トレンドライフ

日々の生活について役に立つ情報をお伝えしています!!

マナー

お中元を贈る時期は関東と関西で違う?何を贈れば良いの?

投稿日:2017年2月1日 更新日:

 

お世話になっている方に贈るものといえばお中元!

 

百貨店や近所のデパートでお中元の取り扱いが始まると、

「もうそんな時期かぁ」といつも思います。

 

ですが、改めて考えるとお中元っていつ贈れば良いのか、

どんなものを贈ってあげたら良いのかわからなくなりませんか?

 

また、気が付いたらお中元の時期になっていて、

慌てて準備するという方も多いと思いますが、

実は関東と関西でお中元を贈る時期が異なっているのをご存知でしたか?

 

そこで今回は関東と関西でお中元を贈る時期はいつなのか、

そして具体的にどういうものを贈れば良いのかなどを

たっぷりご紹介いたします!

スポンサードリンク

お中元を贈る時期はいつ?

 

では実際に関東と関西のお中元の時期はどう違うのでしょうか?

 

一般的には関東でのお中元を贈る時期というのは、

6月下旬〜7月15日までだとされています。

 

一方で関西でのお中元を贈る時期というのは、

7月上旬〜8月15日までだとされています。

 

つまり関東と関西では1ヶ月の違いがあるんですね!

 

何故同じ日本なのに関東と関西で贈る時期が違うのかというと、

関西では旧盆の習慣があるため、月遅れが生じることから

お中元の時期も月遅れになるからだと言われています。

 

しかし私の友達は関西出身で、今でも交流がありますが、

お中元はちゃんと7月15日までに届くようにしてくれています。

 

一方で以前働いていた東京の職場の後輩からは、

7月15日を過ぎてからお中元が届いたこともありました。

 

ひょっとしたら今では関東と関西での違いもなくなりつつあって、

どの時期にも関係なく6月上旬〜8月15日までに贈るというのが

一般的となっているのかもしれませんね!

 

しかし、やはりご年配の方やしきたりに厳しい方からすると、

ちゃんと期限を守るのが当たり前!と思っている方もいるので、

関東と関西でのお中元に重なる日付(7月5日〜7月10日)ぐらい

一番無難な日付となります。

スポンサードリンク

お中元は誰に贈れば良いのか?

 

では次に誰にお中元を贈れば

良いのかということについてお答えいたします。

 

基本的には日頃お世話になっている人に対して、

感謝の気持ちを伝えるために贈るものと言われています。

 

お中元を贈る相手については、

両親や親戚、勤務先の上司や先輩、恩師といった目上の方に贈るのが

一般的となっています。

 

もし遠い親戚の方に贈る場合は親族間でも話し合うことがあると思うので、

親としっかり相談したうえで贈るようにした方が無難です。

 

また職場の上司に贈る場合も、会社の中で決まりがあることもあるので、

そういった点もしっかり確認しておきましょう。

 

さらに仲良しな友達同士でも最近は贈り合うこともあります。

 

私も未だに友達に贈ったりもらったりすることもあり、

こういった付き合いがあるのも風情があって良いなと思っています。

 

なかなか感謝の気持ちを伝える機会がないからこそ、

こういったお中元でしっかり気持ちを伝えていきましょう。

 

お中元では何を贈れば良いのか?

 

では最後にお中元で何を贈れば良いのかをご紹介いたします。

 

この時期は非常に暑い季節となっているので、

ビールや清涼飲料水といったスッキリとしたものであったり、

そうめんやうどんといった夏ならではの商品も人気です。

 

さらに定番としてはメロンなどのフルーツも人気ですが、

こういった冷凍食品や生物を贈る場合には1つ注意点があります。

 

こういったものを贈る場合は事前に送り状を相手に送る必要があります。

 

これは相手側がもし冷蔵庫を使えない状況だった場合、

保存方法に困ってしまう可能性があるからです。

 

他にも定番なものとしては商品券といった金券が挙げられますが、

こういったものを目上の方に贈るというのは失礼だと言われていました。

 

しかし最近になってからは定番のものとなってきているので、

贈っても問題ないと思う方も増えてきているようですが、

やはり中にはこういったものを贈るのは失礼だと考えている人もいるので、

よほどのことがない限りは商品券を贈るのは控えた方が良いでしょう。

 

また他にも贈ってはいけないものとして以下のものがあります。

 

◯下着・靴下類

→昔は貧しい人に恵んであげるものとされていたのでNG

 

◯刃物系やハンカチ

→縁を切るという意味合いがあるのでお中元ではNG

 

◯靴などの履物系

→相手を踏みつけるという意味があるのでNG

 

というように実は意外と知られていないNGのものもあるので、

相手にお中元を贈る際には十分に注意しておきましょう。

 

【こちらの関連記事もぜひ!!】

お中元の時期やマナーを知っておこう!相手に失礼のない贈り方とは?

暑中見舞い、残暑見舞いの時期!!マナーなども徹底紹介!!

お中元ギフトを送る時期は?いつからいつまでか、紹介します!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

お中元というのは日頃の感謝を伝えるのに最適なもので、

日本では昔から贈られてきた伝統のあるものです。

 

色々とわからないことが多いものですが、

相手に感謝の気持ちを伝えるためにも

ぜひ贈ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-マナー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暑中見舞いの文例、ビジネスはどんなもの??気になる内容を徹底紹介!!

暑中見舞いって聞いたことはあるけど 送ったことのある人ってあまり多くない気がします。   実は約8割の人がその出し方を知らなかったり 出す予定がなかったりするようなのです!   そ …

暑中見舞いと残暑見舞いの時期の違いは?2017年はいつ?

日本では四季を通して様々な挨拶状を送る風習があります。   普段なかなか会えない人でも、 この挨拶状のやりとりで近況報告ができるのも魅力的ですよね。   私も遠方に住んでいる祖母から毎年様々 …

暑中見舞いの参考になる例文紹介!会社の上司や目上の人に送る時は?

みなさん「暑中見舞い」は書いてますか? 「暑中見舞い」は一年で一番暑い時期に 相手の健康を気遣い 近況報告などをするために書くものです。   時期がもう少し後であれば「残暑見舞い」というのも …

夏のお中元!会社や取引先にピッタリな贈り物ランキング2017年版

  夏のご挨拶「お中元」 日ごろお世話になっている方への贈り物。   それはビジネスシーンにおいても、 お世話になっている会社または取引先へ贈るかと思いますが、 その時いったい何を …

暑中お見舞いの例文を紹介!!お客様向けにはこう書こう!!

  1年の最も暑い時期に相手の健康を気遣い送る 「暑中お見舞い」   最近では社交辞令として 取引先のお客様に送る場合が多いですね。   ビジネスシーンでは 当たり前のよ …