トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

神楽坂まつり2017はデートにおススメ!日程や時間などご紹介

投稿日:

情緒あふれる路地裏や、

数多くの飲食店が軒を連ねる神楽坂

 

そんな神楽坂で今年も

「神楽坂まつり」が開催されます。

 

神楽坂1丁目~6丁目というこじんまりとした

範囲で開催しているにも関わらず毎年5~6万

もの人が訪れるかなり人気のお祭りです。

 

そんな「神楽坂まつり」はデートにもおススメなんです。

 

「神楽坂まつり」4日間にわたって開催されますが

前半と後半で大きく内容が違いそれぞれ楽しめますし

たくさんの魅力に溢れているのです!

 

そこで今回は「神楽坂まつり」日程や時間

また、魅力についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

神楽坂まつり2017年の日程と時間

毎年5~6万人もの人が訪れる

都内でも人気の「神楽坂まつり」ですが

開催日は7月最後の水曜日~土曜日までの

4日間となりますので

2017年の日程は7月26日(水)~7月29日(土)

となります。

 

「神楽坂まつり」は一部と二部に分かれていて

内容については後程詳しくご紹介しますが

 

一部が「ほおずき市」

二部が「阿波踊り大会」

 

となっています。

それぞれ時間については

 

「ほおずき市」 17:30~22:00

となっており様々な屋台が出店されていますが

屋台によってはなくなり次第終了

という場合もありますし

遅い時間になるにつれて人が多くなるようなので

楽しみたい方は早めの時間に行くのがおススメですよ!

 

また、毘沙門天善國寺の境内にある

毘沙門天ステージでは伝統芸能やクイズなどを

楽しむことができます。

 

普段目にすることのない伝統芸能に触れる良い機会ですね!

スポンサードリンク

ほおずき市と阿波踊り4日間の魅力

4日間にわたり開催される「神楽坂まつり」

大きく「ほおずき市」

「阿波踊り大会」に分かれており

 

前半2日間の「ほおずき市」では

毘沙門天善國寺前で「ほおずき鉢」が

販売されています。

 

鮮やかな朱色のほおずきは、

「神楽坂まつり」のシンボルであり

商店街が直接販売するため値段も

一鉢1500円と格安です。

 

ほおずきとは夏の風物詩として有名で

その提灯のような見た目から

 

お盆に、ご先祖様が迷わないよう

誘導する提灯の役割

を果たすとされています。

 

夏をより満喫するためにも

1鉢買ってみてはいかがでしょうか。

 

また、ほおずきに負けないくらいに人気なのが

門前屋台コーナー。

 

神楽坂エリアには飲食店の出張販売屋台

約200点以上並んでいます。

 

ミシュランガイドで星を獲得したお店が10店舗もある

美食の街、神楽坂ならではのハイレベルな屋台も

「神楽坂まつり」を楽しむ醍醐味と言えるでしょう!

 

さらに、「神楽坂まつり」では

浴衣を着たコンシェルジュが

神楽坂の路地や見所を案内してくれるツアーもあり

浴衣で参加すると無料で記念写真が貰えるんです!

 

浴衣を着たいけど着付けが苦手・・・

という方は着付けサービスも行っており

 

貸し出しは一切なく全て持ち込みですが

二人で浴衣を着て祭りを楽しむのは

ドキドキでより楽しめますね!

 

そして後半の2日間は「阿波踊り大会」

息の合った20を超える連が練り歩く姿を一目見ようと

多くの見物客が訪れます。

 

‐‐動画引用:SUPERGENKI JAPAN

 

動画は2016年の物です。

非常に活気に溢れていますね!

 

「阿波踊り大会」開始は19時ですが

18時から子供の阿波踊り大会が開催され

神楽坂下から赤城神社前までの距離を

地元の子供たちが一生懸命踊ります。

 

元気いっぱいに踊る姿に癒されること間違いなしです!

 

19時からは神楽坂下と赤城神社前の2点から

スタートし神楽坂上を目指します。

 

鳴り物のリズミカルな音とキレのある踊りは

見事であり、見ていてとても楽しいですよ!

 

まとめ

 

「神楽坂まつり」2017年の日程は

  • 「ほおずき市」

日付 2017年7月26日~27日

時間 17:30~22:00

  • 「阿波踊り」

日付 2017年7月26日~27日

時間 19:00~21:00

開催会場 新宿区神楽坂1丁目~6丁目

主催 神楽坂通り商店会

となっています。

 

都内でも人気の高い「神楽坂まつり」

4日間どの日に行っても楽しめますので

恋人と行ってみてください。

 

浴衣で行くと、普段見ない姿に

お互いドキドキでより一層楽しめますよ!

スポンサードリンク

-お祭り
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神田祭の歴史を考えてみよう!時代とともに変化する祭を堪能すべし!

  京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に 「日本の三大祭」の一つにも数えられている 東京の神田祭。   豪華絢爛な大名行列と、にぎやかな曳物行列、 そして能や舞など、 日本の伝統芸能も …

くらやみ祭りは2017年も開催!日程や時間や見どころをご紹介!

東京都の府中市にある大國魂神社で開催される 「くらやみ祭り」。   神社のお祭りというと日中に行われるイメージがあるかも しれませんが、こちらのお祭りは「くらやみ」という名前が 付いている通 …

七夕の意味と由来は?七夕の伝説を簡単に説明します!!

7月7日といえば「七夕」 みなさんも一度は短冊に願い事を書いて 笹に飾ったことがあるのでは? 私も幼少期に保育園でやった気がします。   また、七夕の時期になると日本各地で 「七夕まつり」が …

京都五山送り火2017を見たい!場所や日程は?駐車場はあるの?

  京都に行ったら一度は見てみたいと言われているのが、 お盆の時期に行われる「五山送り火」です。   その歴史はとても長く、多くの人たちに親しまれながらも行われ、 毎年五山送り火が …

幼稚園の夏祭りがやってくる♪景品を手作りしてみんなを喜ばせよう!!

  いつもお世話になっている幼稚園や保育園。   子ども達も毎日楽しく過ごしている事でしょう♪   夏休みに入ると、大きな行事として 「夏祭り」や「夕涼み会」を行う園もあ …