また兜や鎧を飾るという風習がありますが、

これも鎌倉時代の武士に関わっています。

 

兜や鎧というのは武士にとって自分の身を守るのに欠かせないものでした。

 

それによって、兜や鎧は男の子の身を守るということで、

無病息災を願うために飾るものと言い伝えられるようになりました。

 

そしてこどもの日に欠かせないのが「こいのぼり」ですよね!

 

実は日本では江戸時代からこいのぼりが飾られていたんです。

 

こいのぼりが登場する前は「のぼり」を立てることで、

男の子の誕生をお祝いしていました。

 

それだけ当時は男の子が産まれるということが、

喜ばしいことだったというわけですね!

 

のぼりがこいのぼりに変わっていったのは、

「立身出世をするように」という願いを込めるために、

鯉が滝登りをしている様子をイメージするために、

庶民が鯉を描くようになったことから始まったと言われています。

 

こういった風習は庶民から生まれていたというのは驚きです。

 

確かに鯉が滝登りをすると龍になると昔から言われていますが、

それを自分たちの子供に当てはめて、

立派な男の子に育ってほしいという願いを込めるというのは、

本当によく考えたものだなって思います。

 

また柏餅を食べるというのもありますが、

これは柏の葉が「新芽が出るまで落ちることがない」という特徴があることから、

今後も家系が途絶えることがないという意味がありました。

 

昔から日本では家系を重んじる風習があったこともあり、

江戸時代から柏餅を食べるようになったんだそうです。

 

何気なく食べていた柏餅は縁起物だったんですね。

 

まさに日本らしい素晴らしい風習だと思います。

 

このように時代が進むにつれて今のこどもの日に近づいて、1978年に

【こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかりながら、母親に感謝する日】

という意味を込めて、こどもの日が制定されました。

 

日本で最初は田植えの前の穢れを祓う儀式から始まったものが、

長い年月をかけてこのような日に繋がるというのは、

本当にすごいことだと思います。

 

こどもの日にはこんなに長い歴史があったんですね!

スポンサードリンク

こどもの日の由来を子供にわかりやすく説明するには?

 

さて上記にこどもの日の由来や、

それにまつわるものの意味をお伝えしてきましたが、

これを子供にわかりやすく教えたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

まずは

「こどもの日というのはどういう日なのか」

と聞かれた場合は、

 

「こどもが健康で幸せに育つようにと願う日だよ」

と教えてあげましょう。

 

自分のための日なんだとわかると、

子供としてもやっぱり嬉しいものなので、

ハッキリとした意味を教えてあげるのがポイントです。

 

また、「何で菖蒲湯に入ったり、鎧や兜を飾るの?」

と聞かれた場合は、

 

「これは◯◯君が健康に育っていき、

病気や災害に巻き込まれないように守ってくださいと

お願いするために飾るんだよ」

 と教えてあげましょう。

 

特に菖蒲湯というのは滅多にやらないものなので、

疑問に思う子供達も多いと思います。

 

なので健康を祈るためのものというのをしっかり伝えてあげましょう。

 

また、

「何でこいのぼりを飾るの?」

と聞かれた場合は、

 

「これは◯◯君が立派に育ちますようにと願って飾るんだよ」

と教えてあげましょう。

 

ついつい「鯉が滝を登ると立身出世する」というようなことを言いがちですが、

子供のうちはやっぱりピンっとこないものなので、

ただ「立派に育ちますようにという意味だよ」

と教えてあげるのがポイントです。

 

そして「何故柏餅を食べるの?」と聞かれた場合は、

 

「◯◯君にはお母さんとお父さんがいて、

その上にお爺ちゃんお婆ちゃんがいるよね。

 

このように家族がずーっと続きますようにと

願いを込めて食べるものなんだよ」

 

と教えてあげましょう。

 

小さい子供のうちはわからないかもしれませんが、

家族というものがわかるようになってくると、

こうやって教えてあげると非常にわかりやすいと思います。

 

【こちらの関連記事もぜひ!】

こどもの日のイベントを東京で無料で楽しめる場所!

鯉のぼりの意味と由来は? 端午の節句は中国から伝わった?

こどもの日!人気とおススメのプレゼントランキングBEST5!

 

まとめ

 

こどもの日というのはあまり気にしたことがなかったけれども、

長い歴史を経てできた記念日だったんですね!

 

なかなか子供に説明するのも難しいかなと思うかもしれませんが、

上記で紹介したような方法で伝えれば、

子供にもわかりやすく伝えられそうです!

 

それにしても、こいのぼりや兜や鎧といったものは、

子供の幸せを願い続けた人達が考えたもので、

とても素晴らしい風習が伝えられてきたんだなって思います!

 

せっかくこうした素晴らしい風習があるのだから、

しっかりとこどもの日の意味を知っておいて、

自分の子供の健康と幸せを願ってあげましょう!

 

スポンサードリンク

-こどもの日
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こどもの日!人気とおススメのプレゼントランキングBEST5!

5月5日は「こどもの日」 子供の健やかな成長をお祝いする日です。   「こどもの日」というのは 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる とともに、母に感謝する」と昭和の時代に定めら れ …

鯉のぼりの意味と由来は? 端午の節句は中国から伝わった?

5月5日は「こどもの日」   「こどもの日」というのは 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」 と昭和の時代に定められた祝日ですが 男の子の節句と言われる「端午 …

こどもの日のイベントを東京で無料で楽しめる場所!2017年度版

皆さんは、今年のこどもの日の予定は決まっていますか?   こいのぼりを飾って菖蒲湯に入って、 家でまったりと過ごすというご家庭もあると思いますが、 やっぱりゴールデンウィークの中の祝日という …