トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

花火大会

春日井市民納涼まつりの花火2017!穴場や場所取りや有料席は?

投稿日:

 

愛知県春日井市では定番の夏祭りとして、

「春日井市民納涼まつり」というものがあります。

 

例年華やかな花火が打ち上げられており、

昨年では40回目を迎えたこともあって

記念イベントや花火の打ち上げ数も増加されており、

さらに大盛り上がりを見せたものとなりました。

 

私も夏には納涼まつりに行くのが定番となっていますが、

やはりこれだけの大規模な納涼まつりとなると、

絶対1度は行くべきお祭りだろうなって思います。

 

ではそんな大盛りあがりを見せる春日井市民納涼まつりですが、

やはりたくさん人がいることもあり、

穴場スポットで花火を見たいという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はこのお祭りの花火を見るにあたって

オススメしたい穴場スポットや、場所取りの方法や有料席についても

ご紹介していきたいと思います。

 

ぜひチェックしておいてくださいね!

 

スポンサードリンク

春日井市民納涼まつりとはどんなお祭り?

 

では人気のある春日井市民納涼まつりですが、

一体どんなお祭りなのでしょうか?

 

このお祭りは2017年も開催されることが決定しており、

日時は2017年7月22日(土)となっており、

荒天中止の場合は次の日の23日(日)に

順延する予定となっています。

 

具体的な時間はまだ未定となっており、

場所は落合公園となっています。

 

この落合公園は「日本の都市公園100」にも選ばれているほどの

大規模な公園となっており、通常時でも人が集まる公園です。

 

そこから打ち上げられるスターマインなどの華やかで色とりどりの花火が、

昨年では4,000発打ち上げられたようで、

訪れた人たちを圧巻させてくれました。

 

そんな花火大会の様子がこちらです!

 

第40回 春日井市民納涼まつり フィナーレ

 

やはり記念するべき40回目の花火ということもあり、

かなり大々的に打ち上げられていましたね。

 

 

さらに連発していても1つ1つの花火が綺麗に見えるので、

迫力満点でありながらも丁寧に打ち上げられていることがわかります。

 

 

またこちらのお祭りでは、花火大会だけではなく

誰でも気軽に参加できる盆踊り大会であったり、

氷の彫刻や風鈴コーナーといった涼しさを

演出してくれるようなものもあります。

 

またたくさんの夜店も出ていたりしているので、

日中でも子供から大人まで十分に楽しむことができます。

 

ぜひ一度は立ち寄ってみたいお祭りですね!

スポンサードリンク

花火が見える穴場スポットは?場所取りはできる?

 

これだけ大規模な花火大会となると、やっぱり一度は見てみたいもの。

 

しかしやっぱり人混みが嫌でなかなか見られないといった方たちに、

今回はオススメしたい穴場スポットをご紹介します。

 

まずは「フィール春日井店駐車場」です。

 

こちらは落合公園から出発して451号線と19号線を通っていくと、

フィールがあり、その駐車場から眺める花火は

遠くから見ても本当に絶景だと評判です。

 

これは落合公園からある程度距離が離れているため、

会場付近ほど混雑はしていない穴場スポットとされています。

 

ここなら飲み物も購入できますし、トイレも近いので、

お子様連れのご家族の方達でも安心して利用することができます。

 

こちらへの交通アクセスは

中央本線「神領駅」を下車して徒歩26分となっており、

駅から徒歩で行くのはちょっと大変です。

 

地元の方達は自転車で行く人もいるようですが、

基本的に車で移動する人たちにオススメされています。

 

もちろんタクシーなどを使っていくこともできるので、

そういった交通機関を利用した方が疲れずに済みます。

 

また他にも「名古屋のテレビ塔」からも

花火を楽しむことができて、

夜景と一緒に楽しめるという魅力もあります。

 

しかしこちらはやや混雑している傾向があるので、

こちらから見る時は早めの行動を心がけておきましょう。

 

名古屋テレビ塔への交通アクセスは、

地下鉄名城線の東山線「栄駅」を下車して、

3番もしくは4番出口から出て徒歩3分ほど

もしくは地下鉄名城線の桜通線「久屋大通」駅を下車して

南改札を出て4B出口から出てすぐです。

 

また、花火大会に際して場所取りをしようと考えるかもしれませんが、

最近になって春日井市民納涼まつりの開催側から、

「場所取り禁止」の看板を立てるようになっており、

花火大会の前の場所取りができなくなっているようです。

 

確かに人が行き来するような場所に、

花火大会の前から場所取りをしてしまうと邪魔になってしまうので、

この対策は仕方ないことかもしれません。

 

また落合公園自体がかなり広い公園となっているので、

場所取りをしなくても花火が見える場所を取ることができます。

 

しっかりとルールを守って皆が気持ちよく花火が見られるように、

協力していきましょう!

 

有料席を利用するのも手!

 

落合公園は確かに広い公園ではありますが、

やっぱりそれでも良い席で花火を眺めていきたいですよね。

 

でも早い段階での場所取りも禁止されているし、

かといってギリギリに行ったらもうたくさん人がいた!

なんていうことになるとガッカリしてしまいますよね。

 

そこで確実に良い席を手に入れるためにオススメしたいのが、

会場で設けられている有料席を利用することです。

 

2017年の情報はまだ出ていませんが、

2016年の時は先着700名までで1人2,000円で

ゲットすることができます。

 

実際にこの有料席から花火を見た人たちからは、

いつもこういった大規模な花火大会だと、

なかなか良い席が取れないものですが、

有料席をゲットしたおかげでのんびり会場に行けました!

 

もちろん有料席から眺める花火は最高です!

 

迫力満点で購入して良かったなと思いました】

 

というように喜びの声が多数挙げられていました。

 

確実に迫力のある花火を見たい!という方は、

ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

春日井市民納涼まつりは大規模なお祭りですが、

会場もとても広いので比較的座って

花火が見やすいとも言われています。

 

場所取りも禁止されているようですが、

ギリギリになりすぎると人がたくさんいるので、

様子を見ながら良い席を確保するしかないようです。

 

ですがこちらでは毎年有料席が設けられているようなので、

そういった場所を利用すると確実に良い席で

迫力満点の花火が見られます。

 

また穴場スポットもあるようなので、

そういった所も利用してみると良いでしょう。

 

広い会場でのお祭りだと様々な屋台が出ているので、

花火大会前でも十分に楽しめるんですよね!

 

私も屋台を見るだけで本当に楽しい気持ちになるので、

ついつい明るいうちからお祭りに行ってしまうほどです。

 

皆さんもぜひ花火大会の前には、

こういった屋台に立ち寄って楽しんでみてください!

 

そして良い席で花火を楽しみましょう!

スポンサードリンク

-花火大会
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真岡市夏祭り大花火大会2017の情報!穴場スポットや混雑状況は?

  栃木県真岡市で行われる定番のお祭りとして、 「真岡市夏祭り大花火大会」というものが行われています。   ここで打ち上げられる花火はなんと20,000発!   全国の中 …

山形花火大会2017の穴場スポットは?チケットで有料席も取れる!

  山形県内でも人気の高い花火大会だと言われている 山形大花火大会は、2017年で38回目を迎える 花火大会となっています。   毎年8月14日に開催されているこちらの花火大会では …

謙信公祭2017に行きたい!日程や時間は?桟敷席はあるの?

  今では女性たちの間でも人気急上昇中となっている戦国時代。   若者達の間でも歴史に興味を持つ人が増えてきており、 特にその女性達のことを「歴女」と呼んでいますよね。 &nbsp …

小江戸川越花火大会2017情報!日程や時間は?駐車場はある?

  埼玉県川越市では、小江戸の町とも言われており、 町全体が蔵作りのものとなっているのが特徴で、 まるで江戸時代にタイムスリップしてきたかのような感覚に なる場所です。   私も学 …

真岡市夏祭り大花火大会2017が開催!日程や時間や交通規制は?

  栃木県の中でも有名な花火大会として、 「真岡市夏祭り大花火大会」というものがあります。   この花火大会が開催される日には、 たくさんの露店や屋台も立ち並んでおり、 本来のお祭 …