トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

勝毎花火大会♪2017年の日程や時間、アクセスや交通規制は?

投稿日:

 

夏の大イベントの一つとして、花火大会がありますよね♪

 

家族で行ったり、お友達と行ったり、

カップルで行ったり、一人で行ったり。

 

どんなメンバーで行こうが、楽しい夏の思い出になると思います。

 

今では、本当に色々な花火大会が開催されるようになりましたよね。

 

陸や水、音楽に合わせて…などどれも私達を楽しませてくれています。

 

花火大会は夏に大体行われているので、

夏休みを利用して旅行がてら遠くの花火大会を楽しむ方も

いるのではないでしょうか?

 

今回は、旅行にももってこいの北海道で行われている、

勝毎花火大会についてお話をしていきますね。

 

2017年の日程や開催時間、

アクセス方法や交通規制はどうなっているのか、

お伝えしていきます!!

 

スポンサードリンク

勝毎花火大会について知りたい!!

 

今回、初めて勝毎花火大会へ行く方もいると思います。 

 

まずは、勝毎花火大会とはどんな花火大会なのか

お話ししていきますね♪

 

勝毎花火大会は、北海道帯広市で毎年行われている

北海道で最大の花火大会なんです。

 

十勝毎日新聞社が主催となっていて、

花火大会の大会名も、十勝毎日新聞社を略して

勝毎花火大会になっているそうですよ。

 

会場は、十勝大橋下流側にある特設会場で行われています。

 

勝毎花火大会は、5部構成となっていて

どの部もテーマに基づいた演出で花火が打ち上げられているんですよ。

 

打ち上げ数は、過去には4万発を打ち上げたこともあったんですが、

今では約2万発の花火が私達を楽しませてくれます。

 

最近では、コンピューターによるタイミング制御で、

音楽や炎、レーザー光等と同期した演出打ち上げや、

仕掛けも行われていて、エンターテインメント化

進められているんです。

 

フィナーレでは、打ちあがる玉が全て

「錦冠(大きく長く尾を引く花火)」の連発となるのが、

この花火大会の恒例となっていて、

これは勝毎花火大会の代名詞ともいえるほどなんですよ♪

 

昨年の勝毎花火大会の様子を動画で載せておくので、

ぜひ見てみてくださいね♪

 

 

日程や時間が知りたい!!

 

勝毎花火大会は、8月13日(土)に開催されます♪

 

実は毎年同じ日に開催されているんですよ。

 

お盆休みに入っている方も多いでしょうから、

全国から人が集まりやすくなっているともいえますね。

 

2017年は、日曜日の開催となりますので

お盆休みでなくても仕事が休みの人もいるかも??

 

花火の打ち上げ時間は、

19時30分から20時50分までとなっています。

 

荒天の場合には翌日に延期となります。

スポンサードリンク

アクセス方法は??

 

アクセス方法としては、電車と車の2パターンがあります。

 

電車の場合、JR帯広駅から徒歩20分。

 

帯広駅前からシャトルバスが出ているので、

そちらを利用して会場に向かうのも良いですね。

 

車の場合、音更帯広ICからアグリアリーナ特設駐車場まで約1分。

 

特設駐車場は無料なので、嬉しい限りです。

 

そこからシャトルバスで、約20分。

 

または、帯広広尾道帯広川西ICから

北愛国交流広場特設駐車場まで約5分。

 

そこからシャトルバスで約20分。

 

駅前からのシャトルバスは往路のみなんですが、

アグリアリーナと北愛国交流広場は復路もありますのでご安心を。

 

花火大会会場の近隣には駐車場がないので、

シャトルバスの待ち時間がかなり長くなることを

頭に入れておいてくださいね。

 

交通規制はあるの?? 

 

花火大会がどんなに楽しくても、

帰り道が混んでしまうと、ドッと疲れてしまいますよね

 

仕方ないことなんですが…。

 

勝毎花火大会は北海道で最大の花火大会ということもあり、

かなりの人が見に来ます。

 

なので、混雑することは当たり前。

 

覚悟のうえでお出掛けをしたほうが良いと思います。

 

もちろん、交通規制もありますよ!!

 

当日は、午前9時~午後10時まで、

会場周辺で立ち入り禁止区域が設けられます。

 

お盆という事もあって、人の出入りもすごいでしょうから

お近くに住まれている方徒歩で行った方が良いでしょうね。

 

 

まとめ

 

北海道で最大といわれる勝毎花火大会!!

 

開催される時期もお盆休みのころなので

遠くの方も旅行としてお出掛けしやすいと思います。

 

花火大会の会場近隣には駐車場はありませんが、

シャトルバスが出ているので安心

 

かなりの混雑も予想されるので、

花火を最後まで見たい気持ちも分かりますが、

終わりの時間が近づいてきたら少しずつ帰る準備を始めて

少しでも混雑を避けられると良いですね。

スポンサードリンク

-花火大会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足立花火大会2017!日程や時間は!?気になる穴場スポットもご紹介!!

毎年やってくる夏の初めにある足立花火大会。   毎年7月に行われていてここから夏休みが始まる という方も多いのではないでしょうか?   実は100年もの歴史ある花火大会のようで、 …

男鹿日本海花火2017は必見!穴場スポットは?プロポーズもOK!

  本来は「男鹿市に活力と夢を与えたい!」という願いから始められた、 この男鹿日本海花火は、回数を重ねていく毎に注目されるようになり、 今では秋田県の中でも有名な花火大会として 多くの人達に …

四日市花火大会2017は必見!穴場スポットは?有料席はある?

  毎年夏になると三重県四日市市で大人気の花火大会が 開催されます。   それが四日市花火大会といって、毎年4万人前後の見物客が訪れ、 その大規模な花火大会を楽しんでいるようです。 …

平塚七夕祭りとは!?花火はあがる?2017年の情報を大公開!!

平塚七夕祭りってご存知ですか⁇   毎年七夕の時期に神奈川県平塚市で行われるお祭りのことです♪   平塚市といえば海に面していて、湘南といった方が わかりやすいかもしれません。 & …

熱海海上花火大会2017を見たい!穴場スポットや打ち上げ場所は?

  温泉リゾート地としてとても人気のある熱海ですが、 実はここでは熱海海上花火大会という花火大会も また必見です。   海の上を色とりどりの花火が打ち上げられ、 とても幻想的な光景 …