トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

健康情報(色々)

ブルーライトの影響は子どもの目にまで?どんな対策法があるの?

投稿日:


最近、子どもたちがお母さんやお父さんのスマホをいじっている姿

よく見かけると思いませんか?

 

私の以前勤めていた職場でも、そのような子どもがいました。

 

動画サイトを見たり、ゲームをしたり

本当に自分のスマホのように使いこなしていて

「最近の子どもってこういう風に家でも遊んでるのかなー」

と思った記憶があります。

 

べつに、私はそれがダメって言ってるわけではないんですよ!!

 

きっと、見せる理由があると思うんです。

 

晩御飯の準備をしている間のぐずり対策とか勉強のご褒美とか…。

 

家庭によって色々だとは思いますが、

やはり時間を決めてパソコンやスマホを触らせたい

というのはありますよね。

 

どうしてかというと、大人だけではなく

子どもにもブルーライトの影響はあるからなんです。

 

大人でも注意しておきたいブルーライト。

 

子どもには一体どのような影響があるんでしょうか

 

今回は、ブルーライトによる子どもへの影響はどのようなものなのか、

また、対策法はどんなものがあるのかについてお伝えしていきますね。

 

スポンサードリンク

ブルーライトは子どもの目に影響するの??

 

私たち大人にも影響を与えているブルーライト。

 

子どもたちへも、もちろん影響は与えているんです。

 

子どもって、テレビやゲームが大好きですよね。

 

パソコンやスマホからはもちろん、

テレビやゲームからもブルーライトを浴びているんです。

 

子どもは大人よりも、目への刺激を受けやすくなっているので

光も通しやすく、ブルーライトの影響も受けやすいと言われています。

 

パソコンを見ていて、目がショボショボしてきたり

ピントが合わせづらくなったりしたこと、ありませんか??

 

これは、間違いなくブルーライトの影響

 

目が一生懸命ピントを合わせようとしたり

頑張って働こうとしたりすることで

目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れてしまい、

眼精疲労につながります。

 

そして、眼精疲労の状態は視力低下の原因となってしまい、

ブルーライトの刺激を受けすぎることは

大人以上に子どもの視力に大きく影響すると言われているんです。

 

また、夜にゲームをしたりテレビを見たりすることもあると思います。

 

ですが、強い照明を浴びることで、ブルーライトの刺激を受けてしまい

夜なのに朝目覚めたときのようにメラトニンの分泌が抑制されて、

脳が活動状態になってしまうんです。

 

また、体内時計自律神経が乱れ、

なかなか寝付けなくなってしまったり眠りが浅くなったりという

睡眠障害になってしまう可能性も出てくるんだそう。

 

スポンサードリンク

ブルーライトから子どもの目を守る対策法は??

 

大人と同様で、やはりブルーライトから避ける生活は難しいですよね。

 

ルーライトの悪影響から子どもを守る対策方法を5つ

お伝えしていきますので、

ぜひ皆さんのお子様にも試してみてください。

 

1、時間を決める

 

まず一つ目は、時間を決めることです。

 

ゲームをするときやテレビを見るときは、

1回に30分や1時間などの時間を決めるようにしましょう。

 

特にテレビはだらだらとつけっぱなしにしてしまいますよね。

 

好きな番組が終わったら切ったり、食事中は消したりと

工夫をしながら時間を調整してみてください。

 

また、就寝時間2時間前ゲームやテレビを控えた方が良い

と言われていますので、

子どもの生活リズムを考えながら時間を決めてあげてくださいね。

 

2、距離をはなす

 

2つ目は、距離を離して見ることです。

 

テレビを見るときの環境は、

子どもの睡眠や目、脳を守るためにとっても重要なことなんです。

 

テレビやゲームをするときには一定の距離をとるように

心がけましょう。

 

また、スマホでゲームをするときに

猫背で下を向いた状態を長時間続けていると、

子どもでも腰痛肩こりなどが増えているとも言われています。

 

姿勢にも注意が必要ですね。

 

3、ブルーライトをカットする眼鏡やフィルムを使う

 

3つ目は、ブルーライトをカットする眼鏡やフィルムを使うことです。

 

この眼鏡やフィルムを使用するだけで、

ブルーライトが目に与える影響軽減させることが出来ます。

 

パソコンの場合は、モニター画面の明るさを変えることで

ブルーライトを減らすことが出来ますので、

ぜひこちらも試してみてください。

 

4、目に良いものを食べる

 

4つ目は、目に良いものを食べることです。

 

目に良いものを食べることで、

ブルーライトからの強い刺激によるダメージを軽減させることが出来ます。

 

どのようなものが良いかというと、BカロテンやビタミンA、

ルテインやゼアキサンチン、アスタキサンチン、

ポリフェノール、メラトニンが入っている食材。

 

ですが、毎回これらすべてを食卓に出すのは難しいと思うので

どれか一つだけでも使えるように心がけて

食事の準備をすると良いと思います。

 

5、規則正しい生活を送る

 

そして最後の5つ目は、規則正しい生活を送ることです。

 

もし、テレビやゲームで夜更かしをしてしまっても、

朝は同じ時間に起きるようにし、

規則正しい生活を送れるようにしましょう。

 

なかなか起きられないときには、

太陽の光を浴びたり室内照明を点灯させたりすることで

体内時計がリセットされ、夜になると自然に眠たくなり

早く寝ることが出来ますよ。

 

 

まとめ

 

ブルーライトは、年齢関係なく影響を与えているんですね。

 

パソコンやスマホだけでなく、

子どもの好きなテレビやゲームからもブルーライトが出ているので

避けようがないと思います。

 

全てを禁止になんて出来ないし…。

 

大人もそうですが、ぜひ皆さんのお子様にも

ブルーライト対策を行ってあげてくださいね♪

 

また、お子様にもブルーライトの影響について

お話をしてみるのも良いと思いますよ。

 

大人だけでなく、子ども自身も自分で気が付いて

テレビの時間を短くしたりするかもしれません。

 

家族全員で理解をしながら、ブルーライトと

付き合っていけると良いですね。

スポンサードリンク

-健康情報(色々)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

きゅうりのレシピはこれに決まり!人気で簡単、おいしくヘルシーに!

夏の暑い時期にどうしても食べたくなる夏野菜の代表、 きゅうり。   青くてみずみずしいきゅうりをよ~く冷やして、 パリッと食べる瞬間が、何ともいえず幸せですよね。   でも、きゅう …

夏バテの時の食事はどうする?どんな対策をすれば良いの?

暑い夏になると私たちの体には様々な症状が表れてきます。   特に辛いなと感じるのは「夏バテ」ではないでしょうか?   私も毎年夏を迎えるたびに体調不良になってしまって、 何をする気 …

梅雨の時期のだるい、眠いには理由があった!?その原因を徹底紹介!!

梅雨の時期ってどうしても憂うつな気分になりがちですよね。   そんな梅雨の時期にだるさや眠気を感じる人は たくさんいるようです。   梅雨の時期は雨が降り続いたり曇りの日が多いので …

日中は眠いのに夜は眠くない原因は?乱れた睡眠を正す対策とは!?

  「日中は眠いのに夜は寝床に入っても眠くない。」 「ちょっとした物音でも気になって眠れず起きてしまう。」   そんな人いませんか?   早めに布団に入っても、眠ることが …

静電気体質はスピリチュアル的要素が原因? 体質改善法をご紹介!

  冬の時期、ドアノブに手をかけた途端 「バチッ!」とくる静電気。   冬に発生する厄介な現象ですね。   ドアノブに限らず人と触れ合った瞬間にも発生し 何を触るにも慎重 …