トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

神田祭の日程は?2017年も神田明神に出かけよう!

投稿日:

日本三大祭りの一つでもある神田祭。

 

2年に1度しか開催されないこの神田祭の

ファンはとても多いですよね。

 

2017年の日程が発表になりました。

 

今年は5月11日(木)~5月17日(水)まで。

 

今回は、その詳細と、各日の見どころを

お伝えしていきましょう。

スポンサードリンク

鳳輦神輿遷座祭

5月11日(木)19:00~

 

華やかな大名行列に目が行きがちですが、

この初日に行われる「鳳輦神輿遷座祭」が

実は神田祭の一番大事な日ではないか、

と私は個人的に思っています。

 

夜、闇に包まれたころ。雅楽が鳴り響き、

身を清め、白装束を身にまとった

神職が本殿に集まります。

 

そして、三基の鳳輦と神輿に、

御神霊を遷す儀式を行うのです。

 

神田祭の最大の見どころは

この三基の鳳輦と神輿が、街を練り歩くところ。

 

この鳳輦と神輿に御神霊を遷らせ、

行列に加わることに意味があるのです。

 

氏子町会神輿神霊入れ

5月12日(金)夕刻

 

前日に、神田明神の鳳輦と神輿に

御神霊を遷しました。

 

この日は、今度は氏子各町会の

それぞれの神輿に、明神様の御神霊を

遷す行事になります。

 

これで、祭りに参加するすべての神輿に

御神霊が遷ったことになります。

スポンサードリンク

神幸祭

5月13日(土)終日

神田、日本橋、大手・丸の内、秋葉原巡行

 

さて、いよいよ祭も本番。

 

朝8時に発輦祭が行われ、三基の鳳輦と神輿を始め、

山車などの祭礼行列が出発します。

 

戻りは19時。行列の長さは300メートル、

巡行は約30キロ。

 

1日じっくり時間をかけて、行列は進みます。

 

最大のクライマックスは、

神田明神の大鳥居前の参道を

山車や神輿が一気に駆け上がるところ

 

この大迫力は実際に見た人にしか分かりません!

 

すべての山車や神輿が本殿に到着した後、

着輦祭が行われ、神幸祭が終了します。

 

神輿宮入

5月14日(日)終日

 

明神様の宮入参拝をするため、

各町会の神輿がそれぞれ各集合場所から

神田明神を目指します。

 

宮入の時間はそれぞれの町会で決まっていますので、

ホームページを確認してくださいね。

 

この日は1日中、どこかで神輿が動いていますので、

神輿を見損ねる、ということはまずありません

 

宮入を済ませた神輿は

その後、秋葉原の中央通りお祭り広場へ。

 

そこで神輿降りが行われ、一気に祭は最高潮に!

 

明神能(金剛流薪能)

5月15日(月)18:00~

 

神田祭の祭中に、明神に奉納するための能として

平成15年に復活しました。

 

今年の演目は「敦盛」。

人間国宝の野村万作による上演です。

 

詳細はこちらからどうぞ。

 

毎年、大変大人気で

チケットは取りづらくなっていますので、

ご希望の方はお早めに。

 

人間国宝の舞を本当にお手頃な金額で

見ることができるチャンスです!

 

献茶祭(表千家家元奉仕)

5月16日(火)10:00~

 

表千家の家元の奉仕による、

古式ゆかしい献茶式です。

 

濃茶と薄茶の両方が点てられ、

明神に奉納されます

 

明神能と同様、こちらもチケットが必要ですが、

売り切れ必至です。

 

例大祭

5月17日(水)14:00~

 

 

氏子の代表者が参列する中、

神職による祭事が行われ、

巫女による舞や、雅楽なども披露されます。

 

この例大祭をもって、神田祭は終わりを迎えます。

 

とても賑やかな行列とはうって変わって、

最後は静かに、静かに終わっていく祭りなのですね。

 

まとめ

 

神田祭をどこで楽しむか、計画は立てられましたか?

 

にぎやかな祭が好きな方は神幸祭や宮入を。

 

厳かな祭が好きな方は遷座祭りや例大祭を。

 

いろいろな楽しみ方ができる

神田祭に今年もぜひ、お出かけくださいね。

スポンサードリンク

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

つきじ獅子祭とは!?日程やスケジュール2017を徹底紹介!!

つきじ獅子祭ってご存知ですか⁇   こちらのお祭りは築地にある波除神社が 毎年6月に行っております。   1659年に海の上で光っていたご神体をお祀りしたところ それまで荒れていた …

山形花笠祭りの日程や時間は?由来も知りたい!アクセス情報は?

  赤い花飾りをスゲ笠につけて、 花笠音頭を踊りながら練り歩いていくという、 山形県内でも有名な「山形花笠祭り」は、 東北四大祭の1つにも数えられているほど 伝統的なお祭りとなっています。 …

七夕の意味と由来は?七夕の伝説を簡単に説明します!!

7月7日といえば「七夕」 みなさんも一度は短冊に願い事を書いて 笹に飾ったことがあるのでは? 私も幼少期に保育園でやった気がします。   また、七夕の時期になると日本各地で 「七夕まつり」が …

東京都府中市のくらやみ祭りとは?歴史や由来をご紹介!

出典: http://tonbitoyosuke.at.webry.info/200902/article_8.html   東京都の府中市にある大國魂神社で行われているくらやみ祭り。 &n …

ほおずき市の由来や意味って知ってる?気になるほおずきの値段は?

夏の風物詩の一つとして、 「ほおずき市」が頭に浮かぶ人も多いと思います。   私もその中の一人で、ほおずき市の時期になると 「あ、今年も夏がはじまるな~」と感じています♪   みな …