トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

健康情報(色々)

ブルーライトの影響の根拠は何?肌や睡眠へ影響はある?対策法は?

投稿日:


仕事や家事、学校が終わってあとは寝るだけ…。

 

でも、ネットで欲しい物を注文したかったり、

SNSで今日の出来事を書いたり、友達の投稿を見たりと

携帯やパソコンを見る時間も息抜きになるから大切ですよね。

 

私も、寝る前には必ずといって良いほど携帯をチェックして、

一通り目を通したら寝るようなリズムになっています。

 

ですが、若いころは全然眠れていたのに、

最近なぜか寝つきが悪くなったんです…。

 

どうしてかな~…??

と考えていたとき、ふと気が付いたのが寝る前のスマホ時間

 

みんな、よくブルーライト、ブルーライトって言うけど、

まさにこのことだ!!と思いました。

 

ブルーライトって、きっと皆さんも耳にしたことがあると思います。

 

このブルーライトが、私たちに色々な影響を与えているんですよ。

 

今回は、そのブルーライトについて、

ブルーライトによる影響の根拠は何なのかや、

肌や睡眠にはどんな影響があるのか、また、

対策法はあるのかをお伝えしていきますね

 

スポンサードリンク

ブルーライトが肌や睡眠に影響を与える??


きっと、みなさんもブルーライトは肌に悪いんだよ!!とか、

睡眠不足になるから気を付けた方がいいよ!!とか

聞いたことがあると思います。

 

そもそも、まずブルーライトってどこから出ているのでしょうか。

 

ブルーライトは、青色の光を放っているものは必ずあてはまります。

 

ですが、それだけではないんですよ!!

 

見た目が青くないからって侮ってはいけません

 

白い光に見えていても、青い光は成分として混じっているんです。

 

なので、お部屋の白い蛍光灯やLED、車のライトやテレビもそうですし、

携帯にも含まれています。

 

意外と色々なものに含まれていたんですね。

 

さて、話を戻しますが、ブルーライトが肌や睡眠に影響を与えるというのは

本当なんです。

 

ブルーライトは、目に見える光の中で一番エネルギーが強いので、

私たちにいろいろな影響を与えます。

 

最も大きいのは、目への影響。

 

ブルーライトは、目の角膜や水晶体を通り越して、

直接網膜に届きます

 

特に、網膜の中心にある黄斑がダメージを受けてしまうと、

加齢黄斑変性を起こしてしまうんです。

 

加齢黄斑変性は、進行すると失明してしまう病気で、

最近は日本でも急速に患者さんが増えているとのこと。

 

また、ブルーライトは散乱しやすいものなので、

眩しさやちらつきを感じたり、ピントを合わせにくい光です。

 

ブルーライトを見ると、私たちは無意識のうちに目を酷使して

疲れ目と呼ばれている眼精疲労や、目の痛み

起こしやすくなってしまいます。

 

目には直接的影響がありますが、

肌へは直接的影響ではなく、間接的影響が…。

 

ブルーライトは、体内時計を狂わせてもしまうんです。

 

これは、睡眠に関わりの深いメラトニンというホルモンの分泌が

低下するためと言われています。

 

体内時計が狂ってしまうと、自律神経の働きが乱れてしまいますよね。

 

そのことによって、睡眠の質が低下してしまったり、

精神状態が不安定になったり、病気にかかってしまったりすると

言われています。

 

ブルーライトによって、精神的なストレスを抱え込んでしまう

ということですね。

 

ストレスが体に負担となってしまい、

次に血行や代謝が悪くなっていってしまいます。

 

代謝が悪くなると、美容に悪の影響が忍び寄ってくるんです

 

これは、肌のターンオーバーが乱れてしまい、

肌のキメが粗くなってしまうから。

 

肌の機能もきちんと働かず、敏感肌になったりもします。

 

すると、外的刺激に負けやすくなってしまい、

かゆみ炎症が起きることも。

 

肌の状態が悪くなってくると、

当然しわやくすみなどが増えやすくなってきます。

 

肌のバリア機能が低下してしまうので、

肌老化が進みやすくなるんですね。

スポンサードリンク

対策法はある??

仕事だったり、友達との交流だったりで

睡眠や肌に影響が出てしまうのは分かっても、

ブルーライトから避ける生活は出来ないですよね。

 

でも、対策をしておけば少しは

目や肌への負担も減らすことが出来ます!!

 

そう、ブルーライトの対策法はちゃんとあるんです♪

 

5つの対策法を、今からお伝えしていきますね。

 

1、ディスプレイの明るさを下げる

 

まず1つ目は、ディスプレイの明るさを下げることです。

 

これは単純に、光の影響を少なくするため。

 

明るさ全体を下げることで、光そのものを抑えることが出来るので

かなり効果的ですよ。

 

見にくく感じない程度まで暗くするのがおススメ♪

 

2、青色光の輝度を下げる

 

二つ目は、青色光の輝度を下げることです。

 

青色光のみの輝度を下げるという方法も効果的。

 

この場合は、赤と緑の発行が青より大きくなるため

画面が少し赤みがかります

 

ですが、慣れれば全然問題はないですよ。

 

3、ブルーライト対策眼鏡を使用する

 

3つ目は、ブルーライト対策眼鏡を使用することです。

 

これは、JINSなどが販売しているパソコン用の眼鏡になります。

 

パソコンでもスマホでもどちらにも使えて、

ブルーライトの対策法としては代表的な道具と言ってもいいほど。

 

4、ブルーライト軽減アプリを使用する

 

4つ目は、ブルーライト軽減アプリを使用することです。

 

なんと、便利なことに

ブルーライトを自動調整して軽減してくれるアプリがあるんです。

 

時間帯や周りの明るさで調整をしてくれるものが多く

手動で対策するのが面倒な人はぜひ使ってみてください!!

 

5、ブルーライト対策の液晶フィルムを使用する

 

そして最後の5つ目は、ブルーライト対策の液晶フィルムを

使用することです。

 

眼鏡を使用するのではなく、

画面そのものにフィルムを貼って対策をするという方法です。

 

パソコンでもスマホでも専用のフィルムが発売されています。

 

これだと、明るさを調整する必要もなくなるし、

眼鏡をかける必要もないので便利ですよね♪

 

 

まとめ

 

ブルーライトは私たちに色々な影響を与えていました。

 

睡眠の質が低下してしまったり、肌の老化が進んでしまったり、

精神的にストレスがたまってしまって辛くなりますよね

 

でも、ブルーライトから避ける生活なんて出来ないだろうし、

パソコンやスマホから得る情報だってあるだろうから

手放すことも難しい…。

 

うまく自分に合った対策法をしながら、

ブルーライトと付き合っていくしかないですね。

スポンサードリンク

-健康情報(色々)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

静電気体質はスピリチュアル的要素が原因? 体質改善法をご紹介!

  冬の時期、ドアノブに手をかけた途端 「バチッ!」とくる静電気。   冬に発生する厄介な現象ですね。   ドアノブに限らず人と触れ合った瞬間にも発生し 何を触るにも慎重 …

夏バテの時の食事はどうする?どんな対策をすれば良いの?

暑い夏になると私たちの体には様々な症状が表れてきます。   特に辛いなと感じるのは「夏バテ」ではないでしょうか?   私も毎年夏を迎えるたびに体調不良になってしまって、 何をする気 …

梅雨の時期のだるい、眠いには理由があった!?その原因を徹底紹介!!

梅雨の時期ってどうしても憂うつな気分になりがちですよね。   そんな梅雨の時期にだるさや眠気を感じる人は たくさんいるようです。   梅雨の時期は雨が降り続いたり曇りの日が多いので …

ブルーライトの影響は子どもの目にまで?どんな対策法があるの?

最近、子どもたちがお母さんやお父さんのスマホをいじっている姿、 よく見かけると思いませんか?   私の以前勤めていた職場でも、そのような子どもがいました。   動画サイトを見たり、 …

日中は眠いのに夜は眠くない原因は?乱れた睡眠を正す対策とは!?

  「日中は眠いのに夜は寝床に入っても眠くない。」 「ちょっとした物音でも気になって眠れず起きてしまう。」   そんな人いませんか?   早めに布団に入っても、眠ることが …