トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

お祭り

ほおずき市の由来や意味って知ってる?気になるほおずきの値段は?

投稿日:

夏の風物詩の一つとして、

ほおずき市」が頭に浮かぶ人も多いと思います。

 

私もその中の一人で、ほおずき市の時期になると

あ、今年も夏がはじまるな~」と感じています♪

 

みなさんはほおずき市と聞くと有名な「浅草ほおずき市」を

思い浮かべる人が多いかもしれませんが、

ほおずき市は元来「下町の夏の風物詩」と

言われるお祭りであって浅草意外の場所でも

開かれているんですよ♪

 

毎年ほおずき市を楽しんでいる方も多いと思いますが、

ほおずき市にはきちんと由来があるんです!!

 

きっと、

由来を知れば今後のほおずき市は

今まで以上に楽しめるはず♪♪

 

そして、初めての方も安心してお出掛け出来る様に、

ほおずきの気になるお値段もお伝えしていきます!

スポンサードリンク

ほおずき市の由来や意味は??

 

 

毎年夏の訪れを告げるほおずき市

実は、ほおずき市のきちんとした由来や意味があるんです♪

ほおずき市は、観音信仰と深い関係があります。

 

古来より、観音様とご縁がある日(縁日)は、

毎月18日とされており、

この日に参拝すると大きな高徳がある

と受け継がれてきました。

 

さらに室町時代以降には、

欲日(功徳日)という新たな縁日が設けられました

 

この日に参拝をすると、

1回で100日分の参拝に相当するご利益

(功徳)があるとされてきました。

 

その中でも、7月10日の功徳日は

1000日分のご利益が得らえる日とされていました。

 

それが江戸時代時なると、

46000日分のご利益があるという事になり、

この日のお参りが盛んになるようになりました。

 

ちなみに、ほおずき市が9日から始まる理由は、

10日の功徳日に誰よりも早く参拝したい!!

という人が、前日の9日から沢山訪れる様になったため、

9日から開かれるようになったんです。

 

話は戻りまして、

7月10日には46000日分のご利益があるので、

この日の参拝が「四万六千日(しまんろくせんにち)」と

呼ばれています。

 

厳密に言うと、ほおずき市の事を「四万六千日」と

呼んでいるわけではなく、

元々はほおずき市は「四万六千日」のおまけだったんです。

 

それが今では、ほおずき市の名前の方が

有名になったというわけです。

 

ちなみに、

浅草のほおずき市が有名になったのはどうしてなのか?

 

それは、源頼朝が奥州討伐の帰りに浅草で軍政を休ませ、

日射病で倒れてしまった兵士達に、

ほおずきの赤い実を食べさせて元気付けたから、

という言い伝えが残っているからなんですよ。

スポンサードリンク

気になるほおずきのお値段とは!?

ほおずき市は、見て回るだけでも楽しめますが

自分の気に入ったほおずきを購入して

自宅へ持って帰る方も多くいらっしゃいます

 

初めて行かれる方は、

ほおずきのお値段も気になるところですよね。

 

ほおずきは、主に

・鉢植え ・枝ほおずき の2種類があります。

鉢植えでしたら、2500円前後

枝ほおずきでしたら、1000円前後程度で購入出来ます。

 

また、竹ひごにほおずきが一つ付いた

ひごほおずきは50円程度

ほおずきの実を袋に詰めたものは500円程度で購入出来ますが、

この2点は鑑賞用になります。

 

また、ほおずき市では値切り交渉も可能になっています。

 

時間帯によっては、

なんと半額ぐらいまで値下げをしてくれる場合もあります!!

 

値切り交渉を行う場合は、

限度を考えて行って下さいね♪

 

最終日の夜には、

値下げをして販売しているお店も出てきますので、

そちらを狙って安く購入する事も出来ますよ。

 

まとめ

 

7月10日の功徳日には、

46000日分のご利益がある事から

この日のお参りが盛んになりました。

 

10日の功徳日に誰よりも早く参拝したい、

という人が多く、前日の9日からほおずき市が

開かれるようになったんです。

 

・もともと、ほおずき市は「四万六千日」の

名前のおまけとしてつけられた名前でしたが、

今ではほおずき市の名前が有名に。

 

・ほおずき市でのほおずきの値段は、

鉢植えなら2500円前後

枝ほおずきなら1000円前後で購入可能です。

 

・鑑賞用になりますが、ひごほおずきは50円前後

袋にほおずきの実を詰めた物は500円前後で購入出来ます。

 

・値下げ交渉も可能なので、

常識範囲内で楽しむのもアリですよ♪

 

1年にたった2日しかないほおずき市。

ほおずき市の由来を知ると、知らなかった事が沢山発見できて

楽しいですよね。

 

きっと、由来を知ってほおずき市にいくと、

見え方や感じ方も違ってくるはずです。

 

色々な夏の風物詩はありますが、歴史あるほおずき市で

夏の訪れを感じてみるもの良いですよね♪

スポンサードリンク

-お祭り
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葛飾菖蒲まつり2017!!水元公園の開花状況は!?  

毎年、梅雨の嫌な時期でも楽しい気持ちにさせてくれる 葛飾菖蒲まつりが今年もやってきますよ!! みなさん、花菖蒲の見頃時期や2会場について 予習しておきたくないですか?   ここで、少しおさら …

熊谷うちわ祭り開催♪2017年の日程や時間はいつ?見どころは?

みなさん、今年も夏がやってきますね♪ 今から夏の計画をたてている人も 多いんではないでしょうか?   夏は色々なイベントがあって楽しいですよね。 日本全国、その土地を生かしたお祭りが あって …

くらやみ祭りは2017年も開催!日程や時間や見どころをご紹介!

東京都の府中市にある大國魂神社で開催される 「くらやみ祭り」。   神社のお祭りというと日中に行われるイメージがあるかも しれませんが、こちらのお祭りは「くらやみ」という名前が 付いている通 …

博多どんたく2017年の日程は?見どころもご紹介!

  ゴールデンウィークの予定はお決まりですか? 福岡県福岡市では「博多どんたく」が毎年5月に開催されます。   毎年、動員数が200万人を超える 国内最大級の祭りです。   福岡市 …

山形花笠祭りの日程や時間は?由来も知りたい!アクセス情報は?

  赤い花飾りをスゲ笠につけて、 花笠音頭を踊りながら練り歩いていくという、 山形県内でも有名な「山形花笠祭り」は、 東北四大祭の1つにも数えられているほど 伝統的なお祭りとなっています。 …